同志社大学の文化財建築物 再び

前回、同志社大学今出川キャンパスの文化財建造物を見に行きましたが、今回は、同志社女子大学を見に行きました。

織田信長の墓所・阿弥陀寺からは近いので、再び寄った次第です。同志社女子大は女子部正門から入ります。先ず、守衛室で見学の申し出をします。「中は入れませんが、外観だけならどうぞ」と言われます。事前に電話にて問い合わせはしてました。

入って、正面にあるのが栄光館です。

画像
画像
画像
1932年(昭和7)竣工 設計は、武田五一 施工は、大倉土木株式会社 鉄筋コンクリート造、地上2階、一部3階、地下1階 瓦葺き、塔屋付き。国の登録有形文化財に指定。

建物西側の通路が開いていので、そこから撮りました。内部には、「ファウラー講堂」があり、入学式や卒業式などの式典や、クリスマス・ページェントなどのセレモニーが行われます。そこも見たかったけど、外観だけと断られているので、仕方ないですね。


次に、ジェームズ館

画像
画像
画像
1914年(大正3)竣工 設計は、武田五一 施工は、清水組 煉瓦造、地上2階地下1階建て、瓦葺。国の登録有形文化財に指定。

ここも武田五一の設計。明治末期から昭和初期にかけて武田設計三部作の一つです。武田の娘が同志社女子大学で学んだことが起縁と考えられいます。 面玄関でしょうか修復工事されていて、そこの玄関と東通路も開いていたので、撮れました。中には史料室、展示室、学生ラウンジなとが設けられています。

同志社大学は自由に出入りできますが、女子大学なんで、必ず守衛室のある門を通らないと入れなくなっています。その守衛室で啓明館の行き方を聞きましたが、同じ敷地に見えても、そこは同志社大学の敷地だそうで、再び正門を出て、そちらに向かいました。

同志社大学正門の道を挟んだ東側から入れます。守衛さんには断りを入れましたが、別に入らないみたいです。

啓明館

画像
画像
画像
1920年(大正9)竣工 設計は、ヴォーリス建築事務所 施工は、清水組 煉瓦及び鉄筋コンクリート造、5階建て。国の登録有形文化財に指定。

1973年(昭和48)の3代目今出川図書館新築まで、2代目図書館として「大学の心臓」の役割を担ったそうです。現在は、人文科学研究所、同志社史資センターなとが利用している。ここの写真を撮っていると、この建物に一人鍵を開けて入っていかれました。普段は鍵がかかって中には入れないようです。

そして道を渡って再び、同志社今出川キャンパスに入りました。前回と違って、今度入学予定かどうか分かりませんが、親子連れが多かったですね。

そしてハリス理化学館です。

画像
画像
画像
前回、入口で引き返したんで今日は、入ってみました。2階には、資館室がありますが、残念ながら閉まってました。新島 襄の銅像がありました。

ここでは、いろんなパンフレットが置いてて、その中の一つに、キャンパスツアーが載っていて、6月~12月に昨年はありました。今年は未定ですが、もしあれば参加したいなぁと思っています。

その西隣にある礼拝堂(チャペル)、ここも前回と違って前まで入れました。

画像
画像
画像
画像
白梅・紅梅とも、綺麗に咲いています。同志社のキリスト教精神の象徴です。

最後に、彰栄館

画像
画像
画像
画像
前回、正面の写真しか撮らなかったので、今回は、全景を撮ってみました。施工が、大工の棟梁・尾瀧菊太郎で、そのためか内部は、小屋組の技法で純和風だそうです。前回も述べましたが、京都市に現存する最古の煉瓦造りです。

前回と今回で、同志社大学・今出川キャンパス内の文化財建築物は、全て見る事ができました。すごく歴史を感じます。キャンパスツアーがあれば、是非見てみたいです。また、女子大学の方は、毎月、オープンキャンパスがあるようで、参加したいのはやまやまですが、私はみたいな"おじさん"が参加していいものか、迷うところですね

前回の記事は、こちらから→http://30047809.at.webry.info/201201/article_10.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック

  • 「八重の桜」のドレス展示 上京・同志社女子大

    Excerpt: 昨年の大河ドラマ「八重の桜」で、主人公の新島八重を綾瀬はるかさんが演じた際に身に付けたドレス2着が、京都市上京区の同志社女子大史料室で展示されている。企画展「新島八重と同志社女学校」に合わせ、福島県川.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2014-03-07 10:39