大覚寺大沢池の紅葉へ

大覚寺で嵯峨菊を見たあと、今度は紅葉を見に、大沢池(庭池)へ向かいました。 大覚寺境内の東に位置する嵯峨天皇の離宮・嵯峨院の庭池で日本最古の「庭苑池」と言われています。

この大沢池周辺は、桜の名所でもあり紅葉の名所でもあります。以前は大沢池周辺は自由散策できたんですが、何年か前に池の廻りに柵をこしらえて桜の時期・紅葉の時期は自由に入ることができなくなりました。

大沢池の入口で、大覚寺の拝観券を見せて中に入りました。(素通りはできません。拝観券を見せるかここで拝観料を払うかです。必ず声はかけられます

画像
臨時の休憩所のテント。お茶やうどんなど軽食。土産物など。

ここを通れば大沢池を目にします。

画像
やはり紅葉は遅れています。それにしても池の廻りに人が少ない。 以前の自由散策(入口には料金入れの箱が置いてありましたが、誰も入れない)ではもっと人は多かった。料金を払ってまで散歩には来ない?


現在、夜間特別拝観『真紅の水鏡』として12月4日(日)午後5時30分~午後8時30分(午後8時受付終了)まで開いています。

画像
画像
暗がりで人出が多いため、一方通行の看板が出てます。昼間は関係ないけど、矢印の方へ進みます。

画像
昨年は、このモミジ真っ赤で綺麗だったんですけど。


少し進むと石仏群(平安時代)

画像
画像



石仏群近くの護摩堂その付近の紅葉

画像
ここは水戸黄門で良く使われます。今回のシリーズでも大沢池は何度も出て来てます。と言うより毎回かなぁ。


そして放生池ごしに心経宝塔を望む

画像
ポスターではここからの風景です。真っ赤のモミジと心経宝塔ですが、あれは嘘です。


せっかく来たんで周囲1㎞の池を回ることに。先ずは池の北側にある名古曽の滝

画像
「狐の嫁入り」晴れていても雨が降ってましたが、曇ったり晴れたり変な天気。前日の土砂降りの影響で下はぬかるんで歩きにくい。

画像
西岸の土道。ここも紅葉が綺麗なはずが、色がもう一つ。

画像
画像
画像
西岸から南岸を進み、元へ戻ってきます。以前の自由に入れたころは、早朝や昼間に良く散歩に来たもんです。池の裏から入れる所も何カ所かあったんですが、それも全て柵で閉じられてます。


元に戻ると鴨の群れ

画像
画像
近寄ると寄ってきましたが、餌になるものを持って無かったんで・・・。そしたら離れて行きました。 いつも誰からか餌をもらってるんでしょう。


今年の紅葉の色はもう一つ。昨年が鮮やかだったんで、そのギャップが大きい。11月の気温が高すぎた? これからすごく冷え込むみたいだし、まだまだ期待できるかも? 

昨年の色鮮やかな紅葉はこちらから→http://68971846.at.webry.info/201011/article_13.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 命の光放ちホタル舞う 右京・大覚寺で放生会

    Excerpt: 大覚寺で16日夜、ゲンジボタルを放つことで命の尊さを感じる「源氏蛍1200匹放生会」が催された。降りしきる雨の中、観光客たちがほのかな光を放って飛んでいくホタルをめでた。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2012-06-18 19:45
  • 第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧嵯峨御所 大覚寺門跡 心経宝塔(基壇内部)へ

    Excerpt: 今日(7月13日)から、第38回 京の夏の旅 文化財特別公開が始まりました。今週は、連日37℃の猛暑日に見舞われて少々バテ気味ですが、近くの旧嵯峨御所 大覚寺門跡 心経宝塔(基壇内部)へ行くことにしま.. Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2013-07-14 02:42
  • 名残の紅葉 大沢池を散策

    Excerpt: 大覚寺を出て次ぎに大沢池に向かいました。せっかく拝観料に大沢池が含まれてるのに帰ったらもったいないので Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2014-12-21 01:25