千喜万悦天満宮へ

千喜万悦天満宮(せんきまんえつてんまんぐう)は江戸時代に西念寺に寄進されため、西念寺境内の西側に隣接している小さな小さな神社です。

画像
画像
朝9時過ぎで、強烈な朝日を浴び、思い切り逆光です

もちろん特別公開の西念寺に来たのか目的でした。ただ来るまでは鎮守社だと思ってましたが、話を聞くと違ってたので別の掲載にしました。

画像
画像
ご神体は、菅家繁栄の絵図と尊像です。ガラス戸の中に尊像を祀り、絵図は西念寺本堂にあるそうです。それにしてもガラスに反射して、撮りにくいこと仕切りです

画像
画像
画像
天神さんと言えば牛の像でしょう。ここにもありました。先般、訪れた北野天満宮では撫でることが出来ましたが、ここのは網の中のため、触ることはできません。 

千喜万悦天満宮では、菅家ご繁昌の絵図が祀られていますが、この絵図は道真が889年(寛平元年)に宇多天皇より右大臣に任ぜられ、892年(寛平3年)に御廉中(貴婦人の総称)、御公達や重臣など一族が寝殿に列座することを許された際に、道真は喜びの余り、この慶事の様子を自ら指示し絵図に表現したものです。これが社名の千喜万悦の由来となったものです。その後、足利尊氏の寵臣の饗庭命鶴丸に崇敬されてましたが、子孫が長崎に移住するにあたり1704年(宝永元年)に西念寺に寄進され、現在に至っています。

【千喜万悦天満宮】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック