三室戸寺 与楽苑内の日本庭園を散策

紫陽花を一通り見て回ったら、次ぎに日本庭園に向かいました。「与楽苑」と書かれた大きな石標から、アジサイ園には、ここから下って行きましたが、今度は石標から真っ直ぐ進みます。

画像

花の名所で、西国10番札所でもある三室戸寺へ何度か来ています。前回がツツジ満開の2007年5月以来ですが、庭園好きの私が気が付かなかったのも不思議なことですが、この日本庭園の存在すら知りませんでした。

石標から歩き始めて直ぐ、左手に枯山水庭園が見えて来ます。多分、最近整備されたのでしょう。

画像
画像
画像
ここにも紫陽花は咲いてました。見た限りツツジかサツキの苅込があったので、その時期なら見応えあったでしょう。今は殆どの観光客が素通りです

この枯山水庭園がある所から、少し下ると今度は、池泉回遊式庭園があります。

画像
画像
紅葉に映えるような庭園ですね。ここも多分、近年整備されたんでしょう。この辺りから晴れてきて、益々蒸し暑くなりました。

少し進んで、石橋を渡る途中に花菖蒲が咲いてました。私が写真を撮っているので、後続が渋滞したのは言うまでもありません

画像
画像
振り返ると、後続も写真撮られてました。花菖蒲は、ここだけでしたね。

次ぎに、池の畔に咲いてた紫陽花です。アジサイ園だけでなく、ここも人が多かったです。

画像

そこから少し行くと、大きな錦鯉が群れをなしています。観光客が通るので、餌をねだってるようでした。

画像
画像
日差しが強くて見にくいですが、大きな錦鯉が何十匹も・・・西国札所の寺院は、○かってるんでしょう

今まで多くの池泉回遊式庭園や枯山水庭園を見てきたので、ここの庭の作庭者が誰なのか気になりながら、この池の廻りを散策してました。

画像
画像
画像
画像

「昭和の小堀遠州」と称えられた日本の造園家であり作庭家の中根金作氏が1989年(平成元年)時の造営のようです。

平成元年なら前回も来てるので、やっぱり気が付かなかったようです。中根金作氏ならでは、素晴らしい庭園でした。このあと、順番は最後になってしまいましたが、本堂にお参りします。つづく。

【三室戸寺 枯山水庭園】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 64

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのトラックバック