妙覺寺 秋季特別拝観へ

京都府立植物園を出て、北大路通りを西に進み堀川通まで行き左折し、堀川を南下すると紫明通り、上御霊前通り通過し、寺之内通りを東に入ると「宝鏡寺門跡(百々御所)」があって、ここも“秋の特別公開中”ですがスルーし、妙顕寺の門前までやって来ました。その妙顕寺山門の西側の通りを北上し、妙顕寺の境外、北西角に参拝者用の駐車場があるので、車を止めました。

9時40分頃に着きましたが、妙顕寺の拝観は10時からで、まだ開門前のため、近くの妙覺寺に行くことにしました。「妙覺寺 秋季特別拝観( 11月1日~11月30日)」開催中で、今日が最終日でした。妙覺寺も駐車場はありますが、歩いて2分ぐらいのため、車はここに置いておきます

画像
9時44分に妙覚寺の「大門」前に着きました。2016年(平成28年)11月22日に初めてライトアップで訪れたのが初めてで、この日で4回目の訪問です。

2016年のあとは、2017年(平成29年)11月16日に再びライトアップに訪れ、そして今年の1月20日には「京の冬の旅」で、初めて昼間にガイドさんの話を聞きに訪れました。そして本日、昼間の紅葉を見に来た訳です。

画像
画像
画像
大門を入ると、正面に祖師堂がありますが普段は入れません。「京の冬の旅」では堂内に入れました。そして境内を進み、左手の「庫裏」から入ります。

画像
庫裏を入って左手に「拝観受付所」があります。そこで800円を納めて靴を下駄箱に入れ上がります。

画像
画像
先ず上がる前に目に付いたのが「画家 木村英輝」と書かれた絵でしょう。ウィキペディアでは、大阪府出身の元プロデューサーで、(中略)60歳から画家になることを宣言したとありました。

画像
画像
画像
昼間の紅葉は初めての妙覺寺で、最初は中庭の紅葉を楽しみます。それより、どうも誰も居ないようで・・・。

この廊下の先に、「法姿園(ほうしえん)」と呼ばれる庭園があります。杉苔とカエデが植わったシンプルな姿をしており、日蓮宗の教えてある、“あるがままが美しい”を表した自然庭園の紅葉を楽しめます。

画像
画像
画像
画像
「京の冬の旅」では、渡り廊下を通って“祖師堂”には行けません。寒かったけど、“冬の旅”に行っといて良かったです。

こんなに綺麗な紅葉なのに、誰も居ないとは・・・あまり知られていないでしょうね。勿体ない

画像
画像
画像
画像
画像
画像
過去、2度ほどライトアップに来ましたが、やっぱり昼間の紅葉は素晴らしいです。天候も曇り空で綺麗な紅葉の写真を撮れました。

画像
次に特別拝観でしか見られない「多宝塔華芳宝塔)」の扉も開いてました。もう4度目ですからね、あっさり見て次へ。

画像
今回、堂内の写真は禁止されてましたのでありませんし、「塩澤文男の絵画」もありませんでした。そして「斎藤道三遺言状」だけ撮って、ここもあっさりと見て本堂を出て行きました。

画像
画像
画像
画像
本堂を出て、次に「箱庭」を見るため寄りました。ここは2017(平成29年)年から公開されたので、ここは3度目です。

画像
最後に「書院」です。ここでは妙覺寺を紹介するビデオが流れてました。ここは4度目にして初めて入れました。

画像
画像
画像
画像
画像
ここは9時55分頃に出ました。出ると外で入ろうか止めようか迷われてるんでしょうね、私に声を掛けてきて「紅葉、綺麗ですか?」と尋ねて来てました。

私は「綺麗でしたよ」と答えたので入って行かれましたが・・・私は、綺麗だと思いましたが、個人差があるのでね

ここから別に急ぎはしませんが、くるまを置いてある妙顕寺に向かいました。妙顕寺の紅葉はどうでしょうか?

【妙覺寺】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック