平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 大法院へ

妙心寺塔頭 大心院から慧照院に行き、この日最後の訪問寺院は、平成28年 春の京都禅寺一斉拝観 妙心寺塔頭 大法院です。

ここは通常非公開ですが、春と秋には定期的に公開されるので特別感はありません。2011年10月以来来てないのと、今年のNHK大河ドラマ「真田丸」で主人公の真田家ゆかりの寺院でもあることから、寄ってみることにしました。

画像
画像
ここも今日で3回目の訪問です。2009年(平成21年11月)と前途した2011年(平成23年)10月についで3度目です。新緑の季節は初めて来ました。

妙心寺境内のもっとも西に位置するので、慧照院か10分弱かかり、山門には10時38分に着きました。

画像
画像
画像
真田家ゆかりの寺だけに、門には真田家の家紋「六文銭」があります。信州松代藩初代藩主・真田信之、大泉洋さんが演じてますが・・・後程

山門入ってすぐの左手に臨時の拝観受付があって、そこで700円(抹茶付)納めます。するとお茶券をもらいますので、あとで本堂にて庭を見ながらいただきます。

画像
画像
画像
受付を済ませると長い石畳の参道を歩きます。途中左手に墓所がありますが、帰りに寄ることにして、先ずは玄関から堂内に入ります。

入ると先客が一人。そして私の後から一人来られました。この前後の人・・・先程、慧照院でみかけて人らてしたね。先ずは中庭を通って、本堂に入ります。

画像
画像

そして堂内に入ると、緑豊かな露地庭園が目に飛び込んできました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
一面緑ですが、秋の紅葉では真っ赤に染まるんです。ただ私は、紅葉真っ盛りには行ったことが無いので何とも言えませんが・・・。

そしたら早々と、和菓子&抹茶を持って来られました。

画像
和菓子を美味しく頂いてから、お抹茶もいただきました。もちろん美味しかったですし、何より綺麗な庭をゆっくり見ながら・・・来て良かったなぁ・・・と思う瞬間でした。

堂内は撮影禁止でした。前は寺宝は禁止でしたが・・・。真田家の真田信之、長姫の肖像が・・・これには食いつきました

画像
真田信之の肖像画。大法院にあった肖像画ではありませんが、真田宝物館所蔵のものをみつけました。

妙心寺塔頭 大法院は、信州松代藩初代藩主・真田信之の孫にあたる長姫(おさひめ)が、信之の遺命を受けてその菩提を弔うために、淡道宗廉(たんどうそうれん)を開祖として1662年(寛文2年)に開創されました。大法院の院名は、信之の法名である「大法院殿徹岩一洞大居士」から付けられたそうです。

最後に、茶室「有隣軒を見てからここを出ました。

画像
以前から内部に入ることはできませんてしたが、内部が撮影禁止になってました。少し残念ですよね、よほど撮影者のマナーが悪いんでしょうか

画像
以前は、OKだったとこも、撮影禁止が増えて来て・・・残念至極です。2009年訪問時の写真が貴重なものになりました。

堂内を出て、墓所に寄っていくことにしました。以前2011年10月にも来てますが、再訪です。

画像
画像
画像
画像
画像
以前と違って、参道を整備されてました。何と言ってもボタンの花が綺麗にさいており、華やいで見えました。

画像
画像
画像
上から、長姫(信之の孫・天祥院)・真田信吉(信之の子)・真田信之(大法院)以前には無かった名札があって助かりました。真田信之・・・大泉洋さんが演じていますね。関ヶ原で父・弟と戦うことになるんですが、どのように演じられるか楽しみです。

画像
最後が佐久間象山です。松代藩の8代藩主・真田幸貫の儒臣であった縁でしょうか、攘夷派に暗殺されてしまった佐久間象山もここで眠っています。

大法院は明治維新後、徳川家康の長女・亀姫が建立した妙心寺塔頭・盛徳院と合併し、本堂内陣には真田家の「六文銭」と徳川家の「三つ葉葵」の家紋が並びます。真田信之との関係では不思議ではありませんが、差長幸村と家康の関係を考えると、面白いてすね。結果真田家は明治維新まで残ったわけで、だから歴史は面白い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 真田信之の菩提寺で紅葉が見頃の妙心寺塔頭 大法院へ

    Excerpt: 今年の平成28年 春の京都禅寺一斉拝観で公開された妙心寺塔頭 大法院が紅葉が見頃となったので、昨日行って来ました。そしたら・・・まだ開いてません。9時からですので当然です Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2016-11-22 05:00
  • 妙心寺塔頭 大法院 「新緑露地庭園特別公開」 へ

    Excerpt: 令和に元号が変わって、最初の訪問に妙心寺塔頭 大法院 「新緑露地庭園特別公開」に行きました。本当は、ここが目的じゃ無かったんですけど、目的の寺院が開門前に行列が出来たので、そこをスルーし急遽目的変更で.. Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2019-05-25 01:07