修学院離宮へ

修 学 院 離 宮


梅雨空で今にも雨が落ちてきそうなジメジメした日、修学院離宮へ行ってきしまた。

修学院離宮は下離宮・中離宮・上離宮にわかれており、全行程3㎞参観時間は1時間30分起伏にとんだコースとなっています。


今回の参観が3回目ですが、最初7年前の夏に行きました。何も知らなかったんで飲み物も用意してなかったため、上離宮に着いた頃は軽い熱中症にかかってしまいしまた。下離宮や中離宮・上離宮に移動しますが、遮るものがない道を歩くわけで途中で自販機もありません。 夏に行かれる方は日傘や帽子・飲み水は必須です。参考までに。


下 離 宮

画像
画像
画像
上、御幸門  中、寿月観前庭  下、寿月観

後水尾上皇が好んだ紅葉や梅雨時の躑躅やサツキの花が美しい。


中 離 宮

画像
画像
画像
上、中門(中離宮入り口)  中、客殿前庭  下、客殿の霞棚(天下の三名棚と称される)

下離宮から中離宮へは、水田の細道を通ります。 今日は悪天候のため比叡山山頂は見えませんでしたが、すごく近くに比叡山が見えます。


上 離 宮

画像
上離宮御成門(ここから上離宮に入ります)

画像
画像
上、隣雲亭(上離宮の最高所に建つ、ここからの眺望は素晴らしい) 下、一二三石(賀茂石を用いた美しい小石)

画像
画像
隣雲亭からの眺望(修学院離宮参観のハイライト、素晴らしい風景が広がっています)

再び水田の中を通って最初の休憩所まで戻ります。(荷物をロッカーに預けてなかったら戻る必要はありません)

画像
参詣者休憩所、最後にここまで戻ってきました。ここの横に自販機があります。街中より10円安いので、夏に行かれる方はここで買われたほうがいいかと思います。

桂離宮や仙洞御所は約1㎞ですが、ここは起伏がありまた3㎞もありますので、見所もその分多いです。すべて紹介しきれませんので、今回もアルバムにして見ました。トップページ右下にありますので、良かった見て下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 名残の桜は 修学院離宮【下離宮編】へ

    Excerpt: 今年の1月1日の元旦に、桜狙いで予約した修学院離宮に4月9日(木)に行ってきました。最初に予約した(抽選に当たった日)は別の日だったんですが宮内庁の都合で変更になりました。しかし、最初に予約した日は朝.. Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2015-04-21 03:03