梅が満開の北野天満宮で「宝刀展」を見に行く

今年は桜の開花が早くて、各地で桜の開花が聞こえてきました。それなのに、梅の記事を書いてます。これがアップされる頃には桜は満開になっているのでしょう。

3月5日(土)は、朝から2月28日(日)に行けなかった所へリベンジに出掛けました。その前に北野天満宮の梅が見頃になったニュースを見て、寄ってみようと思った次第です。

嵐電「北野白梅町」駅から歩いて北野天満宮に入ると、あちらこちらで梅が咲いています。梅苑は10時から公開ですが、外から見る限り満開のようでした。しかし、今日は梅苑には入りません。境内の梅だけを楽しみ予定にしてました。そして先ずは、三光門(中門)〈重要文化財〉廻りの梅から。

画像
画像
画像
この時、8時50分頃だったと思いますが、結構な人が来てました。さすがに梅の名所ですね。それに受験生も。

次ぎに本殿廻りの梅です。ここは紅梅でしたが、白梅より、やっぱり綺麗で映えますね。

画像
画像
ここで余談ですが、本殿前には、銅や真鍮製の大きな鈴が吊られています。参拝者はこれを振り動かして鈴を鳴らし、お参りをします。

しかし、これが渋滞の元なんです。混雑すると先程の中門まで行列ができるらしいです。北野天満宮は、この鈴の数を一本から六本に増やされたようで、渋滞も解消したとか・・・余談でした

次ぎに宝物館前の梅です。現在(3月5日)宝物館では、「宝刀展」が開催中でした(予定では3月末まで)。

画像
画像
ここに来た目的は、次の目的地への通過のつもりでした。しかし、梅が見頃だし寄っただけで・・・宝物館も空いてたら入ってみようかぁ・・・そんな程度でしたが・・・。

画像
現在刀剣ブームは知ってましたし、刀剣女子が暗躍してるのも知ってました。ここはNHKのニュース映像で知りました。

しかし、まだ8時55分にもなってなかったのに、若い女性達が入って行きます。重要文化財の刀を見る機会も少ないので、入ってみようと・・・この時思い着いた訳ですが・・・時間前やのに・・・入れるの

入口で入館料300円払います。既に中には数名が入ってました。ここでは、ニュース映像で知ったことですが、写真撮影がOKなんです。ただしスマホと携帯に限られてましたが、そんなの関係ないです・・・撮影できるので、入ったようなものですから

画像
画像
画像
私のカメラは一眼レフじゃありませんが、スマホでも充分です。皆さん、ほぼ全員、写真は撮られてましたね。

1607年(慶長12年)北野天満宮本殿造営時に際し、豊臣秀頼が奉納した太刀重要文化財に指定

画像


1702年(元禄15年)加賀藩5代藩主・前田綱紀が、800年祭に際して奉納した太刀重要文化財指定

画像
前田家は、菅原氏を先祖にあおいだこともあり、北野天満宮への崇敬が篤かった。学芸を重んじた加賀藩は、50年祭ごとに太刀を奉納する習いとなりました。

1752年(宝暦2年)の850年祭にあたり、加賀藩八代藩主・前田重照(しげひろ)が奉納した太刀重要文化財に指定

画像


加賀藩13代藩主・前田斉泰(なりやす)が奉納した太刀重要文化財に指定。平安時代末期から鎌倉時代初期にかての太刀姿。

画像

あと、脇差しや長刀もありましたが、重要文化財だけで充分でしょう。他に江戸時代の具足も展示してありました。

画像

現在の刀剣ブームを知りたくて入りましたが、こんなもんでしょう。それても次から次へと入ってこられ、スマホで写真撮られてます。私個人的には充分楽しめました。

次の目的地は、時間が遅くなると混雑してくるので、早めに行きたかったんですけど、ほんの寄り道をしてしまいました。次の目的地のため東門から出ますが、綺麗な梅を撮りながら・・・です。

画像
画像

北野天満宮の東門を出て、五辻通りを東に進みます。途中千本釈迦堂の前を通りましたが、スルーして東へ。そして千本通りに出ました。そこからは、北にあがると・・・。

【北野天満宮 宝物館】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック