光に包まれる 嵐電『嵐山』駅へ

嵐山MITATEに行く前、17時20分頃に嵐電『嵐山』駅の踏切通りました。まだ薄暮でしたが、それでも光に包まれ多くの人が見とれてました。

画像
特に外国人の観光客が屯してましたが、冬場の閑散期には殆ど見かけなかった光景です。

そして時間が過ぎ、19時45分に通りかかると、あの人達は何処へと言いたくなるほど誰もいません。これは超ラッキーで、写真撮りまくりです

画像
画像
先ずは嵐電『嵐山』駅の玄関口まで行って撮りました。さすがにこの時間では観光客はいませんが、電車に乗られる人が数名ぐらいでしょうか。

世界的インテリアデザイナー森田恭通氏デザインによる、『「キモノ・フォレスト』とは、京友禅の生地をアクリルで包み、高さ約2㍍のポールにしたものを駅構内や線路脇のいたる所に設置し、京友禅の林に見立てたもの。嵐電『嵐山』駅構内を覆い尽くす京友禅の柱はなんと600本これにはただただ圧巻です

画像
画像
嵐山駅が2013年(平成25年)7月にリニューアルし、改札が取り払われました。駅構内は切符がなても自由に行き来でます。そしたら圧巻の南側から。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
ここは地元なんで、初めて見たわけではありませんが、いつも人がいるので撮らなかったです。しかし、冬の閑散期やっと念願叶って撮れました。もう最高

素晴らしい『着物の小径』を抜けると、友禅に囲まれた小さな池があって、嵐電『嵐山』駅に設けられたパワースポット『龍の愛宕池』と言うそうです。こんこんと湧き出る愛宕山からの伏流水に手をひたすと、希望が叶い、心に安らぎが訪れ幸せへと導かれるとされています。本当かなぁ

再び、駅ホームに戻ってホームにある嵐山温泉『駅の足湯』です。この時間は営業されてませんが・・・。

画像
この時、もうずく電車が発車する時間でしたが、乗客が大急ぎで写真を撮られてました。これを見たら誰でも撮りたくなりますよね。

画像
画像
以前は、毎日通勤で乗ってた嵐電も、通勤ルートが変わったんで、月に数回しか乗らなくなりました。こんな電車初めてです。

次ぎには駅構内の北側を見て帰路につきます。先の電車が出て、次の電車が入ろうとやってきました。夜に嵐山駅まで乗って来られる方は殆どいません。

画像
画像
画像
画像
これは通勤時にも言えることで、乗る方も降りる方も一つ前の嵐電『嵯峨』駅ですね。近所の方が犬の散歩されてて、この時みかけた人は一人だけでした。

美味しい料理をいただき、綺麗なライトアップを見て寒空の中、帰りました。寒空にライトアップが映えますね、来て良かったです。

【嵐電『嵐山』駅】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック