臨済宗天龍寺派大本山天龍寺 塔頭 三秀院へ

毎年、8月4日に行われる年中行事の施餓鬼会天龍寺三秀院に行きました。毎年、この時期、暑いのは仕方ないんですが、今年は風があったので助かりました。10時30分から本堂で法要が始まりますが、先にご先祖様の墓参りを済ませて10時過ぎに着きました。 既に本堂は人が一杯だったので、本堂前のテントで暫く待つと住職さんや副住職さんらが入ってこられ、法要が始まり、11時過ぎからの法話が、今年は住職さんではなく、天龍寺・佐々木容道管長の話が聞けるので楽しみにしてました。約30分話されましたが、大変わかりやすく話され良かったです。 その後、本堂に上がってお焼香をして帰りました。

なお、天龍寺三秀院住職さんは、天龍寺の宗務部長をされてて時々テレビで見かけます。また、副住職さんは、等持院の執事をされています。

中辻通り沿いにある総門を入って直ぐの左手に三秀院の入口があります。

画像


この山門前は桜の時期には、綺麗にソメイヨシノが咲き誇ります。

画像


また、サンシュュの花も綺麗です。

画像
京都のローカル板の新聞にこのサンシュユの花が紹介されました。

ここは、観光寺院ではないので、書院や本堂の中にはいれません(檀家さんは除く)が、境内は自由散策できます。

そして境内にある東向大黒天です。ここは、2月3日の節分に行われる節分七福神めぐりの一つになります。

画像
節分時には、ここの前でお札がもらえます。 後ろの嵐山が借景に綺麗です。 六角形のお堂の中には、東向福聚大黒天が祀ってあります。

奥か本堂で、昨日は、三面開放し扇風機も回ってました。手前に大きなテントが貼ってあって、そこで話を聞きました。

画像
本尊は、観世音菩薩を祀ってあります。

お寺ではよく見かける仏足石です。

画像


昨日は、たくさんの檀家さんが門をくぐって入ってこられるので、観光客もつられて入って来られます。中には外国人の観光客も・・・何事かと驚いて引き替えされます。 なお、写真は今まで撮りだめしたものを使いました。

この三秀院は中辻通りに面しているので、外にも可愛いお地蔵さんなんかがあって・・・

画像
画像
画像
上から、三体地蔵。中は聞いてないのでわかりません。今度聞いておきます。下の写真は、不動明王像ですが、数年前に盗難にあって、暫くすべてのお地蔵さんが撤去されてましたが、盗難対策をされて元に戻されました。

今年は、4日が土曜日で有給休暇を取らずに済みましたが、毎年仕事の都合がつれば行hようにしています。天龍寺・佐々木管長は、天龍寺派の寺院が全国に100カ寺ぐらいあるそうで、4年前に就任されたこともあって、全て回られるようです。貴重な話を聞かせてもらいました。これからも天龍寺や等持院は度々登場するでしょう。ブログには載せてませんが、毎月一回程度は天龍寺には行っています

それにしても、毎日眠いです。夜が苦手な私は、いつもより朝早く起きてロンドンオリンピック見ています。寝不足ももう少しの辛抱ですね。暑さと寝苦しさはまだまだ続きそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス