三条通りの近代建築へ

 先に紹介した、檀王法林寺瑞泉寺は、三条大橋の近くでした。その三条通を西に進み、河原町通りを渡って寺町通りから烏丸通りにかけて、数々の近代建築を目にします。

京都市の「歴史的界隈景観整備地区」に指定されている、近代建築の宝庫である三条通りは、道幅が狭くて人通りや車の往来など、ビジネス街の中にあるので撮影には苦労しました


SACRA(旧不動貯金銀行 京都支店)ビル

画像
画像
画像
国登録有形文化財に指定。旧不動貯金銀行京都支店の建物で、現在はテナントビルとして使用。1916年(大正5)頃の建築。設計は、日本建築。外観は、幾何学模様を用いたモダンなデザインです。テナントビルで内部は沢山のお店があり自由に入れます。


旧家邉徳時計店

画像
国の登録有形文化財に登録。1890年(明治23)に建築。三条通りの南側にあるため、逆光は仕方ないです。この界隈の近代建築群の中では一番古い建物です。


日本生命京都三条ビル

画像
画像
1914年(大正3)に建築。石張りを主とした建物で東側のみ保存されました。、設計は、辰野金吾と片岡安。


京都文化博物館 別館

画像
画像
画像
画像
画像
国の重要文化財に指定。1906年(明治39)に建築。設計は、辰野金吾とその弟子である長野宇平治。10時~19時30分に見学できます。(月曜日の休館日を除く、但しイベント開催時は不可)

日本銀行京都支店として1965年(昭和40)まで使われ、現在は京都文化博物館の別館として保存公開されています。赤煉瓦に白い花崗岩のラインが特徴で多彩の塔屋を配し「辰野式」と呼ばれる外観が特徴です。この日は、イベントの予定があったので、旧営業室には入れませんでした。内部の撮影は、フラッシュは禁止ですが、自由に撮れます。もちろん本館の展示物は不可です。


中京郵便局

画像
画像
京都市登録文化財に指定。1902年(明治35)の建築。設計は、逓信省営繕課。外観は、ネオ・ルネサンス様式で、改築に際して屋根及び外壁の一部が保存されました。ここは外観だけ保存されたので、中は、普通の郵便局です

私が、中京郵便局にお正月の年賀状のアルバイトに来た時が、多分改築工事中だったと思います。そのため、JR二条駅近くの仮庁舎でした。古い話で、思い出しながら書いていますが、多分・・・そうだったと思います。


この三条通りは、若い頃には仕事で毎日のように通っていました。今は、京都文化博物館の別館となっている建物も、当時は平安博物館だったと記憶しています。 その当時に比べて随分変わりました。中京郵便局の前にあるマクドナルドは当時はなかった。 この日は連休中の休日でしたので、人通りは少ないほうでしたが、やっぱりここを撮影するには早朝がいいかなぁ。 まだ、いくつか撮りたい建物があったんですが、車や人通りが多くて断念しました。たま、この辺りを訪れた時にでも挑戦します。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 明治42年創業 奈良ホテル 花菊へ

    Excerpt: 春日大社から歩いてやってきのは、奈良で屈しの老舗ホテルである奈良ホテルです。 Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2014-08-10 01:40
  • 『七条通 モダン建築を訪ねる』へ

    Excerpt: 10月26日(日)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『七条通 モダン建築を訪ねる』へ行ってきました。 Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2014-11-11 03:56