テーマ:京都野外彫刻展

京都府立植物園「京都野外彫刻展」と「第3回植物園彫刻小品展」へ

京都府立植物園内にある「沈床花壇(ちんしょうかだん)」は、ここに来たときには必ず寄ります。いつ来ても空いているのが魅力かなぁ ここも花の入替あるのかも知れませんね。作業をされてました。「カンナ」綺麗ですね、夏場からずっと咲き続けています。 ここはあっさり見て、また、元に戻ります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京都野外彫刻展」を開催中の京都府立植物園へ

護王神社から次に向かったのが、「京都野外彫刻展」を開催中の京都府立植物園でした。 ここには9時15分に着きました。年間パスポートがあるので、正門前で係の方に見せ直ぐに園内に入りました。 ほぼ毎月一度は来てますが、この“チョウセンアサガオ”だんだん背丈が伸びてきてますね。 その足元には“ヒャクニチソウ”や“サルビアレウカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京都野外彫刻展」の京都府立植物園【後編】へ

京都府立植物園の“くすのき並木”で何作品を見た後、この門から「純フランス式庭園」に入りました。 このエリアは、「沈床花壇(ちんしょうかだん)」と呼ばれ、1981年(昭和56年)開園20周年を記念して造られた庭園です。 ここには夏の花の代表的なカンナも10月ですが、まだまだ綺麗に咲いてます。あとケイトソウやマリーゴールドも綺麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「京都野外彫刻展」の京都府立植物園【前編】へ

今年の7月27日(金)に京都府立植物園に行き、“年間パスポート”を買いました。年に5回で元が取れ6回行けばお得になります。しかし、今年の夏の酷暑のため、あれ以来行けてません。それで、この日は三条京阪近くの寺院に行くので、その前に植物園を散策することにしたんです。 ここは9時から入れるので、その時間に来ました。次の寺院が10時からの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more