天龍寺塔頭 三秀院で施餓鬼供養

曹源池庭園を出たのが、8時50分でしたが、総供養が始まるまで、まだ10分程度時間がありました。墓地の参道を見ると多くの方が向かわれています。私も墓地に向かって行くと、既に住職さんや副住職さん、そして住職さんのお孫さんらで、お経が始まってました。

墓地にて総供養中に、墓の清掃とお参りを済ませて、施餓鬼供養が行われる天龍寺塔頭 三秀院に向かいました。

画像
画像
まだ9時30分頃でしたので、檀家さんもボチボチ入っていかれる程度でした。とりあえず入って左手にある受付に向かいます。

その前に、最近新しく建てられた書院を見ました。我が家もいくらかのお布施はしたんですが・・・。

画像
随分、綺麗になりましたね、新築の木材の臭いが薫るような・・・そんな感じでした。書院を見たあと向かいの受付所で受付を済ませて奥へ進みます。

先ずは、節分でお馴染みの東向大黒天堂にお参りです。節分の時は、ここから並んでお参りするんですけどね

画像
文字通り、六角形のお堂は、東を向いています。東向福聚大黒天が祀られてるそうですが・・・今日は、奥へ奥へ進みます。

境内の北側の突き当たりが本堂です。その前には檀家さん用にテントとパスプ椅子が用意されています。

画像
画像
普段の本堂は、扉は固く閉まっていますが、今日は三方の障子が外されて開けられています。見た所、ご住職さんが準備されてるようで、お参りすることにしました。

本堂内には、墓地総供養から帰られた住職さんが、大型扇風機の設置等で忙しいそうに準備されていました。この時間では、まだ誰も来られてませんが、法要が始まる頃には、一杯になるんです。

画像
画像
画像
画像
私は例年、堂内より外のテントで法話は聞きます。堂内も外も暑いのには変わらないです・・・。

画像
画像
法事の時ぐらいしか、堂内には入らないので、毎年8月4日の施餓鬼の日はには、堂内に入ってお参りさせてもらってます。天井には鳳凰の絵が描かれていますが、よく見かける龍図と違っています。以前、副住職さんから謂われ聞きましたが忘れました

画像
「圓通」と書かれた扁額は、外からでも見られますが、縁側から覗いてみました。そうこうしてると檀家さんが一人二人と入って来られ、お参りされてました。

画像
まだまだ、法要の時間には早いので、テントの中には数人にしか座っておられません。それでも早すぎでしょう、私は一旦天龍寺をあとにすることにしました。

空いている土産物店を散策し、少しばかり和菓子を買いました。そして予定どおり10時30分頃から法要、そのあと法話。このあと堂内にお参りしますが、既に終えているので、早々に車に乗って帰路に着きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック