2015年東寺春季特別公開 小子房「堂本印象画伯障壁画」公開へ

4月2日(木)は、出勤前の早朝に六孫王神社の桜を見て来ました。そして・・・そのお昼休みです。またまたお昼に東寺にやって来ました。3月31日(火)に東寺の桜を見て来てたので再びじゃないんです。通常非公開の東寺小子房を拝観するため、お昼を抜いて来た次第です。

この小子房に来たきっかけは、2日前の東寺の拝観でした。拝観受付で「金堂・講堂だけですか」と聞かれたからです。この春の時期に小子房が特別拝観してるなんて・・・知らなかったです。過去「京の冬の旅」で平成22年と25年に公開され私は行きましたが、春の桜の庭を見てみたいと誰もが思うでしょう

画像
春爛漫東寺を是非歩道橋から撮りたかったので、ここからスタートです

東寺には南大門から入りました。重厚な門の前には特別拝観の看板も立ててありますが、殆どの人は素通りです

画像
画像
この時期の目当ては桜でしょう。それにしても天気良すぎです。

南大門を入って東寺の境内を西側に進みます。すると小子房の外塀が見え、綺麗な桜が嫌でも目につきます。

画像
昨年も写真を撮りに来ました。その時から「春に公開してくれないかなぁ・・・」と思ってました。

そのまま外塀を北に進むと勅使門が見えて来ます。その奥に見えている建物が小子房です。

画像
後程、中でガイドさんから話を聞きますが、天皇皇后両陛下はここを入られるみたいです。

そして表門の前に臨時の拝観受付のテントがあって、そこで拝観料500円を納めました。

画像
この日は春を通り超して初夏のような気温でした。どうりで暑いはずです。

門を入ると正面に書院の大玄関。右手に本坊である寺務所がありました。

画像
画像
ここまでは、普段から門が開いているので、いつでも入れます。

小子房「堂本印象画伯障壁画」特別公開 3月20日(金)~5月25日(月) 午前9時~午後5時30分

大玄関の手前までは、いつも開いてるので入れますが、柵があるのでそれ以上は進めません。しかし今日は案内にしたがって左手にあるを入ります。奥に見えている建物は客殿です。

画像
大きなソメイヨシノの大木が見えています。もちろん満開です。

満開の桜と奥が客殿です。小子房は、までこの先です。

画像
画像
公開は5月25日(月)までですが、桜の時期に来て正解です

その客殿前の庭園には何故か鬼瓦が展示されてます。

画像
外は多くの観光客が歩いていますが、中は静かです。それと・・・ここの拝観客も思ったより少なかったです。

このまま進めば先ほど表から見た勅使門が見えて来ました。

画像
勅使門の奥の建物が国宝・金堂です。

客殿と小子房の間で、靴を脱いで小子房の方に上がります。そして順路にしたがって進みます。すると一本の紅枝垂れ桜がありました。

画像
ガイドさんの話では、ここ2日~3日前に開花したばかりだそうです。

画像
やっぱり桜の時期に来て大正解でした。お昼を抜いた価値はありました

小子房から見た客殿です。ここの庭園も素敵でしょう。

画像
画像
ある有名な作庭家なんです・・・それは

ここの庭園は「澄心苑(ちょうしんえん)」と言い、昭和を代表する作庭家、植治こと七代目小川治兵衛の作です。

小子房の西側に出ると、庭の奥に国宝 蓮花門(れんげもん)が見えます。

画像
画像
普段は壬生通りから表側は、いつでも見られます。こうして庭越しに見られるのは貴重です。

弘法大師空海は晩年、この門から高野山に向かわれました。隠棲のため東寺を後にする、その日。多くの人々が別れを惜しむなか、空海自らが念持仏として西院に祀っていた不動明王が、この門に現れ空海を見送ったと言われており、その不動明王の足元や歩んできた跡に蓮花が咲いたと言われ、それに因んで、この門を蓮花門と呼ぶようになったそうです。

小子房には西側から入ります。ただ受付で案内があったように、室内は撮影禁止のため写真はありません。

毎年正月、東寺の灌頂院で国家安泰や世界平和などを祈念行われる「後七日御修法」は、真言宗最高の秘儀行事であり、平安時代から宮中で行われてきました。小子房は現在その儀式で使われる建物です。現在の小子房は1934年(昭和9年)、弘法大師空海の1100年御遠忌(ごおんき)にあたり再建されました。

内部は6室で構成され、襖絵や壁画は堂本印象の筆によるもの。「牡丹の間」「瓜の間」「枇杷の間」「鷲の間」「雛鶏の間」には水墨画が、「勅使の間」には金色の地に極彩色で「渓流に鶴」と「日輪山嶽図」が描かれています。

室内ではガイドさんが一部屋毎に説明をしてくれます。本当は時間が無かったんですが、せっかくなんで最後まで・・・5年前にも来ているで、思い出しながら・・・そんな感じ聞きました。

画像
画像
ここに来るまで外から見えてた桜を念願の中から拝見しました。小子房の南側に咲いてる一本のソメイヨシノです。

画像
中は空いてたので、こうしてお庭もゆっくり撮影できました。小子房の東側から庭園を撮りました。

ここが勅使門から入ると上がり口なんですけど、勅使門からはずれています。

画像
画像
ここから上がると正面に「鷲の間」があって、鋭い爪を持つ鷲が待ち構えています。侵入者も恐れを成す鷲の絵は、唯一部屋に入れるので、間近で見て下さい。

久し振りの小子房に桜が咲いてたので、無理してでも来て良かったです。あまり人が入って来られないし、ゆっくり見られました。(ゆっくりする時間は無かったんですが)

画像
帰りも客殿前の桜を見て小子房を出ました。

少し暑かったので汗だくになりました。でも良い写真も撮れたので大満足です。今シーズンの桜は、平年より早く咲いたし、週末は長雨にたたられるなど天気に恵まれません。そのため、こうして昼休みに頑張るしか無かったんです

【東寺 小子房 澄心苑】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック