国名勝指定記念 特別拝観 仁和寺御所庭園へ

世界文化遺産 仁和寺では、2021年(令和3年)3月26日付で、京都市指定名勝「仁和寺庭園」が、国指定名勝「仁和寺御所庭園」として官報告示されました。それで、6月19日より、「国名勝指定記念 特別拝観 仁和寺御所庭園」として、従来の拝観料500円から800円と値上げされました。値上げされたので、何か拝観内容が変わったのかなぁ・・・と思い、7月12日(月)に行ってみることに。

余談ですが、その翌日13日(火)に「九州北部と中国が梅雨明け」、14日(水)に「北陸地方が梅雨明け」、16日(金)「関東甲信・東北で梅雨明け」、近畿地方の梅雨明けは17日(土)で、過去最長62日間の長い梅雨でした。それで、12日は曇りで昼から雨が降りましたが、蒸し蒸しするほど暑かったです。

IMG_7962.jpg9時40分頃に仁和寺の駐車場に車を入れました。止まっている車は、殆どボックス型のタクシーです。多分、修学旅行生が来てるのでしょう。

IMG_7963.jpgIMG_7964.jpgIMG_7965.jpg境内には「東門」から入りました。暑いので、ゆっくり歩いて「本坊表門」(重要文化財)前でやってきて、「拝観受付所」にて拝観料800円を納め、門をくぐります。

IMG_7966.jpgIMG_7967.jpg門を入り正面にある大玄関から上がりますが、特別公開とあったので、この「皇族門」から庭園に入れるかも・・・と思っていました。

IMG_7968.jpgIMG_7969.jpg予想が外れたけど「大玄関」から靴を脱いで上がりました。何処が特別拝観なのか、この先が気になります。

IMG_7970.jpg入ると「南庭」が見えてきました。向こうには「宸殿」も見えてますが、特別変わったことはありません。

IMG_7971.jpgIMG_7972.jpgIMG_7973.jpg先に「白書院」の室内を見ていきます。特別変わったことはありません。襖絵は、1937年(昭和12年)に福永晴帆画伯によって、松を主題にした景色が描かれました。

IMG_7974.jpgIMG_7975.jpg南庭」と「宸殿」を撮りましたが、何も変化は無いですね。見た所、タクシーの運転手さんに連れられた修学旅行生は何組か来ているようです。

IMG_7976.jpgIMG_7977.jpgIMG_7978.jpgIMG_7979.jpg次に順路通りに進み、「宸殿」前にある、「右近の橘」「左近の桜」を撮りました。

IMG_7980.jpgIMG_7981.jpgIMG_8039.jpgIMG_8037.jpg南庭を見ながら宸殿に入り、そこから見た「白書院」です。誰も居ないように見えますが修学旅行生は来てます

IMG_8036.jpgIMG_8034.jpgIMG_8031.jpg次に宸殿から「宸殿北庭」が見えました。ここも以前と変わらない風景です。ただ茶室「飛濤亭」が綺麗になってました。

IMG_8033.jpgIMG_8032.jpgIMG_8030.jpgIMG_8028.jpgこの「宸殿北庭」には、池越しに「五重塔」や「霊明殿」が見えますし、流れ落ちる滝も見えます。

宸殿北庭は、1690年(元禄3年)~1691年(元禄4年)に作庭されたことが「御室御記」に記されており、1646年(正保3年)の境内再建前後に、ほぼ現在みる形となったと考えられている。さらに大正時代に7代目小川治兵衛が樹木の手入れや植裁、池護岸の修理等の整備を行っている。同様に宸殿南庭も7代目小川治兵衛の作庭である。仁和寺の庭園は、江戸時代の寺院の池泉式庭園の形相を残し、さらには優れた風致景観を持つ造園価値が評価され、国名勝庭園として指定を受けた。

IMG_7993.jpgIMG_7994.jpgIMG_7997.jpgIMG_8001.jpg写真上から、「下段の間」「中段の間」「上段の間」です。最初の「下段の間」では、2020年(令和2年)11月7日~8日に「第33期竜王戦」豊島将之竜王(30)に羽生善治九段(50)が挑戦する竜王戦七番勝負第が行われたようです。

IMG_8004.jpgIMG_8005.jpg「宸殿」と「御所庭園」を見た後は、向かいに見えている「霊明殿」に向かいます。先ずは渡り廊下を通ります。

IMG_8007.jpgIMG_8009.jpg霊明殿」の内部には歴代門跡の尊牌が安置され、ご本尊は薬師如来座像ですが秘仏です。

IMG_8014.jpg「霊明殿」の裏手には、重要文化財に指定されてる茶室「遼廓亭」、「飛濤亭」に通じる石畳が見えます。2014年(平成26年)には京都市文化観光資源保護財団主催で鑑賞させてもらいました。

IMG_8012.jpg「霊明殿」の裏手が工事中のため一周はできません。それで元に戻ると庭園の滝口が見えてました。

IMG_8016.jpgIMG_8019.jpgIMG_8021.jpgIMG_8022.jpg「霊明殿」から降りてくると、次に「黒書院」に入ります。ここまで特別拝観は何も無いですね。

IMG_8023.jpgIMG_8024.jpgIMG_8026.jpg黒書院の最初の部屋が「柳の間」で、ここではビデオ鑑賞できますが工事中でした。次が「松の間」「上段の間及び秋草の間」と続きます。

IMG_8027.jpgここから順路通りに進めば「大玄関」に出ます。大玄関からは2組の修学旅行生が入ってこられました。仁和寺では高校生以下は無料なんですね。

それで、特別公開の見所は・・・結論・・・特別公開とうたってますが、以前の公開と何も変わってません。300円値上がっただけでした

IMG_8045.jpgIMG_8046.jpg仁和寺ではゼロ・ヒガシダの彫刻展を7月4日より開催されてました。この作品、左が「IRORIⅡ」、右が「阿羅漢」です。

IMG_8050.jpg反対側には「祈り鶴の碑」がありました。期間限定で世界遺産と現代アートのコラボレーションを楽しめるみたいで、境内には6点も作品があるみたいです。

10時4分に御殿を出ました。特別公開のタイトルに騙された・・・のは言い過ぎですが、少し落胆しましたね。せっかく来たので、このあと境内を散策します。

【仁和寺】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 70

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント