平安時代には水尾山寺のあった地に建つ 円覚寺へ

清和天皇社の鳥居から、細い通路を抜けると京都市立水尾小学校の校庭に出ました。驚いたことに車も止まってましたね、ここまで車で来られるみたいですけど、あくまで校庭内です。許可は必要でしょう

この校庭内に、粟田山と号する浄土宗の寺院「円覚寺」がありました。

IMG_0079 (1).jpg円覚寺の全景です。今日は12月23日の15時5分頃・・・小学校の終業式は24日だと思うので、児童は居ないように思えました。

IMG_0074.jpg向こう正面に見えているのが、小学校の校門だと思います。それにしても校庭でしょうか、荒れてますね。

IMG_0081 (1).jpgIMG_0077.jpgIMG_0078 (1).jpg本堂の前には清和天皇のの第六皇子である貞純親王(さだずみしんのう)の「供養塔」と伝えられるものがありました。

水尾 円覚寺は、平安時代には水尾山寺のあった地にあります。浄土宗の寺院で、山号は粟田山。本尊は薬師如来座像で、50年に1度御開帳される秘仏です。もとは鴨川の東にあった粟田山荘(現在の平安神宮あたり)内にあり、しばらく清和上皇が住み、亡くなった寺です。清和天皇は譲位後の880年(元慶4年)3月、水尾山寺に入寺、終焉の地と定め仏堂の造営に着手したが、ほどなく病のため洛東粟田の円覚寺へ移り、同年12月4日同寺にて崩御。円覚寺は室町時代の1420年(応永27年)に焼失し、天皇と因縁のある水尾山寺に移され、寺号を併称するうち、円覚寺の名のみが残りました。円覚寺六斎念仏(重要無形民俗文化財)が今も伝わり、毎年、8月14日、16日と地蔵盆に、円覚寺六斎念仏講保存会が六斎念仏を奉納しています。

IMG_0082 (2).jpgIMG_0083 (1).jpg朱印帳を持参して来ましたが、期待してなかったので玄関のベルは押しませんでした。見た所、多分留守でしょうね。

ここから清和天皇社の鳥居に戻り、急な坂道を下って行き、車に15時10分頃に戻りました。あと水尾地区で残っているのは、清和天皇 水尾山陵ですね、山道を約300㍍ほど登るみたいですけど、いつかは行ってみたいと思っています。今日は、これで帰りました。

【水尾 円覚寺】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 76

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント