妙心寺塔頭 東海院「沙羅の花を愛でる会」へ

6月15日~30日まで、通常非公開の妙心寺塔頭 東林院(とうりんいん)で、「沙羅の花を愛でる会」が開かれます。私は2006年(平成18年)6月20日と2011年(平成23年)6月25日の過去2回行ってました。もう10年も行ってないので今年は行ってみようと思っていたところ、21日(月)の天気が朝から快晴だったとことから、用事を済ませてから妙心寺に向かうことに。

IMG_7245.jpgIMG_7246.jpgいつものように、妙心寺第二駐車場に車を9時40分頃止めました。東林院の開門は9時30分からで、思っていたより早く着けました。

IMG_7249.jpgIMG_7248.jpg映画やドラマの撮影で使われる、石畳をゆっくり歩いていき、ようやく山門が見えてきました。

IMG_7251.jpg山門前に受付があるので、そこで1600円を納めます。そのとき名前を聞かれるので、名前を書かれた「茶券」を忘れずに持って入ります。

IMG_7252.jpgIMG_7253.jpgIMG_7256.jpg山門から玄関まで見所がありますが、先ずは「方丈」を目指します。この時、9時50分頃でしたが、既に多くの靴がそこにありました。

方丈に上がると、拝観券と茶券を渡します。さほど広くない方丈には、ざっと20名弱の人が来られていました。やっぱり人気ありますね。先に、まだ縁側に人が少ない間に庭の写真を撮ろうとしたら、直ぐに名前を呼ばれたので座ることに・・・

IMG_7264.jpgIMG_7265.jpgお菓子は「鼓月」さんの沙羅の花をイメージした、ここでしか食べられない和菓子、干菓子をいただきました。

IMG_7267.jpg私がお菓子をいただいてると、後ろを振り返ると誰も居ません。ここに入ったときは、6名の方がお菓子を食べられていたんですが・・・。

IMG_7268.jpgIMG_7269.jpgIMG_7270.jpgIMG_7271.jpgお菓子のあとは、急いで「本堂前庭」にある、10数本の沙羅双樹からなる「沙羅の林」で、青苔に落花した沙羅の花を眺めました。

IMG_7275.jpgIMG_7281.jpgIMG_7277.jpgIMG_7280.jpg
IMG_7304.jpgIMG_7309.jpgIMG_7310.jpgIMG_7308.jpg
方丈の西側にも沙羅の花が落ちてます。多分、お寺の方が綺麗に並べて行かれるのでしょう。

沙羅の花は「ナツツバキ」と呼ばれ、白い椿のような花を咲かせますが、一日に落花してしまいます。そのはかなさが拝観者の心を打ちリピータの多い「沙羅の花を愛でる会」なんでしょう。そして10時10分頃に僧侶の方の説法が始まりました。以前は西川玄房住職さんがされてましたが、今日は副住職さんでしょうか分かりませんが・・・。

IMG_7296.jpgIMG_7290.jpgIMG_7292.jpgIMG_7293.jpgIMG_7299.jpg
いつの間にか、鈴なりの人です。私は縁側に座れましたが話しが終わるまで出られません。団体さんが来ないのに、この人気・・・驚きです。

今年の「沙羅の花を愛でる会」は15日から始まりましたが、沙羅の花のピークは、その15日だったようです。今年は例年になく咲くの早かったのと、私が訪れた日は天気が良すぎて、花が萎れ言われた言われました。沙羅の花は、朝に咲けば夕方から夜にかけて、パタパタと落ちてしまう「一日花」と呼ばれる可憐ではかないです。今から45年前に始められた行事で、「今日元気で庭の前に来て花を愛でられることに感謝し、幸せを感じ、お茶を一杯のんでほっこりとした気持ちになってもらう」そんなふうに思いやってますと。

約15分、面白おかしく話されました。これも人気なんですね。話しが終わると、後ろの人に縁側を譲り私は堂内のご本尊にお参りです。

IMG_7311.jpgIMG_7312.jpgIMG_7314.jpgIMG_7315.jpgご本尊は「観世音菩薩」様でした。私もそうですが、皆さん沙羅の花をお目当てに来られているので、観音様に手を合わせている人は少ないですね。

IMG_7319.jpg10時30分に、ここを出ました。新型コロナウイルスの感染対策で、座る位置も指定するシールや常に扇風機が回ってましたが、正直密でした。

IMG_7316.jpg
ここを出ると、行きはスルーしましたが、一つ一つ見て行きます。先ずはご住職手作りの「沙羅の花」で屋根に取り付けてあるそうです。

IMG_7323.jpgお隣は、何が書かれているか読めませんが「山田無文老大師作のご染筆」と案内版にはありました。

IMG_7325.jpg次に、案内版には「東海大光老大師御手作り陶板」と書かれており、「帰るとき来た時よりも美しく」と刻まれています。

IMG_7330.jpgIMG_7331.jpgIMG_7332.jpgIMG_7333.jpgそして、奥には「クチナシ」の花が綺麗に咲いてます。少し、峠は過ぎたようですが・・・。

IMG_7334.jpgIMG_7335.jpg
こちらは、一輪だけ「花菖蒲」が咲いています。ここは沙羅の花だけはなく、帰りも楽しめました

IMG_7337.jpgIMG_7338.jpgIMG_7346.jpgIMG_7347.jpgIMG_7343.jpgIMG_7348.jpg山門を出て、門前に咲いている「アジサイ」に寄りました。ただ、見頃は残念ながら過ぎてましたね、天気良すぎです・・・梅雨なのに・・・。

IMG_7350.jpgIMG_7351.jpgこちらは「松葉菊」です。足元に咲いてました。住職さんの話しでは、例年に比べると30%ほど少ないらしいです。団体さんが来ないからでしょうね。

この日、西川玄房住職さんの姿はありませんでしたが、6月22日のKBS京都「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演されました。偶然、ラジオを聞いてたら東林院を紹介され、住職さんが出てこられたわけです。お元気そうでなによりです。ここから妙心寺第二駐車場に戻り帰りました。

【妙心寺塔頭 東林院】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 84

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント