「安珍と清姫の物語」2代目の鐘がある妙満寺へ

昨年の友人と和歌山の「道成寺」に行きました。そこで「大宝殿(宝物館)」に入り、そこで道成寺に伝わる「安珍・清姫の物語」を鑑賞してきました。そこには「2代目鐘楼跡」があって、1359年(正平14年)に鋳造されたものの、清姫の恨みか音色が悪く、また近隣に疫病が流行ったこともあって、埋められました。のちに、豊臣秀吉の兵によって掘り出され京都岩…
コメント:0

続きを読むread more