シャガの花が満開の愛宕念仏寺へ

大型連休も終わって週末はゆっくりしようと思ってたら、テレビのニュースで、「愛宕念仏寺シャガの花が見頃になった」と流れてきました。「そう言えば愛宕念仏寺も久しく言ってないなぁ」と・・・さっそく5月10日(土)の朝に行ってきました。

愛宕山(あたごやま)の山麓にありますが、「おたぎねんぶつじ」と読みます。元々は六波羅蜜寺のほど近くにあって1922(大正11)年に奥嵯峨の地に移ってこられました。

戦前、現在の清滝街道は愛宕山電鉄の線路でした。その鉄道用のトンネルであった清滝トンネルまでが複線。そのトンネル以降は単線であったようです。少し脱線しましたが、そのトンネルの手前に仁王門があります。

画像
鎌倉時代に造られた建物で、京都市指定文化財に指定されてます。

仁王門を入って左手に拝観受付があります。

画像
拝観料300円。拝観時間は8時からです。最初来た時は、拝観料は志納でしたが・・・かなり前の話です。

さて、入ると満開のシャガの花が目にとまります。ニュース映像で見たのが「これだったのか・・・」と。

画像
画像
画像
シャガの花が群生して咲いてますが、そんなに珍しいものじゃありませんが、綺麗なものです。

画像
ここの堂宇は、小高いところにあるので、階段を登って散策します。朝早く来ましたが、先客は一人。それも直ぐに帰られたので、ここからは独占です

この奥嵯峨では、祇王寺・化野念仏寺が観光客で賑わいます。それも紅葉の時期には半端じゃないほど観光客が訪れますが、その化野念仏寺よりさらに奥へ上ってくるので、紅葉の穴場でした。拝観受付所で由緒書きをいただいたので、この寺の歴史を調べてみました。

現在の西院から東山方面にかけてを、昔は愛宕郡(おだぎぐん)と言ったそうです。そして、奈良時代の末に、聖武天皇の娘の称徳天皇がここに寺を建てました。それが愛宕(おたぎ)の地に建てられたので愛宕寺と言いました。ところが平安時代の初めに、鴨川の洪水で多くの堂宇が流れて廃寺となってしまいました。その復興を命じられたのが天台宗の千観内供(伝燈大法師)でした。その千観(918~984年)が、いつも念仏を唱えていたので、名を愛宕念仏寺と呼ばれるようになりました。その後、荒廃を繰り返し最後は、本堂、地蔵堂、仁王門を残すばかりとなり、前途しました、1922(大正11)年に奥嵯峨の地に移転されました。。1955(昭和30)年西村公朝が住職となり、同寺の復興に当たりましたが、最初は困難を極めたそうです。1981(昭和56)年、寺門興隆を祈念して、境内を500羅漢の石像で充満させたいと発願し、その10年後には1200羅漢を達成し「千二百羅漢落慶法要」を厳修され、今日に至っています。

そのまま階段を上がって行った先には地蔵堂があります。

画像
ここの階段は、ここだけです。そんなにしんどくなく上がれます

画像
画像
階段の途中にも羅漢さんがあって、中には天狗の羅漢さんもありました。1200体もあるで、充分楽しめます。

画像
画像
画像
く愛宕本地仏火除地蔵尊を安置。古くから延命地蔵さんとしても親しまれています。過去、何度が来ましたが、中に入れたのは初めてです。お参りさせてもらいました。

画像
地蔵堂の前の羅漢さんです。

画像
画像
画像
この辺りから多く羅漢さんが山裾に置かれています。一つ一つ表情があるので、見てて飽きません。中には大笑いしている羅漢さんも

地蔵堂の対面にあるのが重要文化財・本堂です。

画像
鎌倉時代の建造物で、美しい曲線を今にとどめています。

画像
本尊は千手観音で、ここも内部に初めて入れました。シャガを見に来ましたが、何だか得した気分です

本堂を出てさらに奥にある多宝塔へ向かいます。

画像
画像
画像
多宝塔は多くの羅漢さんに囲まれています。どれもこれも表情豊かですね

画像
画像
画像
画像
約1200体もあるので・・・中には、髭をはやしたり、ラケットを持ってたり、ネックレスをしたりしています。

地蔵堂と本堂の間にあるのが、ふれ愛観音堂です。

画像
画像
手で触れて拝むために造られた観音様です。の不自由な人たちに、仏との縁を結んでもらうために生まれた観音様だそうです。

ここで、下に降りました。下りは別のルートから降ります。すると途中に三宝の鐘があります。

画像
画像
山裾にそってシャガが群生してて綺麗に咲き誇っています。仏法僧の三鐘として、その音律よって仏の心を自然界に伝える・・・と書いてありましが、正直、よく分からない

画像
画像
画像
そのまま羅漢さんとシャガの花を楽しみながら、下りました。市内でも川沿いなんかで見かけますが、こうして群生していると本当に綺麗です。

画像
画像
ここの羅漢さんは、参拝者によって、一体一体掘られたものです。最初の目標が500体でしたが、今では1200体も数えるようになったとの事です。1981(昭和56)年に一般の参拝者に呼びかけられて奉納されたものですけど、一体づつ表情が違うのも分かります。久し振りに来ましたが、満足して帰ることができました。

帰りは、ルートを違えたので羅漢洞に出てきました。

画像
この中では、蓮華蔵世界を描いた天井画があり、仏の世界についての解説を聞くことができます。私は帰りにここを通るコースにしてましだ、別にどちらでも良いでしょう。案内は出ていません。

結局、最初の一人以外は、独占で見られました。連休が終わったら、今度は修学旅行生と外国人の観光客に席巻されてる嵐山ですが、ここは静かに見られました・・・下る途中で、外国人の自転車部隊と出会いました。愛宕念仏寺に行かれるのか清滝に行かれるか(愛宕山登山かも)水尾に行かれるのか(保津峡経由で)分かりませんが、ここも静かじゃなくなるのかと思いながら下りました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 奥嵯峨 愛宕念仏寺へ

    Excerpt: 等持院から約30分程度で、奥嵯峨にある愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)に着きました。余談ですけど、やっと等持院に行くのに地図やナビを見なくても行けるようになりました Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2017-07-11 03:21