古寺とお城の旅日記U

アクセスカウンタ

zoom RSS 「八坂神社」助成文化財特別鑑賞に参加

<<   作成日時 : 2013/01/27 03:31   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 7 / コメント 0

いもぼう平野家本店で昼食を済ませて、円山公園の界隈で時間をつぶし、八坂神社に戻ってきました。この日の目的は、京都市文化観光資源保護財団主催『八坂神社特別鑑賞会』でした。昨年の3月から会員になって、いろんな珍しい鑑賞会に参加させてもらっています

円山公園から知恩院へ行き、そこから高台寺まで歩いて、そこから八坂神社に向かいました。そして八坂神社の正門にあたる南大鳥居から境内に入ります。

画像
重要文化財に指定されている石鳥居です。1646年(正保3)に建立された明神鳥居。1662年(寛文2)の地震で倒壊しましたが、1666年(寛文6)に補修再建されました。

鳥居をくぐった正面が、八坂神社の正門にあたる南楼門です。

画像
八坂神社の紹介では、四条通りに面している西楼門が有名で、そちらが正門と思われているでしょう。1866年(慶応2)に消失。1879年(明治12)に再建されました。

南楼門を入ると、正面に見えているのが、舞殿です。

画像
本殿の南にあり、舞の奉納など様々な催しに使われています。

そして本殿です。

画像
1646年(正保3)に消失するも、1654年(承応3)に再建され、重要分解材に指定されています。平成11年〜14年にかけて屋根の桧皮葺替え、内外の塗装の塗替えなどの修理工事を実施されました。 毎年、お正月に初詣でお参りにきています。

思ったより早く来たので、境内をゆっくり見て廻ったあと、本日の集合場所である常磐新殿
画像
ここの地下が集合場所でした。普段は、結婚式などに使われています。

平日でも、たくさんの会員さんがテーブルに座っていました(91名が参加されました)。ざっと見て平均年齢は高いかと思いました。中には、若い女性や男性も・・・。 時間まで受け付けでいただいたパンフレットや由緒書きに目を通していると14時になり始まりました。

八坂神社 文教部長 橋本 正明氏より、約1時間「八坂神社の歴史と文化財」の講話を聞きました。
○御祭神の話では、スサノヲノミコト(素戔嗚尊)、クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)、ヤハシラノミコガミ(八柱 御子神)の話を詳しく

○八坂神社の歴史では、八坂神社の創祀を社伝から656年(斉明天皇2)と読むことができるなど。また、昨年放送された平清盛の話も出てきました。

○社殿の歴史では、平安時代前期から中期の位置が、現在とは違い、幾多の火災により、鎌倉時代以降になって、ほぼ現在の位置に落ち着いた話など。

八坂神社と言えば祇園祭りですが、その話は、残念ながら時間の都合でありませんでした。(祇園祭りだけ話すと、半日ほど時間がいるそうです)


予定の1時間は、直ぐに過ぎてしまいました。このあと、参加者全員が本殿に入ります。応募参加者は80名でしたが、それ以上かも。こんな大人数が本殿に入れるんだろうか・・・と。

そして本殿の入口です。

画像
大勢の人数であることは、分かってたんで、事前に写真を撮っておきました。ここから靴を脱いで、入りました。お正月もここに初詣に来ましたが、新春特別祈祷があって沢山の参拝者が中に入られていました。

本殿に入り、神前で神職さんよりお祓いをうけ、そのあと御神楽を奉奏して巫女さんより祈祷してもらいました。

そのあと橋本氏から、先ほどの講話であった、拝殿と本殿とが別棟であるが、一つの屋根に覆われている話のことです。中に入り上を見れば一目瞭然です。本当、別棟だったんですね。 また、この本殿の下は、池で湧水が湧き出ており、それをポンプで汲み上げて境内に送っている話もされました。

帰りに、本殿の横から見てみました。鑑賞会が始まったことは、曇り空だったけど、ようやく晴れ間が出てきました。

画像
画像
一つ屋根で、桧皮葺きで覆われています。この桧皮葺の技術も「後世に伝えて行かなくてはなないと」言われてました。日本の伝統技術を若い世代に伝えってほしいものです。

国の重要文化財に指定されている本殿は、かつて別棟であった二つの建造物-本殿と拝殿-とを一つの屋根で覆ったもので、他に類例のない建築様式であることから、『祇園造』とよばれています。

本殿を参拝したあと、参加者全員で社殿の美御前社を参拝します。

画像
画像
画像
京都市文化観光資源保護財団の助成により、今年度修復されました。創建当時の美しい姿で蘇っています。

社殿前には、神水が湧き出ており、肌の健康はもとより、心から美しく磨かれる「美容水」として有名で、古くから美容の神様として親しまれています。

今回の修復工事で、棟札が発見されました。この棟札で天正19年の文字が読み取れ、八坂神社で一番古い建物であることが分かったらしい。また、社殿後ろの扉に描かれた絵も発見されました。そこで、今回の鑑賞会のため、特別に見せてもらいました。

画像
画像
今回の修復工事で発見されたもので、再び閉じられるのため、「二度と目にすることがないでしょう」と橋本氏が話されてました。

八坂神社の橋本氏の話は、ここまで。このあと、八坂神社の社殿を「京都の文化財を守る会」の案内のもと、参拝しますが、大人数で、前の方でないと全く聞こえないのと、帰りのバスの時間もあったので、ここで失礼しまた。

帰りは、四条通りから。写真は、有名な西楼門です。

画像
講話で聞いた話ですが、四条通りを拡張する時、南北東西どちらか忘れましたが、ずらしたらしい。八坂神社を紹介する写真でく見かけ、八坂神社のシンボルのようなものです。

八坂神社はながらく、『祇園社』『感神院』などと称しましたが、明治維新の神仏分離にともなって、『八坂神社』と改称されました。そのため仏教色の強いものは、近隣やゆかりの寺院で、今も大切に保存されてるようです。

いろいろ興味深い話を聞かせてもらいました。今後もこのような特別鑑賞会があれば是非参加したいと思いつつ、帰路につきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
初詣 八坂神社へ
安井金刀比羅宮を出て東に向かいます。そして東大路通りを北に進み四条通りの交差点に出ると有名な八坂神社の朱塗りの東門が見えてきます。 ...続きを見る
古寺とお城の旅日記U
2014/01/12 03:45
花菖蒲の平安神宮神苑へ
前日に梅宮大社の花菖蒲を見に行きましたが、6月8日(日)のこの日は、朝一番から平安神宮に行きました。平安神宮には、今年4月の紅枝垂れ桜満開時に来て以来です。 ...続きを見る
古寺とお城の旅日記U
2014/06/25 04:07
平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開 上賀茂神社へ
今年も、平成27年度 春季京都非公開文化財特別公開が4月29日(水・祝)〜5月10日(日)までの期間で、始まりました。 ...続きを見る
古寺とお城の旅日記U
2015/05/16 03:16
神輿「おかえり」勇壮に 祇園祭・還幸祭
祇園祭の還幸祭が24日、京都市中心部で行われた。八坂神社の氏子地域を3基の神輿が練り歩き、後祭を勇壮に締めくくった。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2015/07/25 12:05
疫病を払う京の守り神 八坂神社へ
10月8日(木)は、この週に母の手術に立ち会ってくれてた姉とランチを予約してました。「何処か京都を案内して」と頼まれたので、食事を挟んで東山界隈を案内しますが、あまりメジャーな所は行きません{%笑いwebry%}。 ...続きを見る
古寺とお城の旅日記U
2015/10/17 03:28
京都五社巡り満願!! 城南宮へ
「京都五社巡り」〜四神相応の京(みやこ)〜とは、京都の方角を司る「四神」、玄武(北)・青龍(東)・朱雀(南)・白虎(西)が守護する土地として、京都に都が造営され千年の歴史が、今も続いており、千年にわたって続いた京の都は、「四神相応」と讃えられています。 ...続きを見る
古寺とお城の旅日記U
2017/05/23 04:00
早朝の八坂神社を散策
8月5日(土)は当初の予定通り、祖父母の墓参りに大谷祖廟に行きますが、今年は来るまで行って京都市円山駐車場に止めました。今年の尋常じゃないほど暑い日中を避けて早朝に行ってしまう作戦をたて、駐車場には6時過ぎに入れました。 ...続きを見る
古寺とお城の旅日記U
2017/08/27 03:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「八坂神社」助成文化財特別鑑賞に参加 古寺とお城の旅日記U/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる