紫陽花が見頃の三千院へ

京都市の北東の山里にある三千院は、京都市内より紫陽花の見頃は遅いです。しかし、今年の紫陽花の見頃は早まり多分、7月には見頃が過ぎるだろうと思い、この日に設定した訳です。これから三千院紫陽花苑を巡ります。

画像
画像
前回の宇賀神があった弁財天の横にある階段を上がると、そこからは一面アジサイが咲いています。噂通り圧巻の紫陽花苑でした。

三千院の紫陽花苑の印象は、「結構広いなぁ」と「紫陽花が小粒」でした。これは、あくまで私の感想ですが

画像
画像
画像
少し天気が良すぎで、萎れ気味ですが、丁度見所でした。見頃の時期を間違えなかったです

画像
このアジサイは、ハートの形をしてました。少し小粒のハート型です。

紫陽花苑の中には、ベンチに座れるところもあって、この暑さでバテた女房は、座って休憩。これより奥は私だけ行きました。

画像
画像
画像

奥へ奥へと進むも、第一印象で述べたように、広くて・・・何処まで続くのかと思いました。前途したとおり天気が良すぎて、アジサイが萎れ気味が気になりますが・・・。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

やっとエンドが見えたと思ったら、金色不動堂の前に出てきました。

画像
1989年(平成元年)の建立。円珍作と伝わる金色不動明王が安置されていています。

ここまで来たので私一人お堂の中に入ってお参りしました。そして納経所があったので、御朱印もいただきました。しかし、帰ってから2004年12月3日の写真を見てると、ここで朱印を貰ってたみたいです

ここより先の観音堂や石仏にはいきませんでした。それは2004年12月3日をご覧下さい。お参りのあと、急遽紫陽花苑で待ってる女房の元に戻り、再び往生極楽院の前を通って、有清園を出ました。

画像
画像

有清園とは、往生極楽院周辺の庭園を呼びます。中国・西晋時代の詩人である左思(さし)の誌の一節より名付けられました。

いかにも大原三千院らしい、立ち去りがたい雰囲気は充分楽しめました。最後に円融蔵で朱印をいただきました。

画像
ここの中に机があって、御朱印を貰えます。大原に来てからずっと気になってた"魚山"について、質問したら・・・親切に教えてもらいました。しかし・・・ここでは分からなかったです。帰ってから・・・少し勉強しました・・・声明についても

三千院には13時30分に入って、14時00分に出てきました。三千院は、ゆっくり見て1時間程度はかかるかと思います。隅々まで見てないので、通常拝観の半分・・・30分で出てきたことになります。しかし見所は押さえたつもりです。残り自由時間は1時間ですが、買い物や駐車場までの道程を考えると、あと30分しかありません。残り3ケ寺・・・廻れるのかなぁ・・・つづく。

【三千院 紫陽花苑】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック