「京都野外彫刻展」を開催中の京都府立植物園へ

護王神社から次に向かったのが、「京都野外彫刻展」を開催中の京都府立植物園でした。

CIMG0261.jpgここには9時15分に着きました。年間パスポートがあるので、正門前で係の方に見せ直ぐに園内に入りました。

CIMG0262.jpgCIMG0264.jpgほぼ毎月一度は来てますが、この“チョウセンアサガオ”だんだん背丈が伸びてきてますね。

CIMG0266.jpgCIMG0268.jpgCIMG0271.jpgCIMG0272.jpgその足元には“ヒャクニチソウ”や“サルビアレウカンタ”などが綺麗に咲いています。サルビア・・・真っ赤なイメージがありますが珍しい品種ですよね。

CIMG0413.jpg
この日は、綺麗な花はもちろん、この時期に開催されている「京都野外彫刻展」を見に来ました。この手前に受付があって、園内の何処に展示されているか作品一覧表をいただけるので、それを持ってこれから回ります。

CIMG0274.jpg
「みつめる人」杉村 仁


CIMG0275.jpg
「自由に在るということ」河田 博子


CIMG0276.jpg次は彫刻をひとまず置いて、観覧温室前の花を見ていきます。「センチニコウ(オードリー ピンク インプ)」と書いてありました。

CIMG0278.jpg手前は「ケイトソウ」で、赤が映えます。奥は夏の花のイメージがありますが「カンナ」がまだ咲いていました。

CIMG0279.jpg
「ベラスケスは空へ」抜水 政人


CIMG0281.jpg
「DANCING」山口 裕之


CIMG0283.jpg
招待作家「忘却の石」多羅 信綱


CIMG0285.jpg
「メビウス」諌本 竜一


CIMG0287.jpg
「ふれていし」寺池 厚志


CIMG0289.jpg
「む」外磯 秀紹


CIMG0291.jpgCIMG0292.jpg花壇を見ると、夏の主役であった「ヒマワリ」は終わりですね。この日は天気が良くて綺麗な花が青空に映えます。

CIMG0293.jpg
「あかとんぼ」岩木 幹雄


CIMG0298.jpgここから斜め東に、北山門に向かいます。春は綺麗に桜が咲き誇り、秋には真っ赤に色づく並木道です。

CIMG0299.jpg
「無限柱19926」柴田 純生


CIMG0301.jpg
「MAN」窪田 萬太郎


CIMG0303.jpg
「海辺」柏木 みどり


CIMG0305.jpg
「トルソ」大杉 直


CIMG0307.jpg
「座,M」多田 裕


CIMG0309.jpg
「森の守り人Ⅱ」岩重 圭子


CIMG0311.jpgCIMG0314.jpgここから彫刻展の作品はありません。北山門を目指していると、珍しい黄色の彼岸花を見つけました・・・と思いきや「ショウキズイセン」でした。

CIMG0315.jpgそれで正真正銘の彼岸花が、この先に咲いていました。この時期で咲いているのは珍しいなぁ・・・と。

CIMG0318.jpg北山門の前にも花壇があるので見て行きます。先ずは「クレマチス」から。

CIMG0320.jpgCIMG0324.jpgCIMG0326.jpgCIMG0329.jpgCIMG0330.jpgCIMG0331.jpg北山門近くの花壇までやって来ました。いつ来てもここの花壇は綺麗です。ただ、これから入替されるのでしょうか業者が作業されてました。次も楽しみですよね

それでは「京都野外彫刻展」を見ていきます。ここには約50点の作品が野外展示されています。まだ半分も見てないかと思います。昨年も来ましたが、全て見た・・・とは言い切れないので、今年はリベンジしに来た訳です

CIMG0333.jpg
「生命のヴォルテックス」ドン達哉ムチャチョ


CIMG0336.jpg
招待作家「たたぬなみ」髙松 威


CIMG0338.jpg
招待作家「ゼフィランサス」谷 知也


CIMG0340.jpg
「再生への祈りⅤ」小倉 輝正


CIMG0342.jpg
招待作家「不時着」柴垣 めぐみ


CIMG0344.jpg
招待作家「何度でも何度でも何度でも」山田 真也


CIMG0346.jpg
「EHO-恵方(2019 南南東 N35°02'53"E135°45'51")」山田 実


CIMG0348.jpg
招待作家「正しいと信じる事」三浦 哲平


CIMG0350.jpg
招待作家「連理状態(柵んで立つ)」小牧 徳満


CIMG0352.jpgここで「京都野外彫刻展」を外れて、“西洋庭園”を見に行きます。遠くにコスモスが見えていますが・・・。

CIMG0353.jpgCIMG0354.jpgCIMG0358.jpgCIMG0359.jpgCIMG0356.jpgCIMG0357.jpg昨年に比べて咲き具合はイマイチですね、これから咲き始める・・・と私は思いました。気温が高かったからでしょうか。

いよいよ「沈床花壇(ちんしょうかだん)」と呼ばれる庭園に入ります。この模様は後編で

【京都府立植物園】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント