伏見稲荷大社へ

子供の頃、初詣は伏見稲荷大社でした。 親が自営業で商売していたので当然だったのも知れません。 その伏見稲荷大社で『京の夏の旅』で荷田春満旧邸とお茶屋が特別拝観されるので、久しぶりにここに来ました。

画像
JR稲荷駅を下車し表参道を歩いてます。

ここは外国人が多かったです。祇園祭りの期間中だったことも関係あるのかも知れませんが。西洋人、東洋人、イスラムの女性まで・・・。

参道の正面に見えているのが楼 門です。

画像
1589年(天正17)豊臣秀吉の造営によるも。

その楼門の前に狐の狛犬

画像
伏見稲荷大社と狐は、よく聞きます。しかし、何故? よく分かりません。

楼門をくぐると本 殿

画像
毎年、正月ここにお参り来てたんですね。すごい人出だったことを覚えています。

ここでお参りのあと、千本鳥居まで行くことに。

画像
案内にしたがって、本殿広報の階段を進みます。

画像


稲荷山へ通じるこの先に千本鳥居がありました。

画像
画像
よくテレビでも取り上げられる千本鳥居の先にお山めぐりと言って稲荷山を一周してここへ戻ってきます。子供の頃親に連れられて行ったことがありますが、今日はここまで。

鳥居はお山全体で5千基あると言われています。願いごとが通る、通ったお礼に鳥居を奉納する習慣が幕末頃から広まりました。朱色は魔除けの色、また稲荷の神の御利益である五穀豊穣を象徴する色とも言われています。

千本鳥居を抜けると奥社奉拝所に出て、ここから山の神を巡ります。

画像
10時からの拝観時間になったので、少し鳥居に入って引き返しました。涼しくなったら、懐かしいので一周したいです。

正月はすごい人出でした。お山めぐりも何度か行った記憶があるので、次回はゆっくり散策したいです。多分涼しくなったから・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス