サツキ満開でピンク色に神苑が染まる松尾大社へ

5月28日(金)は、サツキが咲いているであろうと思い、松尾大社に行きました。昨年は2020年(令和2年)5月29日に行きましたが、今年は例年になく早いサツキの開花です。ひょっとしたら終わってるかなぁ・・・と、少し不安はありました。 9時52分に松尾大社の駐車場に車を入れました。平成の大鳥居をくぐり赤鳥居前には「サツキ咲いてます」の…
コメント:0

続きを読むread more

サツキ咲く庭園に比叡山を望む 正伝寺へ

常照寺の駐車場を出て、西に進み突き当たりのを南に下がって行きます。暫く住宅街を約1㎞行くと前方に紫竹西通りの信号機があるので、左折し、この先ずっと紫竹西通りを北に向いて車を走らせます。約900㍍ほど北に向いて走っいると目印の案内版が出ているので左折、そして児童公園の西側を通りを進むと、目的地の案内が出ているので、その通りに進むと今日の最…
コメント:0

続きを読むread more

天下随一希代の太夫と謳われた吉野太夫ゆかりの常照寺へ

鷹峯 光悦寺を出て、ほぼ向かいの源光庵に行くつもりでしでしたが、2019(令和元年)年6月1日より庫裏改修工事のため、拝観を休止されており今は入れません。拝観再開は来年の春頃だそうで、事前に調べて知ってました。それで、同じ鷹峯にある桜や紅葉の名所である常照寺に行こうと思い、車を走らせ約3分、9時38分に着きました。…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間 新緑が美しい鷹峯 光悦寺へ

今年は例年になく早い梅雨入りで、平年より21日も早かったです。5月16日に入りましたが、その週はほぼ雨降りで、週末にようやく晴れてきました。5月25日(火)の予報は晴れてでしたが、黄砂の襲来を予測していました。なお、日曜日は晴れましたが、昨日は午後から雨降りでした。 貴重な梅雨の晴れ間でしたので、2014年(平成26年)11月23…
コメント:0

続きを読むread more

道真公自作の十一面観音菩薩像が本尊の東向観音寺へ

5月20日(木)も午後から雨降りの予報が、10時には本降りの雨が降ってきました。早々と梅雨入りとなってから、ずっと雨降りが続いています。この日は所用があって、帰りに北野天満宮に寄りました。車は北野天満宮の駐車場に入れましたが、5月10日に「史跡御土居青もみじ苑開苑」と「特別展 北野天満宮×大覚寺 両社寺の歴史と兄弟刀」に入っているので、…
コメント:0

続きを読むread more

元禄の俳人向井去来の庵跡 落柿舎へ

祇王寺を出て、お隣の滝口寺を覗いてみたら閉門されてました。久し振りに行って見たかったのに残念です。次に久しく行ってない化野念仏寺に行って見ようと思いましたが、結構な雨が降っているので止めました。雨の中、愛宕街道を下っていき、二尊院の前を通って落柿舎の前に来て見ると開門されてました。長いこと来て無いなぁ・・・と、調べると2010年(平成2…
コメント:0

続きを読むread more

「平家物語」の悲恋の舞台 奥嵯峨 祇王寺へ

5月19日(水)、前日の天気予報は曇りでしたが、当日は朝から雨降りでした。予報も午前は雨降りで昼から曇りと変わってましたね。この日は、所用があって、朝から傘を差して出掛け用事が終わり次第、徒歩で久し振りの祇王寺に向かいました。 祇王寺は、紅葉が見事で京都でも人気のある寺院の一つです。私は2011年12月4日に散り紅葉を見に行ってか…
コメント:0

続きを読むread more

「嵐山羅漢」と「パンとエスプレッソと嵐山庭園」へ

「嵐山 祐斎亭」を10時35分に出て、車を置いている天龍寺に戻ります。何か外食も考えましたが、緊急事態宣言下であり、変異株が猛威を振るっている現状では、お酒を飲まなくても怖いです。 この日、京都は真夏日を記録するほど蒸し暑かったです。この日の2日後、16日には梅雨入りとなりました。 ここを降りて来て、更に上流側に歩いて行けば…
コメント:0

続きを読むread more

黒光りの机に反射する青モミジ「嵐山 祐斎亭」へ

5月11日(火)、NHK京都「ニュース630 京いちにち」を見ていたら、"机に映る青モミジ"と題して「嵐山 祐斎亭」を紹介されました。さすがにプロのカメラマンが撮影されたリフレクション(反射)撮影は見事でした。放送終了後HPを見たら見学可能と知り、早速5月14日(金)10時00分~10時30分を予約しました。 嵐山 祐斎亭は、およ…
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮 宝物館「特別展 北野天満宮×大覚寺 社寺の歴史と兄弟刀」へ

上七軒の「有職菓子御調進所 老松 北野店」を出て、そのまま帰らず「北野天満宮 宝物館」に寄って行くことにしました。 また「東門」から入って、宝物館を目指しました。ここでは、北野天満宮×大覚寺『両社寺の歴史と兄弟刀』展が開催中でした。 入ると、先ずは「史跡御土居青もみじ苑」と同様に検温されます。ここでは36.1℃でした{%笑い…
コメント:0

続きを読むread more

有職菓子御調進所 老松 北野店へ

京都最古の花街「上七軒(かみひちけん)」に、有職菓子御調進所 老松 北野店があります。「嵐山店」には、何度も来てますが北野店に来たのは初めてです。 老松の本店にあたる北野店は、思っていたより店構えは「嵐山店」に比べて小さいですね。 上七軒らしく、お店の壁には、芸妓さんや舞妓さんのお名前のはいった団扇が飾られますね{%笑いwe…
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮「史跡御土居青もみじ苑」へ

京都府や大阪府、兵庫県に出されている緊急時代宣言は、5月11日(火)で終了となるところ、新聞やテレビの報道をみると延長される方向で進んでいるみたいです。(31日まで延長となりました) それで、5月10日(月)は天気も良かったので、北野天満宮「史跡御土居青もみじ苑」に行きました。 「史跡御土居青もみじ苑開苑」は、4月10日(土)~6…
コメント:0

続きを読むread more

パンとエスプレッソと嵐山庭園へ

宝厳院を出て、天龍寺に戻る前に「パンとエスプレッソと嵐山庭園」によってパンを買って帰ることにしました。 店内は、新型コロナウイルスの感染予防から4名までと書いてあるので、先客2名でしたので私らも2名だけ入ってパンを買いました。 パンを買ったあとは、ここの嵐山庭園の新緑も綺麗だったので写真を撮りに行きました。 こちらには…
コメント:0

続きを読むread more

綺麗な新緑を見ながら「鼓月」落雁をいただく 臨済宗大本山天龍寺塔頭寺院 宝厳院へ

臨済宗大本山天龍寺塔頭寺院 大亀山 宝厳院は、室町時代に守護大名の細川頼之(ほそかわよりゆき)の財をもって、天龍寺開山夢窓国師より三世の法孫にあたる聖仲永光禅師を開山に迎え創建されました。庭園は室町時代の禅僧策彦周良禅師によって作庭されており、嵐山を借景として巧みに取り入れた借景回遊式庭園です。 茶席を申込みしましたが、準備される…
コメント:0

続きを読むread more

京都随一新緑の庭園「春の特別公開」天龍寺塔頭 宝厳院へ

5月5日(水・祝)は一日中雨降りでした。朝から夜遅くまで雨はやみまなく降り続いたと思います。その日の天気予報で、気象予報士さんは「天気は回復しますが黄砂が襲来します」と言ってました。そして翌日になって、雨は上がり天気は快晴でしたが、・・・しかし、予報に反して青空が広がっています。その日の夕方の天気予報で、その予報士…
コメント:0

続きを読むread more

京菓子司 松楽(松尾大社御用達店)へ

松尾大社の駐車場に車を置いたまま、駐車場に戻らず「京菓子司 松楽(松尾大社御用達店)」に行きました。ここで 最近では、2020年(令和2年)4月13日に来ています。ここには10時30分頃に着きました。 関西テレビ「よ~いドン!」の人気コーナー「となりの人間国宝さん」で、2016(平成28年)年9月9日で、ここが放送され、それ…
コメント:0

続きを読むread more

重森三玲氏が晩年に作庭した庭園が残る松尾大社「神苑」へ

テレビでは4月29日(木・祝)からGWに入ったと報道してますが、休みを取らない限りカレンダー通りの休みが多いかと思ってました。報道の通りでは連休2日目の4月30日(金)に、松尾大社に行ってみると予想外に人が多いことに気がついた次第です。京都府に緊急事態宣言が出ているので、嵐山の市営駐車場は閉鎖されとおり、行きに嵐山を通ってきましたが随分…
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗大本山 天龍寺境内の躑躅が満開!!

天龍寺曹源池庭園内の多宝殿から、「後醍醐天皇塚」に咲いている「隠岐石楠花」を見てから、行きと同様に曹源池の裏側を通り、大方丈に向かいます。この裏手の苑路も落ち着いた雰囲気が私は好きです。 行きも通った曹源池の裏側から大方丈に戻ります。苑路の脇には「樺蓮華躑躅(かばれんげつつじ)」が咲いてました。日本の山野に自生する大輪美花のつつじ…
コメント:0

続きを読むread more

躑躅咲く天龍寺曹源池庭園へ

4月27日(火)は、京都国立博物館に「凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ」(後期展)に行く予定でした。前売り券を買って、前期には4月15日(木)に行きました。そして後期は27日(火)と決めていたところ、京都に緊急事態宣言が25日(日)から発出され、京都国立博物館も休館となって突然、行けなくなりました。私の前売り券が、期…
コメント:0

続きを読むread more

躑躅咲く 臨済宗天龍寺派 等持院庭園へ

臨済宗天龍寺派 等持院の、1341年(暦応4年)に室町幕府初代将軍・足利尊氏が夢窓国師を開山として別院北等持寺を創建。尊氏の死後、その墓所となり、尊氏の戒名から等持院と改めまました。庭園は東西に分かれ、西の庭は芙蓉池と称し衣笠山を借景にした池泉回遊式であり北側に義政公好みの茶室「清漣亭」があるので、書院からスリッパに履き替え散策します{…
コメント:0

続きを読むread more

かつて等持院撮影所があった 臨済宗天龍寺派 等持院へ

昨日の4月25日(日)から京都府に緊急事態宣言が発出されましたが、ニュース映像を見る限り、観光客が減ったようには思えません。昨年の1回目の緊急時代宣言では、ほとんどの寺院が閉門されましたが、3回目の今回の緊急事態宣言では、閉門はされてないようです。ただ京都国立博物館、京都市京セラ美術館、、福田美術館、嵯峨嵐山文華館、堂本印象美術館、京都…
コメント:0

続きを読むread more

船屋秋月 福王子店 (本店)へ

国道162号線の福王子交差点にある「福王子神社」の西に入った所にあるが「船屋秋月 福王子店 (本店)」です。 府道29号線沿いにあるんですが、交通量の多い福王子交差点近くにあるので、今までなかなか行けませんでした。この日は店の前の駐車場が空いていたので寄れました。 店の前に車が2台止められるスペースがありますが、ここが2台と…
コメント:0

続きを読むread more