大原の里を行く

京都市の北東部、市内から15㎞の山間部に大原はあります。三千院門跡や大原女など有名で観光客が絶えず訪れます。

その大原駐車場にバスは12時10分に着きました。比叡山の駐車場から45分で着いたことになります。

画像
画像
画像
バスを降りて、暫く耳の調子が悪かったです。800㍍もの高度差があったためでしょう。それに暑い・・・山頂の涼しいさから下界に降りて来たのを実感しました

蒸し暑い駐車場には、これから散策する大原散策マップがありましたが、それより紫陽花に目を取られました。三千院にはアジサイ園があるので、今から楽しみです

画像
この駐車場から大原三千院まで、緩やかな坂を登って行きます。私にとって、2004年12月以来、久し振りの大原訪問です。

この駐車場は、大型バス専用だと思いますが、11年前はもう少し手前に駐車したように記憶しています。その駐車場からバスガイドさんを先頭に、大原の里を歩くと、途中に紫蘇畑がありました。

画像
大原では有名な柴漬け。後程、買って帰りました

このあと、車が通れない細い道を緩やかに登って行きます。道沿いには土産物店が点在しているので、見てて飽きません。しかし、ここでは寄り道はしません。バスガイドを先頭に三千院に向かうこと約10分。ようやく門前に着きました。

画像
この門前にて、このツアーの参加者全員で、記念写真の撮影です。希望者は、帰りのバスに乗る前に購入するようです。

このあと、お昼の会場に向かいますが、それは後日アップすることにして、先に門前の土産物店を見て行きます。

画像
画像
画像
大原滞在は、食事時間込みで2時間40分でしたが、大原に早く着いたので、3時間00分でした。この3時間の間に、食事の時間、三千院の拝観時間が含まれています。この三千院の近くに有利拝観が4カ寺あって、欲張りな私は全部回る計画を立ててました。結果は・・・その都度

三千院を通り超した所に清流が流れており、律川と言います。

画像
こちらは三千院境内の北側を流れています。

一方、こちらは三千院の南側を流れており、呂川と言います。

画像
画像

呂川に律川・・・何処かで聞いたことが・・・"ろれつが回らない"と言う言葉があります。バスガイドさんから聞いた話で、この言葉の由来が呂川・律川だそうです。"ろれつ"は漢字で"呂律"と書くそうで、三千院の二つの川は声明の呂(呂旋法)と律(律旋法)に因んで呂川(りょせん)、律川(りつせん)と呼ばれています。

次回は、お食事会場を紹介します。このツアーでは「食事付き」と「食事無し」を選択できますが、ほぼ全員が食事付きを選択されたようでした。つづく。

【大原観光駐車場】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック