「旧 雲龍図」鈴木松年画伯筆が特別公開中の天龍寺 大方丈へ

天龍寺塔頭 弘源寺を出て、お墓参りを済ませたあと、車に戻ろうとしましたが、やっぱり天龍寺大方丈内で特別公開中の「旧 雲龍図」鈴木松年(すずきしょうねん)画伯筆のが見たくて、入ることにしました。 この時、10時00分でしたが観光客は格段に増えています。お堂の拝観は「庫裏」の中にあって、拝観料は先に庭園を見ているので300円で済みまし…
コメント:0

続きを読むread more

「春の特別拝観」天龍寺塔頭 弘源寺へ

宝厳院で共通券を買ったので、次に天龍寺塔頭 弘源寺に向かいました。 臨済宗・天龍寺塔頭。1429年(永享元年)室町幕府の管領であった細川持之が、天龍寺開山である夢窓国師の法孫にあたる玉岫禅師を開山に迎え創建。当時は広大な寺領を有したが、幾度かの火災に遭遇し、1884年(明治17年)に末庵である維北軒と合寺した。枯山水の「虎嘯の庭」…
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の名所「天龍寺塔頭 宝厳院」にも桜が咲く

天龍寺の曹源池庭園を出て、法堂前に止めている車に戻らず、そのまま南に歩いて行きます。 すると、この看板が出ていました。このまま南に歩いて行くと大堰川に出て、嵐山の桜が見えるでしょうけど、次の目的地はこの看板でした。 天龍寺塔頭 宝厳院は、秋の紅葉の名所で知られています。京都屈指と言って良いでしょう。しかし、桜も少ないですけど…
コメント:0

続きを読むread more

春爛漫「天龍寺曹源池庭園」満開の桜

昨日の元離宮二条に引き続き、3月26日(金)は、天龍寺曹源池庭園の洛西随一と言われる枝垂れ桜を見に行きました。この日、京都地方気象台は京都の桜(ソメイヨシノ)が満開を迎えたと発表されました。平年より10日早く、去年より4日も早く、記録が残る1953年(昭和28年)以降で最も早い満開という。新聞情報によると天龍寺も、いち早く満開となってい…
コメント:0

続きを読むread more

京都地方気象台「ソメイヨシノ(桜)の標本木」がある元離宮二条城へ

3月25日(木)は、桜が咲く時期には久し振りとなる元離宮二条城に行きました。2017年(平成29年)に「春の早朝特別参観」に、2018年(平成30年)に「桜まつり2018ライトアップ」に行って以来かと思います。 元離宮二条城は、8時45分に開城されます。それにあわせて二条城の駐車場に入り、「東大手門」から8時53分に入城しました。…
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 龍安寺「石庭」へ

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 龍安寺 蔵六庵・「芭蕉図」を見たあと、次に龍安寺の通常拝観を見ていきます。特別拝観から石庭を見てみると思わず「空いてるなぁ」とつぶやきました。(Twitterやってません) コロナ禍の前は外国人観光客が、何列も横に並んで座って石庭を鑑賞されていたからです。今は十数名の方が…
コメント:0

続きを読むread more

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 龍安寺 蔵六庵・「芭蕉図」へ

3月22日(月)は、1都3県に出されていた緊急事態宣言が解除された最初の平日でした。京都市は、この日から飲食店などに対する午後9時までの営業時間の短縮要請が解除されました。桜もまもなく満開となるぐらい春爛漫と言いたいところ、この日は寒の戻りで寒かったです。そんな寒いなか、第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 龍安寺 蔵六庵・「芭蕉…
コメント:0

続きを読むread more

本来なら1月に公開予定だった智積院諸堂へ

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 智積院(宸殿)の拝観を終えたら、新型コロナウイルスの感染拡大により緊急事態宣言の発出のため拝観が中止された智積院「密厳堂(みつこんどう)・三部権現社・求聞持堂(ぐもんじどう)」を見に行きます。 収蔵庫を出て、参道を真っ直ぐ東に進むと正面に「金堂(こんどう)」が見えます。こちらが総本山智積…
コメント:0

続きを読むread more

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 智積院(宸殿)へ

「京の冬の旅」も三箇所回って、スタンプラリーのスタンプを貯めて特典も受けました。ただ、通常公開している智積院の宸殿が特別に公開されていることもあって、4箇所めですが3月19日(金)に行ってきました。 今回、智積院は第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開で、1月9日から1月31日までは「密厳堂」「三部権現社」「求聞持堂」の特別公…
コメント:0

続きを読むread more

妙心寺 花園会館 「花ごころ」へ

今年の「京の冬の旅」は、緊急事態宣言が出されたことで期間が短縮となり、例年通りのスタンプラリー“ちょっと一服”の特典の延長はされなかったので、三箇所回るのが精一杯でしたね。それで、その特典を受けるため妙心寺 花園会館 「花ごころ」にやって来たわけです。 天気は良いけど、黄砂と花粉でマスクは手放せません。ただ昨年から、コロナ禍のため…
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺「法堂 大庫裏」へ

仁和寺の「金堂 五重塔」の拝観を終え「3箇所まわってちょっと一服」のスタンプが3個貯まったので、その特典を受けに妙心寺にある花園会館を目指しました。仁和寺の駐車場から妙心寺の第二駐車場まで、約5分ぐらい10時40分頃に着きました。レストランは11時に開店するので、まだ時間に余裕があります。そこで今年から団体拝観から自由拝観に変更となった…
コメント:0

続きを読むread more

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 仁和寺「金堂 五重塔」へ

世界文化遺産の仁和寺には、何度も行ってます。有料拝観では「御殿」、「御室桜」に昨年行きました。通常非公開の、仁和寺の本堂にあたる金堂には、2018年(平成30年)12月14日に「仁和寺 秋の特別拝観 金堂裏堂 五大明王壁画」の時に入っています。また、2019年(令和元年)5月24日には、2012年(平成24年)から6年にわたって半解体修…
コメント:0

続きを読むread more

車折神社の桜

車折神社では、早咲きから遅咲きまで時期を置いていろんな桜が咲きます。車折神社の入口から綺麗に咲いている桜が見えるので何度か見に行った訳です。 表参道入口に咲いている「カンヒサクラ(寒緋桜)」。台湾、中国南部、沖縄などに自生する原種の桜。 表参道を入った左手(西側)にある「水神社(すいじんじゃ)」横の、早咲き桜。 …
コメント:0

続きを読むread more

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 大徳寺塔頭 聚光院へ

大徳寺塔頭 瑞峯院を出たら、次に第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 大徳寺塔頭 聚光院に向かいました。ここは2014年(平成26年)1月25日に一度来ています。ただ、その時は前年の台風18号による強風で倒木による屋根が被災したことにより、方丈の屋根の修復工事が行われていました。そのため庭園が見られないほど景観が損なわれていたため…
コメント:0

続きを読むread more

第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 大徳寺塔頭 瑞峯院へ

今年の「第55回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」は、京都に緊急事態宣言が発出されたことで、1月9日(土)から2月28日(日)まで中止されました。解除後の3月1日(月)から再開されましたが、期間は当初の3月18日で終わる寺院や4月11日(日)まで延長される寺院などマチマチです。ただ毎年恒例のスタンプラリーは当初の予定どおり3月18日で…
コメント:0

続きを読むread more

フォルクス 北山通店へ

京都府立植物園を出て、北大路通りに出て西に向かい賀茂川を渡る北大路橋の西詰に行き信号を右折し北に向かいます。そして次に北山通りに出るので右折し、賀茂川を渡り東に進み直ぐの所にある「フォルクス 北山通店」に着きました。 11時17分に着きましたが、密を避けたかったので、本当は11時過ぎには来たかったのが本音です。 この時は席が…
コメント:0

続きを読むread more

「早春の草花展」を開催中の京都府立植物園へ

京都府立植物園の観覧温室内をゆっくり回って、最後の「ラン室」を出て来ました。 ここは休憩所になっていますが、イベントがあれば会場として使われます。今日は何も無いので直ぐに出て行きました。 ここを出たのが10時36分でした。ここから南に下がって正門から出て行くこともできましたが・・・。 ここに来てから知ったことなんですが…
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園 観覧温室「砂漠サバンナ室・高山植物室・ラン・アナナス室」へ

京都府立植物園内にある有料の観覧温室に入って、「冷房室」まで見て来ました。 ここから「砂漠サバンナ室」になって、西部劇に出てきそうな風景に変わりました。室内ですが、今日は天気が良かったので青空が良く映えます。 この辺りには「マダカルカル島の植物たち」と題して、ディディエレア科やバオバブ、パキポディウム、カランコエなどの乾燥地…
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園 観覧温室「熱帯ジャグル室・熱帯有用作物室・冷房室」へ

京都府立植物園の「観覧温室」は2019年(平成31年)7月12日以来入ってないので、久し振りの訪問です。 この時、時計を見ると10時5分になっていたので開館時間は過ぎてます。今日は10時から開館する「観覧温室」に入りつもりできたので、今から入館します。 観覧温室は、外観は池に浮かんだ金閣寺のイメージと、…
コメント:0

続きを読むread more

遅咲きの梅と春の花が咲き誇る「京都府立植物園」へ

京都府立植物園では、早咲きの桜が咲いている「桜林」の東に「梅林」もあります。例年だったらこの時期にはまだ梅は咲いている筈です。園内MAPの看板で確認し向かいました。 この梅林には、花梅を中心に約60品種、150本がここに栽培されています。ただ時期的に花吹雪が舞ってましたね。 最初は「色玉垣」からで別名「飛梅」と言います。案内…
コメント:0

続きを読むread more

早咲きの桜と遅咲きの梅が咲く「京都府立植物園」へ

3月10日(水)は、早咲きの桜を期待して京都府立植物園に行きました。天気予報は良かったですが、朝は曇ってて少し肌寒い気候なか開園時間の9時頃に着きました。 着くと誰も並んでません。まだソメイヨシノは咲いてませんから空いてました。入園料は200円ですが、私は訳あって無料で入ります。 花壇も、植え替え時期な…
コメント:0

続きを読むread more

京・YUNOHANARESORT翠泉【二日目】

京・YUNOHANARESORT翠泉で2日目です。昨日の朝、亀岡市では雪が降ったそうで、積もりはしなかったみたいですが寒かったみたいです。そして2日目の朝も冷え込みました。ここから近い南丹市園部町では氷点下0.1℃だったみたいで、ここも多分山手だし氷点下だったと思います。 いつものように朝早く起きて、バルコニーに出てみました。する…
コメント:0

続きを読むread more

京・YUNOHANARESORT翠泉【一日目】

千年の都、京の奥座敷「湯の花温泉」。京都府亀岡市の中心部から西へ約7㌔、静かな山あいにある湯の花温泉。はるか戦国時代、傷ついた武将たちが刀傷を癒したとの伝説を残す古い温泉郷です。 この日、15時前に着いたのが「京・YUNOHANARESORT翠泉」でした。いろいろ何処の旅館にするか考えていたとき、決めてになったのが、客室が13室し…
コメント:0

続きを読むread more