菅菅原道公の産湯の井戸が残る菅原院天満宮神社へ

蛤御門を出て、烏丸通りを渡り、西側の歩道を南へ下がります。途中、護王神社の前を通りますが、今日は素通りし、道なりに南下を続けます。有栖川宮旧邸 有栖館の前を通ると「第41回 京の夏の旅」の看板が出てました。10時から拝観開始のため門は固く閉まってましたが・・・。

そして下立売通りを渡って直ぐの西側に鳥居があり、最初の目的池につきました。そこは菅原道真公で知られる菅原氏旧邸があった所で現在、菅原院天満宮神社が建っています。

画像
9時40分頃着きましたが、この日の最低気温が28℃近くもあったので、朝から猛烈に暑いです。10分も歩いてないのに、もう汗だく・・・でした。

ここに入ると時、西洋人の団体が出て来られたので、この時間、境内は空いてました。先ずは入って左手の手水舎へ。

画像
天満宮らしく、水が出てくるのは神牛像の口からでした。地下水からの汲み上げでしょうか、または、水道水かなぁ・・・。

先に本殿で参拝しました。空いてる間に写真撮影も、写真からも強い日差しで暑さが伝わってくるでしょう。

画像
画像
御祭神は、菅原道真(すがわらの みちざね)とその父・菅原是善(すがわらの これよし)、祖父・菅原清公(すがよらの きよきみ)が祀られています。

この地は、菅原氏三代の邸宅「菅原院」があった場所で、901年(昌泰4年)左大臣・藤原時平によって大宰府に左遷させられ現地で没しました。その後、京の都には異変が相次いだことから、道真の菩提を弔うためにこの地に歓喜光寺が建立されました。その後、寺は六条河原院に移転していますが、この地には祠は残され現在に至っています。

次ぎに社務所に移動し、朱印をお願いしました。そして書いていただいてある間、暫し床机に座って汗を拭いました。

画像
画像
これだけ暑い中、来たのに朱印が無かったら・・・大ショックだったかも知れません。とりあえず・・・良かったです。

ここに来て是非見ておきたかったものがあって、それが「菅原道真公産湯の井戸」です。道真が生まれた時、この井戸の水を使われたとか・・・。

画像
画像
この地でお生まれになったと言うことでしょうね・・・しかし、今年・・・京都十六社朱印巡りで吉祥院天満宮を訪れた時、そこには菅原道真公の臍の緒を埋めたと伝えられる「胞衣(えな)塚」なるものがありました。

どちらが正解なんて・・・そんなの関係ないね。京都には至る所に、歴史の息づかいがあるので、回ってて面白いです

画像
2011年(平成23年)に、長年枯れていた道真公産湯の井戸の水が復活したとか。それを受けて、井戸の近く(上記写真の辺り)を新たに掘削したところ、同じ水源から水が湧き出たそうです。

それで、参拝者が汲んで持ち帰れるようになっているですね。事前に知ってたら、ペットボトルに入れて持ち帰ったのに・・・。

次ぎに下の写真の左端にある石灯籠が、「菅公御遺愛の石灯籠」と伝わるものです。石標にそのように書かれてました。

画像
画像

その石灯籠の右隣が末社の梅丸社で、癌封じの神として知られています。その右隣が和融稲荷社で御祭神は、稲荷大神と書かれてました。

画像
画像
手を合わせてお参りしたあと、手で石を撫でます。その撫でた手で、体の悪いところを摩ります。私は、ここに来るまで知らなかったんですが、梅丸社も有名なんですね。

上記、石灯篭の左隣には戸隠社でご祭神は、戸隠大神(天手力男命・あめのたじからおのみこと)と九頭竜大神でした。

画像

次に梅丸社の右隣には地蔵社で、ご祭神は天道大日如来(出世石神)でした。

画像
その左下には、小さいですけど地蔵尊・・・お地蔵さんが祀られています。神社にお地蔵さんは・・・なんだか違和感があります

まだまだ境内社はあったようですが、本殿より先は入れないので分かりません。

画像

境内は、さほど広くないので10分ぐらいの滞在で、ここを出て行きました。平日でしたが、夏休み期間中だったこともあって、家族連れらが参拝に来られてました。流石に、学問の神様だけのことはあります。それと・・・ひっきりなし入って来られるのは・・・やっぱり外国人観光客ですね。

【菅原院天満宮神社 本殿】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック

  • “池の弁天さん”と呼ばれ親しまれてる嚴島神社へ

    Excerpt: 10月15日(土)は、普段閉まっている京都御苑内にある嚴島神社に昼から出掛けました。神社は1日と15日の両日は、社務所が開いている所が多いと聞きました。調べると嚴島神社も、その日なら朱印がいただけると.. Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2016-11-17 03:31
  • 菅原道真生誕の地 菅大臣神社へ

    Excerpt: 繁昌神社を出て高辻通りを西に進むこと2分で菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)の南鳥居前にやって来ました。 Weblog: 古寺とお城の旅日記Ⅱ racked: 2017-02-28 04:01