6年振りの参観 仙洞御所へ【後編】

6年振りに訪れてた仙洞御所は、参観入口も「正門」から「北門」に変わってたり、「参観者休所」も新しくされてたりして、戸惑うこともありましたが、参観内容については、以前と同じでしたね。ただ何箇所か休憩時間は無かったです。前編で北池から南池までやって来て、これから「八つ橋」を渡るとこから再開です

IMG_4128.jpgガイドさんの話を皆さんと一緒に聞いてて、橋が終えられたので、この「八つ橋」を9時52分に渡りました。

IMG_4131.jpgIMG_4132.jpgIMG_4134.jpgIMG_4135.jpg八つ橋」を渡ると、北側に滝殿跡があります。ただ、どのような建物だったか分かりません。日差しが強かったので「藤棚」の中は涼しかったです。

IMG_4136.jpgIMG_4140.jpg八つ橋」を渡った先は、「中島(蓬莱島)」で、ここには釣殿跡がありました。譲位された後水尾天皇が宴を催したと伝わります。ここにある大きな「雪見灯籠」は、寒水石(茨城県産の大理石)で造られ、水戸光圀公からの献上ものだとか。

IMG_4141.jpgここから「南池」の北岸を見ています。「出島」の横には参観不可の「土佐橋」も見えていました。ちょうどサツキの咲く頃、綺麗でした。

IMG_4142.jpgガイドさんに付いてある行くと、遠くに「醒花亭」が見えてきました。あそこが仙洞御所の南端です。

IMG_4147.jpgIMG_4146.jpg「醒花亭」に着くと、ガイドさんが「振り向いて見て下さい、綺麗ですよ」と言われたので皆さん写真を撮られます

IMG_4149.jpg南池の南岸から桜の馬場沿いの広大な州浜に敷き詰められた丸石・・・「一升石」は美しいです。

IMG_4150.jpgIMG_4151.jpgIMG_4153.jpgIMG_4154.jpgIMG_4155.jpgここでも以前のように休憩は無かったです。ただ時間は取られていたので、「醒花亭(せいかてい)」は、北面にして建っている茶亭です。内部は覗くだけでした。

1854年(嘉永7年)に起きた大火によって、「醒花亭」を残して焼失しており、これ以降、居住される上皇がおられないために御殿は再建されず、庭園だけがその面影を残しています。

IMG_4158.jpg仙洞御所は、秋の紅葉は見事です。ただ、この辺りの桜も綺麗でした。何も知らずに初めて行ったのが、2007年(平成19年)4月8日で、桜は綺麗でした。

IMG_4160.jpgこの先に、少し小高い所があります。「さざえ山」と呼ばれており、案内では古墳跡だそうです。

IMG_4163.jpgIMG_4165.jpg綺麗な州浜を見ながら、北上すると遠くにお社が見えました。そこで案内があって「柿本社」と聞きました。

歌人で知られる柿本人麻呂が祀られている社で、第112代・零元上皇が、度重なる京都御所・仙洞御所の火災から御所を守・・・守り神として勧請したものです。

IMG_4167.jpg「柿本社」の前で案内されているガイドさんの奥の林の中・・・ここ御殿があった跡地で、大正天皇・昭和天皇の大嘗祭は、ここで行われたそうです。令和の大嘗祭も、そうですが、そのあと直ぐに取り壊されたので何も残っていません。

IMG_4166.jpgIMG_4170.jpgIMG_4173.jpgIMG_4174.jpgIMG_4178.jpgIMG_4181.jpgこの苑路の左側(西側)が、旧仙洞御所の御殿が建っていた所です。天気が良く暑かったけど、再び「紅葉橋」まで戻ってきました。

IMG_4182.jpgIMG_4183.jpg帰りは、「紅葉橋」を渡りません。そのまま北に進み「紅葉山」や「蘇鉄山」を見ながら、最後の案内地までやって来ました。

最後は茶室「又新亭(ゆうしんてい)」で、1884年(明治17年)に近衛家から献上された茶室です。時間は10時9分になっていました。

IMG_4184.jpgIMG_4185.jpg上の写真が、「外腰掛(そとこしかけ)」があって、飛び石づたいに茅葺きの「中門」があります。

IMG_4192.jpg茶室又新亭(ゆうしんてい)」は、英照(えいしょう)皇太后(孝明天皇皇后)のたっての希望で移設されたとか。

IMG_4193.jpg茶室又新亭(ゆうしんてい)」の「円窓(えんそう)」の案内がありました。この円い窓は、禅の究極「円相(えんそう)」に通じているとか。

IMG_4188.jpgIMG_4195.jpgIMG_4196.jpgもとは修学院離宮上御茶屋より移築した茶屋「止々斎(ししさい)」がありましたが、前途したとおり火災で焼失しため茶室「又新亭(ゆうしんてい)」が移設されました。

IMG_4187.jpgIMG_4191.jpgIMG_4197.jpgガイドさんは出て行かれたので、急いで「北池」をもう一度写真に撮ったあと、素晴らしい天気に映える庭園を出て行きました。

IMG_4198.jpgIMG_4201.jpg急いで戻ると、ガイドさんの話は終わってました。時計は10時16分でした。行きで撮れなかった「大宮御所車寄」を撮って、参観者休所に戻りましたね、参観時間は約40分・・・過去と同じでした。

IMG_4202.jpg休憩所に置いてあった荷物を取りに戻り、トイレ休憩をしたあと出て行きました。出ると私らが最後だったようで、皇宮警察の方が、直ぐに「北門」を閉められました・・・早っ

IMG_4058.jpgIMG_4203.jpg暑さで、少々お疲れ気味で「清和院駐車場」に戻って、出て行きました。時間は、9時00分から10時28分。3時間で800円でした。

久しぶりの仙洞御所は、綺麗でした。何度か来てる仙洞御所で、快晴は初めてでしょうね、いつも雨降りでしたから。この先も新型コロナウイルス感染を注意しながら、ボチボチ京都を散策していきたいと思っています。以前のような賑わいはまだまだ先でしょう。

【仙洞御所】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント