古寺とお城の旅日記U

アクセスカウンタ

zoom RSS 八坂神社へ

<<   作成日時 : 2011/08/22 20:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

去る、8月14日(日)大谷祖廟へ墓参りに行く途中、八坂神社を行き帰りに通りました。 四条通りの東の突き当たりにありる、朱塗りの楼門が目立つ、京都でも有名な神社の一つだと思います。


西 楼 門

画像
この楼門の下、祇園石段下は待ち合わせ場所と知られ、この西楼門は雑誌などでよく見られますし、ドラマにも良く登場します。


手 水 舎

画像
鳥居をくぐってすぐのところにあり、拝礼の前に手を洗い口をすすいで身を清める場所のことです。

そして、すぐのところに祇園祭りの「厄除けちまき」の由来を調べてわかった、蘇民将来命(そみんしょうらいのみこと)を祀っている、疫神社を見つけました。

疫 神 社

画像
祭神は、蘇民将来。祇園祭りの「厄除けちまき」の由来となっています。

その模様は、こちらから→http://30047809.at.webry.info/201107/article_8.html


御 本 殿(重要文化財)

画像
朝早かったので、宮司さんらが清掃されてました。それでも参拝者は多数、さすがに京都で有名な神社です。

八坂神社から円山公園に向かう途中に、祇園祭りの主役・山鉾を保管する祇園祭山鉾観があります。


祇園祭山鉾館

画像
画像
1968年(昭和43)11月建立。円山公園にある祇園祭山鉾館。祇園祭で使われる山鉾を保管できない町が、京都市の祇園祭山鉾館で保管しています。

現在、10基の山鉾を収蔵(木族山・芦刈山・泊牙山・郭巨山・油天神山・太子山・浄妙山・黒主山・孟宗山・岩戸山)

今年の祇園祭りで、岩戸山には登りましたかし、芦刈山には行きました。

八坂神社から円山公園→大谷祖廟→高台寺界隈→安養寺から再び八坂神社に戻ってきて、授与所が開いていたので、神社の朱印帳を買い、朱印してもらいました。こらからは神社の朱印も集めようかなぁと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
八坂神社はある意味有名すぎる神社ですよね。
とは言っても、そんなしっかり見ているわけではない。
だからこんなふうにあらためて紹介してもらえると助かります。朝の神社の境内の雰囲気もいいものですよね。
ミクミティ
2011/08/24 22:04
厄を払うというのは、年中行事の
大事な本質的部分なんでしょうね。
神社は、境内の末社が面白いと言われますが、
疫神社の存在に、想像をかきたてられます。
yasuhiko
2011/08/25 16:36
ミクミティさんへ、いつもコメントありがとうごいます。
八坂神社は、京都を紹介する番組では必ず出てくるほど有名で、朱塗りの楼門は、誰でも一度は目にされていかと思います。
まーぴか
2011/08/25 20:25
yasuhikoさんへ、いつもコメントありがとうごいます。
祇園祭りの「厄除けちまき」を調べて、疫神社を知りましたが、八坂神社のどこだったか、分からなかったので、円山公園に行く前に探してみました。が、探すほどでもなかったです。楼門くぐってすぐにありましたから。

まーぴか
2011/08/25 20:29
八坂神社はある意味有名な神社ですよね。
とは言ってもそんなしっかり見ているわけでも
ない。
だからこんなふうにあらためて紹介してもらえると
助かります。朝の神社の境内の雰囲気もいいもの
ですよね。
ミルミル
2011/08/31 12:14
ミルミルさんへ、コメントありがとうごいます。
京都で代表的な観光スポットの一つですね。テレビドラマでもよく出てきます。いつも大変な人で賑わう祇園石段下ですが、早朝のため空いてました。
まーぴか
2011/08/31 21:14
八坂神社へ 古寺とお城の旅日記U/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる