京都御苑内 宗像神社へ

今度は、桜の咲く時期まで遡ります。4月10日(日)早朝に平安神宮神苑と、そのあと京都御所春の一般公開に行った日・・・その日に、京都御苑内にある宗像神社に寄りました。

ここに寄るため地下鉄を「丸太町」駅で下車した訳で、間ノ町口から入りました。同伴者の女房と姉には内緒で、私だけ別行動で、先に一般公開の受付門まで行ってもらいました。

画像
本当は、再訪して御朱印や由緒書きを貰ってからアップしようとましたが、何時になるか分からないとの"予告"したとおり閑散期に入るので

画像
鳥居をくぐると「花山院邸宅跡」と石碑がありました。最近建立されたみたいで、まだ真新しさがありました。

そのまま石畳を進むと右手にあったのが、花山稲荷社です。

画像
画像
御利益は、火災除けで、大火でも花山院邸は焼けなかったためだとか。

そして左手には、珍しいネーミィングの京都観光神社があります。

画像
画像
御祭神が、猿田彦大神で、京都観光関連業者が相寄って、京都観光に感謝の意を込めて建立されました。

桜の時期は過ぎてますが、御苑内は一般公開のためおおくの人が歩いていますが、ここには誰も来ません。誰も居ない石畳を進むと手水舎がありました。

画像
女房と姉は話しながら、先に進んでいることでしょう。これから追いかけるのは大変ですが、手は抜きません。ここで手と口を清めて先に進みます。

画像
画像
次ぎに拝殿が見えてきますが、ここはあっさり通過。奥にある本殿に進みます。境内の桜は既に葉桜の一歩手前でしたね。残念

そして本殿です。京都御所の鎮守社として795年(延暦14年)、藤原冬嗣により筑前から勧請されたそうです。

画像
宗像三女神(多紀理比売命、多岐都比売命、市寸島比売命を主祭神に、倉稲魂神と天岩戸開神の2柱を祀られて、御苑内の西南(裏鬼門)にあたる位置に鎮座するため、方除けの信仰を集めています。

画像
この本殿の左には、摂社があって、少将井社、繁栄稲荷社と琴平神社と並んでいました。

この日は、京都御所に来るのは予定外でした。そのため神社用の朱印帳は持ってきてませんでした。しかし、書き置きでも良いので社務所を探すと・・・。

画像
しかし・・・残念ながら不在のようでした。呼び鈴・・・朱印帳を持ってきてたら鳴らしたかも知れませんが・・・今日は諦めて前途のとおり帰りました。

画像
画像
ここには滞在時間・・・5分足らず・・・足早に来て、足早に去って行きました。今度は、朱印で再訪予定・・・してます

画像
境内を西側から出ました。ここから入るのは目立たないですよね。それより・・・この神社・・・朱印・・・あるのかなぁ

画像
この日は、京都御所春の一般公開。多くの人が訪れます。5分先に歩いて行った女房と姉を確認すると豆粒ほど・・・ここから大急ぎで追いついた次第です。

京都御苑内には、江戸時代公家の屋敷が所狭しと建ってたんてすよね。今は市民の憩いの場となっており、私もここに来ればなんだか落ち着くような気がします。

【宗像神社】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 京都御苑内 宗像神社へ

    Excerpt: 菅原院天満宮神社を出て、再び下立売御門から京都御苑内に入ります。目的地はH28年4月、桜の咲く頃に訪れた宗像神社です。 Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2016-09-14 05:00