見晴台から京都市街地を一望 嵐山 虚空蔵法輪寺へ

9月7日(月)は、嵐山 虚空蔵法輪寺に行きました。ここには2014年(平成26年)8月16日の「法輪寺 送り火観賞と勤行参列輪寺」と2017年(平成29年)12月16日の「嵐山花灯路」で来ています。ただ嵐山にあるので、ここの近くには何度も通ってますが・・・

IMG_8054.jpgIMG_8055.jpgIMG_8056.jpg朝、所用を済ませて車で法輪寺に向かうと、駐車料金1000円と書いてあって、あまりの高さにUターンして家に帰り、徒歩で法輪寺に行くことに。そして「渡月橋」を徒歩で渡っています。

ここから渡月橋の中程まで来ると、南には大文字山が見えます。五山の送り火で唯一見えるポイントですが、今年は・・・残念でした。そして愛宕山や鳥居本も見えます。

IMG_8057.jpgIMG_8058.jpg
渡月橋を渡りきると、法輪寺の裏山道の入口があるので、今日はここから登ることにしました。

IMG_8059.jpgIMG_8060.jpg少し登ると「裏門」があって、ここが開くのは時間が決まっているので早朝や午後5時を過ぎると閉まっているので注意です。

IMG_8061.jpgIMG_8062.jpgIMG_8063.jpg緩やかな石段を上がって行くと、右手には舞台が見えてきます。今日はここからの眺望を見に来ました。

IMG_8064.jpgIMG_8066.jpgそのまま進むと、正門から通じる石段が現れるので、そこを登って行くと、突き当たりに「本堂」が見えてきます。

IMG_8067.jpgお参りの前に、展望台に行ってみます。正式には「見晴台」と言うそうですが・・・この時間では誰もいません。

IMG_8068.jpg入ると左半分が立入禁止でした。工事中なんでしょうか?天気が良いので眺望良さそうです。

IMG_8069.jpg先ずは正面に霊峰比叡山を、そして東山三十六峰も天気が良いので綺麗に見えています。

IMG_8070.jpg木々が邪魔で、渡月橋が見えたり見えなかったり・・・左には愛宕山が見えています。あの暑い日に登りました。

IMG_8073.jpgIMG_8075.jpg南側に移動すると「京都タワー」が見えていたので望遠で撮りました。肉眼でも結構綺麗に見えていましたね。

IMG_8077.jpg2014年(平成26年)8月16日では夜間も開放され、「五山の送り火」の鳥居形が綺麗に見えました。毎年、8月16日は開放されてるようです。

IMG_8078.jpgIMG_8080.jpgIMG_8082.jpg見晴台が半分見られなかったのは残念です。渡月橋が綺麗に見えなかったですね、次に「手水舎」の前を通って本堂に向かいます。

IMG_8083.jpg本堂の前に、先に「多宝塔」に上がりました。1934年(昭和9年)12月に工事が始まり、1936年(昭和11年)9月に竣工しました。

IMG_8084.jpgIMG_8085.jpg上がってから奥には「針供養塔」や「鐘楼」がありました。この鐘楼は何処からあがるのでしょうか?

IMG_8090.jpg多宝塔」の奥に「収蔵庫」が見えています。この時は、すっかり忘れてましたが、2014年(平成26年)8月16日の「法輪寺 送り火観賞と勤行参列輪寺」時には内部に入れました。

内部は撮影禁止でしたので、写真は残っていません。「持国天像(重要文化財)」「多聞天像(重要文化財)」(鎌倉時代初期の作)が見られました。

IMG_8093.jpgIMG_8095.jpgこの石段を上がった所に「宝塔」があります。法輪寺では平安時代より毎年12月8日に「針供養」が行われており、その際に皇室から下賜された針を宝塔に納められています。

IMG_8096.jpgIMG_8097.jpgIMG_8098.jpgIMG_8099.jpg本堂」前でお参りは済ませました。ご本尊「虚空蔵菩薩」が祀られており「嵯峨の虚空蔵さん」として親しまれています。

こちらも前途した2014年(平成26年)8月16日の「法輪寺 送り火観賞と勤行参列輪寺」時には内部に入れました。

IMG_8081.jpgIMG_8100.jpg帰りは表参道から降りて行きます。少しだけ降りると「電電宮」の入口があるので寄って行きました。

IMG_8101.jpgIMG_8102.jpg電電宮」は、法輪寺の鎮守社五社の一つであった電電明神が祀られています。幕末の兵火で焼失しましたが、1969年(昭和44年)に新社殿が再興され今日に至りました。

IMG_8104.jpgIMG_8105.jpgIMG_8106.jpgこちらには「獣魂供養塔」があって、毎年4月中旬、京都市食肉協同組合が主催し、畜肉の獣魂を慰霊する法要が行なわれるそうです。

IMG_8108.jpgIMG_8109.jpgしばらく石段を降りていくと、今度は左手に「電電塔」があって、トーマス・アルバ・エジソン(右)・ハインリヒ・ヘルツ(左)の胸像が飾ってあります。お二人とも電気電波の発展隆昌に貢献されました。

IMG_8110.jpg
ハインリヒ・ヘルツ

IMG_8111.jpg
トーマス・アルバ・エジソン

IMG_8114.jpgこちらが虚空蔵法輪寺の「正門」です。いったん門を出て外から撮りました。ここから石段を一気にあがると本堂が目の前に現れます。

IMG_8115.jpgIMG_8116.jpg正門にあたる「山門」を降りてくると、左に「稲荷大明神」が祀られていました。多分鎮守社の一つなんでしょう。

IMG_8117.jpgIMG_8118.jpgIMG_8126.jpg車で来たら、少し上がった所にある駐車場に車を止めるのでしょう。ただ1000円は高いですね、でも平日のこの時間では誰も居ませんが・・・。

IMG_8120.jpgIMG_8121.jpgIMG_8125.jpgIMG_8127.jpg帰る頃時計を見ると9時54分でした。境内で先客1組2名が居ただけで、そのあとは誰も来られませんでした。

帰りも渡月橋を渡って帰りました。少し涼しくなかったかなぁ・・・と思いきや、結構汗をかきました。まだまだ日差しは強いです。今日はここだけで帰りました。

【虚空蔵法輪寺】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 39

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント