昼食は河口湖 印傳 山澄園で

富士山五合目をバスで出発し、本日三度、河口湖に戻ってきました。そして前日バスの中で予約してあった昼食は印傳 山澄園でいただくことになりました。

12時30分に着いて驚いたことに、昨日宿泊したロイヤルホテル河口湖と目と鼻の先にあったんです。朝の散歩でもここの近くまで来てました。

画像
着いたらここの2階に上がるように案内されます。

そして予約してあったほうとう鍋です。

画像
ここの郷土料理であるほうとう鍋すきやき鍋のどちらを選べました。席に着くまでに火はかかっていて、直ぐに食べることができました。

食べ終わったら直ぐに下に降りました。「印傳」とは甲州に400年以上も伝わる革工芸のことで、下ではその製品が販売されています。昨日の宝石もそうですが、革製品も興味がないので、富士山を探しに外を散策しました。

画像
印傳山澄園横の駐車場から見た富士山です。これで見納めですが、富士山が一番綺麗に見える冬場に再挑戦したいです。しかしいつになるやら

画像
河口湖です。河口湖も見納めです。河口湖も水面が上がってる時に富士山とセットで撮りたいです。今日の早朝は霧がかかってて神秘的でした。

この印傳 山澄園をバスは13時10分に出ました。ここからは帰路に向けて西へ下ります。バスは河口湖ICから東富士五湖道路を走ります。バスの窓からは綺麗に富士山が見えてました。 バスは須走ICで一般道に出て、御殿場から東名に入りました。

帰りのバスは静がです。皆疲れて寝てしまっています。私も寝てました。帰りのこの日は、九州・中国・四国が梅雨入りしました。そのため西に行くほど天気は悪くなります。ウトウトしてたら14時55分にバスは静岡SAに入りました。

画像
トイレ休憩が主で、15時20分にバスは再び走り出しました。

バスは新東名を走ります。途中、遠州森町SAに入りましたが、夕食の弁当を受け取るためで、受け取ったら直ぐに出ました。そして時計が17時にさしかかった時、刈谷SAで止まりました。

画像
画像
順調に行けば、この刈谷が最後の休憩地です。渋滞に巻き込まれたら、後1箇所休憩する予定だと聞きました。このまま順調に行くことを祈りながら、17時20分に刈谷を出ました。

バスは行きと同じく、伊勢湾道路から新名神に入りました。刈谷SAで知りましたが、この方面はリフレッシュ工事中で20㎞の渋滞と出てました。「大丈夫かな」とおもってたら、案の定、桑名ICから下の道に・・・。一般道なら休憩する場所は?と思ってたら、だんだん暗くなりました。そして時計の針が19時を過ぎたらところで、「関宿」道の駅で最後の休憩にバスは止まりました。

このあと、土山ICから新名神に入り、大津ICで名神を降りて、JR大津駅前でツアー客を降ろし、次に清水五条で京阪沿線のツアー客を降ろし、20時30分頃四条大宮に着きました。 丸二日バスに揺られて、心底疲れました。しかし、明日はいつものように朝早く家を出て会社に行かなくては行けません。四条大宮から急いで帰り直ぐに風呂に入ってから寝たのは言うまでもありません。しかし楽しかった二日間でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック