第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 「旧邸御室」【後編】へ

ここ旧邸御室は、2017年(平成29年)より、この大広間で落語会やピアガーデンを開いたり貸し出したりして活用されてる話を先ほどの案内で聞きました。団体さんは独自で、また案内を聞かれています。私は庭を見ると雨もやんでるようでしたので、ここから自分の靴で庭に降りることにしました。

画像
画像
庭に降りると、ガイドさんに確認して上に登ることに。ガイドさんも言ってたとおり、狭く急な石段は雨なら滑りやすいので危険でしょうね。

この庭は、国の名勝に指定されている「双ヶ丘(ならびがおか)」の斜面を借景に造られています。双ヶ丘は南北に並ぶ3つの丘からなり、北から順に一の丘(標高116㍍)、二の丘(標高102㍍)、三の丘(標高78㍍)と呼ばれ、ここでは一の丘の斜面を利用。この庭には社長の山本三夫氏の拘りがあって、「桜は散る」と言って縁起が悪いとかで、前あった桜も伐採し、ここには一本もありません。また石が好きだった社長の思いから、今は採石禁止となっている“鞍馬石”をふんだんに使用。また灯籠も15基、設置してあります。桜が無いので、ここでは椿や躑躅や馬酔木を楽しむことができるそうです。

画像
急な石段を上がりきると、そこには茶室「双庵」が待ち受けてます。本当は庭の真ん中から上がっていくのでしょう、そこは立入禁止となっていました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
茶室「双庵」は全て開け放たれ内部を覗き見ることができました。躙り口からも覗いて見ましたよ

ここまで上がって来られたのは雨が上がったから、本当に良かったです・・・が、台風20号は日本海を北上中のため、大変蒸し暑いです。で、次は四阿に向かいます。

画像
画像
画像
画像
画像
前途したとおり庭園の中央から石橋を渡って、この四阿(茶室待合)まで登って来られますが、安全を考慮されたのでしょうか立入禁止でした。

画像
画像
四阿の前に蹲踞もあって、そこから見た茶室「双庵」です。茶道の作法は素人のため分かりませんが、ここで待ってから行くのかなぁ

さて、ここまで上がって来たからには眺望ですよね、私も期待していたので次は後ろを振り返ります。

画像
四阿から見ると、京都市で二番目に高い、愛宕山が見えています。その手前に大きなお堂があるので調べると、多分ですが西寿寺でしょう・・・多分

画像
画像
眺望はそんなに綺麗に見えません。周りの木々邪魔して見えないからです。団体さんはまだ上がって来られませんが、こうしてゆっくりさせてもらいしまた。

画像
画像
画像
雨で濡れた石階段を滑らないように注意し、ゆっくり降りました。どう見ても途中ですれ違えないので、今度津したらどうするのでしょう

画像
画像
画像
先ほど大広間でガイドさんから聞いた“鞍馬石”です。鞍馬で産出される褐色の閃緑岩(せんりょくがん)だそうですが、もう産出できないと聞きました。

画像
画像
画像
ガイドさんの話では、以前は“池泉回遊式庭園”だったようで、池にも水が張られていたようですが、手入れが大変なこともあって、今は抜かれています。

池を渡る石橋も鞍馬石が使われています。ここから先は通行止めでしたが、ここから上がるとちょうど四阿にでます。この後も誰も庭に降りてこられませんが、私は大広間に戻りました。

実は、ここから前編でアップした“カフェ”に入って休憩したんです。休憩したら、やっと団体さんが添乗員さんに連れられた庭に降りて来られました。私は充分、ここで休憩したので、ここを出ることにしました。

画像
画像
画像
ここには11時40分頃に出ました。この時間になると大広間の“庭鏡”・・・中々撮りにくくなっています。やっぱり人が多いのと、庭に降りて来られるので・・・。

画像
画像
帰りは、車を止めている仁和寺前まで戻りました。帰り道、仁和寺の仁王門を撮りましたが、いつもより観光客は少ないように思いました。私の目では外国人観光客しか居なかったように思いましたが・・・。

で、前途したとおり駐車料金は900円・・・昼間最大料金が900円・・・向かいの仁和寺駐車場に止めるべきでしたね、そうこう思いながら、今日はここだけで帰りました。

【旧御室邸 茶室「双庵」】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック