京都府立植物園「京都野外彫刻展」と「第3回植物園彫刻小品展」へ

京都府立植物園内にある「沈床花壇(ちんしょうかだん)」は、ここに来たときには必ず寄ります。いつ来ても空いているのが魅力かなぁ

CIMG0362.jpgCIMG0363.jpgCIMG0364.jpgCIMG0365.jpgCIMG0369.jpgCIMG0374.jpgCIMG0375.jpgここも花の入替あるのかも知れませんね。作業をされてました。「カンナ」綺麗ですね、夏場からずっと咲き続けています。

ここはあっさり見て、また、元に戻ります。ここで一つ・・・見逃した作品がありました・・・「循環する中で」(若林 亮)気がつかなくてごめんなさい・・・です。

CIMG0376.jpg
「fictional plate」堀 健


CIMG0378.jpg
「STAIRS」山崎 良


CIMG0380.jpg
「悠姿」は長谷川 邦嘉


CIMG0382.jpg
「Space dogu」橋本 菖


CIMG0384.jpg
「夕影Ⅰ」藤裏 巧人


CIMG0386.jpg
「丘の青年」武智 陸


CIMG0390.jpg
「窓」阿草 健吾


CIMG0392.jpg
「抱容 Embrace」江藤 佳央琉


CIMG0394.jpg
「ドラマステッィックな行き方」水島 太郎


CIMG0396.jpg
「出ることから始まる」北村 香織


CIMG0399.jpg
「貞観」水嶋 康宣


CIMG0401.jpg
「家族」渡邊 悟空


CIMG0403.jpg
「六地蔵神社へようこそ♭」佐藤 浩二郎


CIMG0405.jpg
「奏でるⅡ-3」松下 幸夫


CIMG0407.jpg
「うさぎとかめ」山本 由有


CIMG0409.jpg
「Soilart(a column)」近藤 嘉晃


CIMG0411.jpg
「Resilience」ノブコ・ウエダ


前途したとおり、一つの作品を通り過ぎてしまいました。重ね重ね残念ですし、申し訳ないなぁ・・・と。そして次は「第3回 植物園彫刻小品展」を見に行きます。

CIMG0496.jpgCIMG0493.jpg場所は「植物園会館2階多目的ホール」です。1階で少しばかり休憩したあと、階段を上がってホールに向かいます。

CIMG0491.jpg
作品は、全部で34作品もあります。ここは昔、レストランがありましたね、ここで食事をしたことを思い出しました。

CIMG0488.jpgCIMG0487.jpg受付は、お一人で。そして先客もお一人でしたし、撮影もOKでしたので、ここも一つ一つ見ていきます。

CIMG0486.jpg右から「Walk-walk」進藤 裕、「年輪」北波 紀子、「Pleasure」白鳥 一晴、「6面体と8面体」藤沢大、「Chronicle」山崎 良。

CIMG0417.jpg
左から「天使」木代 喜司、「あなたとわたし」山本 由有


CIMG0421.jpg
左から「ある日」開道 尚子、「Plants」岡村 正博


CIMG0426.jpg
「花見する」藪内 ます美


CIMG0428.jpg
「しずむ」梅鉢 昌代


CIMG0425.jpg次は左手の手前から「ミュージシャン」柏木 みどり、「小さなトルソにやや大きめな手」吉良 幸弘、「浅き夢」石田 陽介、「蓬莱山」横田 朋子。

CIMG0438.jpg
「種」北村 香織


CIMG0440.jpg
「記憶、そのⅢ」齊籐 修平、「顔」水嶋 康宣。


CIMG0444.jpg
「ピンク色の衝動」貴志 カスケ


CIMG0446.jpg
「ヤドカリⅠ型」藤原 正和


CIMG0448.jpg
「F」多田 裕


CIMG0450.jpg
「EHO-恵方(2019東北東 八白)」山田 実


CIMG0452.jpg
「内なる想いⅢ」小倉 輝正


CIMG0454.jpg
「Soil art(ring)」近藤 嘉晃


CIMG0456.jpg
「仄見える」江藤 佳央琉


CIMG0458.jpg
「奏でるⅡ-1」松下 幸夫


CIMG0462.jpg
左から「視る」岩重 圭子、「風を探して」長谷川 邦嘉。


CIMG0464.jpg
「2つの立方体」柿本 香


CIMG0466.jpg
「八腕目鎖帷子 其ノ四」半田 哲生


CIMG0478.jpg
「流動あるいは変動」ジェームズ ベーカ


CIMG0480.jpg
「FLOR DE DESIERTO」村上 泰造


CIMG0482.jpg
「女性」高林 敏雄


CIMG0489.jpg
「Relation 2017、関係」伊勢 信子


全34作品をゆっくり見て回りました。先程園内でみた“彫刻展”と同じ作家名も目にしましたね。ここまで入って来られる人が少ないで少々恥ずかしい思い出、ここを出て行きました

CIMG0499.jpgここから駐車場に向かいました。もう園内を回る気力はありません。駐車料金は1時間を超えているので、それは納得です。

昨年も行きましたが、今年も年間パスポートがあるので寄って視ました。彫刻展は、10月14日までの17日間も開催されてましたし、“京都府立陶板名画の庭”でも展示されてるようで、また行ってみたいです。ここには10時15分に出て、帰路につきました。

【京都府立植物園】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント