富士山と芝桜 『富士芝桜まつり』会場へ

清水SAを出てバスは、新富士ICで東名を降ります。目指すは本栖湖近くにある富士芝桜まつり会場です。

今年の連休中、テレビのニュースで富士芝桜まつり会場の模様が放送され、今が見頃で、あと2週間は楽しめると、それは綺麗な富士芝桜富士山が映ってました。それから3週間はたっているし、ほぼ毎日HPで確認してたので、見頃は過ぎてるは分かってました。そしてバスの中で添乗員さんから、「見頃が過ぎたので昨日(5月25日)より、入園料400円がいらなくなったので、皆さんに400円返金します」と案内があり、「やっぱりか・・・でもラッキー」が率直な感想です。私の目的は「雄大な富士山を間近で見たい」ですから・・・。

清水SAから会場まで、本当なら雄大な富士山を見ながらでしょうけど、全く裾野さえ見えません。そうこうしてる間に14時20分、会場に着きました。

画像
会場の標高は960m位と聞きました。バスを降りての感想は「涼しい」でした。

余談ですが、私の住む京都では愛宕山が924㍍で、下より5℃低いと言われています。それ以上の標高になるわけで、どうりで寒い筈です。

入園料は取りませんが、まだまだ観光バスもたくさん止まってて、観光客は多かったです。係の人よりパンフレットを貰って中に入りました。

画像
画像
期待しないで入りましたが、まだ、ピンクが残っている

自分でもテンションが上がってくるのが分かるくらい・・・。よくぞ残っててくれました

画像
画像
画像
確かに緑は見えていて見頃は過ぎていますが、これだけでも充分です。

「富士芝桜」の品種って、いろいろあったんですね。

画像
「オータムローズ」一般的には、「ピンクのシバザクラ」と呼ばれています。

画像
「多摩の流れ」花弁の廻りに白い縁取りを持っています。

画像
「マックダニエル クッション」大輪咲きのシバザクラで、濃いピンクが特徴です。

ここに来たら、次に期待するのは富士山でしょう。会場内で「富士山の方向」と案内があれば良かったけど、無かった・・・。パンフには書いてありましたが、地理が分からないので・・・。

画像
会場を見てると、一段高いところに上がれるところを見つけました。多分、富士山が見えるためでしょう。早速向かいました。

画像
会場を一望できます。そして多分、富士山の方向でしょう。ご覧のとおり何にも見えません。後で運転手さんが言われたことですが、このように裾野さえ見えないのも珍しいとか・・・。

画像
画像
入園料は不要になりましたが、「富士山うまいものフェスタ」や土産物店なんかは営業されてました。期間終了の6月2日(日)までき楽しめたみたいです。

会場内を一周して、ゆっくり散策しました。土産物を見る時間はありませんでしたが、これで富士山が見えたら言うことなしだったんですけど。こうなったら最盛期の富士芝桜を見てみたいと思ってしまいました。そしてバスは、富士五湖の一つ、本栖湖に向かうため、15時10分にこの会場を出ました。

画像
富士芝桜まつり会場のポスターですが、これを見れば再挑戦したくなりますね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック