テーマ:菅原道真

2020年(令和2年) 京都十六社 朱印めぐり 吉祥院天満宮へ

1月15日(水)は、夕方からタクシーに乗って、2020年(令和2年) 京都十六社朱印めぐりの、残り2社のうち、吉祥院天満宮に行きました。タクシーは、スマホからMOVタクシーを呼ぶと1分ぐらいで来てくれて殆ど待たずに済みました。便利ですね。しかし、車が10条通りに入るとにわかに雨が降ってきて・・・乗るとき晴れてたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初詣 北野天満宮へ

タイトルに初詣と書きましたが、お正月三ケ日には北野天満宮に行けませんでした。しかし12月28日(土)に正月用の写真を撮りに行ったこともあって、まだ“まるごと美術館”の続きがありますが、先に北野天満宮をアップします。 今出川沿い、表参道の南端に立っている「大鳥居」の横には“初詣”と書かれた大きな幟が、また鳥居前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるごと美術館 水火天満宮へ

本法寺から真っ直ぐ北に上がると、次の目的地であるまるごと美術館 水火天満宮に着きました。 12時3分に着きました。この日、コインパーキングから最初の訪問であった妙蓮寺に行くまでに、ここを通ってました。まだ10時前だったので素通りしたわけです。 ここには2016年(平成28年)9月16日に訪問しています。この時、社務所が留守だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 北野天満宮へ

11月4日(月・祝)は、奉祝 天皇陛下御即位 令和元年度 第55回京都非公開文化財特別公開 北野天満宮に行きました。 8時52分に北野天満宮の駐車場に車を入れました。少し油断してまたね、駐車場には車が多かったので、何処に止めようかと迷うほど、連休最終日人も車も多かったです。 駐車場から参道に入り、最初「楼門」をくぐります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史跡「御土居」の青もみじ公開 北野天満宮へ

5月17日(金)は、通院日でした。朝早く行ったので、帰りに何処かに寄って行こうと、考えてると、5月15日から公開が始まった仁和寺観音堂でも寄って行こうと思い調べてみると、その日は公開時間が昼からのため断念、それで5月10日(金)に朝日放送「おはようコール」で生中継された北野天満宮の青もみじを見に行くことにしました。 病院が早く終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天下無敵 必勝利運」の扁額が架かる靈光殿天満宮へ

3月15日(金)は、“京の冬の旅”を3箇所回ったご褒美をいただきに自宅を車で出発、9時過ぎに京都御苑内にある中立売西駐車場に車を止めました。ただ、いつもより駐車場は混雑しているなぁ・・・と、思いながら最初の目的地に向かうため、京都御苑を出て行きました。 烏丸通りを渡り、西に進むと新町通りに出ます。その新町通り上がり武者小路通りを過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅が見頃の北野天満宮へ

3月8日(金)は、伊豆に旅行へ行ってから2週間振りに出掛けました。まだ怪我した右膝は本調子にほど遠い状態ですが、父の形見である“杖”を借りたら、何とか歩けるので、何処に出掛けようかなぁ・・・と前日に考えていたら、関西ローカルニュースが“北野天満宮の梅苑”を紹介されました。何度も来ている“梅苑”ですが、興味を引いたのが、長らく工事をされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎春準備中の北野天満宮を訪問【後編】へ

北野天満宮の本殿を参拝したあと、「北門」から出ました。 何度も訪れてる北野天満宮ですが、“北門”は初めて来てみました。ちなみに、ここから直ぐの所ににあるのが平野神社です。 その門前に建っている「五世伊達彌助顕彰碑」です。西陣織の発展貢献したことで1895年(明治28年)に建てられました。 こちらは「松永伍作氏顕彰碑」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎春準備中の北野天満宮を訪問【前編】へ

年末の12月28日(金)、この日から年末休みに入った私は、早朝に北野天満宮の絵馬を撮りたく出かけました。年末寒波襲来で、この日は屋根と車に薄ら雪が積もり、出かける前にお湯を掛けて雪を溶かせて出発し、8時10分頃に天満宮近くのコインパーキングに車を止めました。 今出川通りから少し奥まった所に「一の大鳥居」が立っています。“初詣”の幟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮の前身ともいわれている文子天満宮へ

8月10日(金)は、通院日・・・本当は3日でしたが、先生の都合で10日に変更になったんですけど・・・結果、3日は岩倉周辺を散策してました。 いつもなら先生は、9時頃にしか来られませんが、この日は珍しく早かったです。最後の精算が9時過ぎでしたし、薬も早くいただけたので、早速車で目的地に向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年(平成30年)京都十六社朱印巡り 吉祥院天満宮へ

綾戸國中神社からタクシーに乗りました。同じ京都市南区内を移動するのに、「料金はそんなにかからないだろう」と装像はできましたが、装像どおりでした。「ここで良いですか」と言われて降ろして貰った所が、吉祥院天満宮の南東鳥居でした。 いつもJR「西大路駅」から歩いて来るため、ここの存在すら知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年(平成30年)京都十六社朱印めぐり 長岡天満宮へ

2018年(平成30年)1月7日(日)は、既にダイジェスト版でアップ済みですが、「京都十六社朱印巡り」を回りきる予定で、早朝から出掛けました。トップバッターは長岡天満宮で、この日は“石碑巡り”してみました。 この日の前日は雨模様でしたが、この日は朝から晴れてくれました。しかし、そのため大変冷え込んだ朝でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丹波路を行く 京都府南丹市 生身天満宮へ

園部城跡から5分ぐらで、日本最古の生身天満宮(いきみてんまんぐう)に着きました。 全国に一万二千社ある天満宮の中で唯一、御祭神の菅原道真公が在世中からお祀りしたことにより、生身(いきみ)天満宮と称させる日本最古の天満名宮です。 生身天満宮の入口にある大鳥居。その前に駐車場がありました。周りには田畑に囲まれてて、田舎の風景が広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曼殊院門跡の鎮守社 曼殊院天満宮へ

さて、いよいよ大型連休に入りました。昨夜は「新緑のライトアップ 無鄰菴」に行きましたが、5月3日(水・祝)は朝早く起きて、車で出発。目指したのはキリシマツヅシが見頃になった曼殊院門跡です。ただ予定より少し早く、曼殊院門跡の駐車場に着いたので周辺を散策すると、近くに曼殊院天満宮がありました。 連休初日は天気に恵まれました。歩いていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見頃を少し過ぎた梅を見に北野天満宮 梅苑へ

3月24日(金)は、本来なら2月3日(金)に行く予定にしてた所を巡りました。2月3日・・・一生忘れてないであろう愛猫が死んだ日です。全ての予定をキャンセルしたため、この日に再度計画したわけです。 先ずは北野天満宮の梅苑に行きました。2月3日では別の所でしたが、ここだけは違います。ただ見頃は多分過ぎてるだろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅原道真生誕の地 菅大臣神社へ

繁昌神社を出て高辻通りを西に進むこと2分で菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)の南鳥居前にやって来ました。 この神社に入るには、この南鳥居は高辻通りに面していますが、他には、仏光寺通りに面した北鳥居と西洞院通りに面している西鳥居があります。 真新しい(そう見えました)石鳥居をくぐると、今度は古そうな石鳥居をくぐります。ここには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田利家が伏見城屋敷内で手厚く祀った桃山天満宮へ

御香宮神社の境内に桃山天満宮があって学問の神様で知られる菅原道真が祀られています。しかし、桃山天満宮は御香宮神社の摂末社ではありません。1966年(昭和44年)に現在地に遷されて鎮座しています。 場所は御香宮の表門入って直ぐの右手に桃山天満宮の鳥居があって、少し奥まった所にあります。 ここに来た目的は朱印です。過去2回とも社…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2017年(平成29年)京都十六社朱印めぐり 長岡天満宮へ

1月2日(月・祝)に今年の“京都十六社朱印めぐり”のスタートを切りましたが、1月7日(土)は精力的に洛南の古社を巡りました。早くから昼食も予約して、あとは当日の天気だけが心配でしたが・・・晴れでした。(雨なら朱印が濡れるので行けません)しかし・・・その晴れ渡った空が逆に氷点下の朝になってしまいました。 阪急「嵐山駅」から嵐山線に乗…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

網島天神菅原道真を祀る高台寺天満宮へ

高台寺を有料拝観ルートを出ると庫裏の前に出てきます。その庫裏の前に高台寺天満宮がありました。 この日、9時前に高台寺に入ろうとしたら、高台寺から社務所の方が高台寺天満宮に入っていかれました。よくよく見ると朱印がありそうなので、帰り寄ってみようと・・・思ったんです。 御祭神は、網島天神菅原道真公で、九州太宰府に流されて行く時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最初の天満宮 水火天満宮へ

藤田家住宅を出て、上立売通りの信号で堀川通りを渡ります。そして堀川通りの東側の歩道を北に上がります。そしたら2014年に訪れた裏千家 茶道資料館の前を通りました。ここで観光バスを降りて入ったんですね、覚えていました。 信号待ちもあったので、約10分弱ぐらいで、上御霊通りの信号まで来ると、園児達の甲高い声が聞こえてきました。そこには…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

菅菅原道公の産湯の井戸が残る菅原院天満宮神社へ

蛤御門を出て、烏丸通りを渡り、西側の歩道を南へ下がります。途中、護王神社の前を通りますが、今日は素通りし、道なりに南下を続けます。有栖川宮旧邸 有栖館の前を通ると「第41回 京の夏の旅」の看板が出てました。10時から拝観開始のため門は固く閉まってましたが・・・。 そして下立売通りを渡って直ぐの西側に鳥居があり、最初の目的池につきま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

京都十六社朱印めぐり 長岡天満宮へ

京洛の古社十六社を年頭(1月1日~2月15日)に巡拝し、各社より朱印を授かります。すべての神社を参拝することで、一年間あらゆるご利益が得られる・・・と言うのが京都十六社朱印めぐりの目的です。 数年前から知ってましたが、十六社を短期間で廻る自信が無くて・・・しかし、今年は一念発起して巡ることにしたわけで・・・スタートは、京都十六社の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

千喜万悦天満宮へ

千喜万悦天満宮(せんきまんえつてんまんぐう)は江戸時代に西念寺に寄進されため、西念寺境内の西側に隣接している小さな小さな神社です。 朝9時過ぎで、強烈な朝日を浴び、思い切り逆光です。 もちろん特別公開の西念寺に来たのか目的でした。ただ来るまでは鎮守社だと思ってましたが、話を聞くと違ってたので別の掲載にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油の神様として親しまれてる 離宮八幡宮へ

JR山崎駅を出て、西国街道に西進むと離宮八幡宮がありました。今日は、せっかく大山崎町までやって来たので、事前に調べて何カ所か回る計画を立てました。その中は、予約見学でしか見られないものもあります。 この離宮八幡宮も当初の予定どおり事前に調べてました。先ずは東門(大山崎町指定文化財)から入ります。 JR山崎駅から来ると、当然こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more