テーマ:建仁寺

庭園「甘露庭」の特別公開 建仁寺塔頭 霊源院へ

建仁寺塔頭 霊源院には「甘露庭」と呼ばれる庭園があり、甘茶(アマチャ)の花が見頃になった6月9日(金)の午後から見て来ました。 この2日前だったと思いますが、「NHKニュース630京いちにち」で紹介されました。私も、それを見て「行って見よう」と思い本日訪れた次第ですけど、多くの人が来てました。 想像以上の人出でした。以前、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺 「春の特別展と夜間拝観」へ

圓徳院を出て、次ぎに共通券を購入した高台寺夜間拝観に向かいました。既に18時を回っているので日は暮れましたが、まだまだ明るいです。 ちょうど一週間前にも来てますが、再びやって来ました。目的は唯一つ、方丈にてプロジェクトマッピングを見ることだけです。 共通券を購入しているので、拝観受付所は通らずに半券を差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第51回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 高台寺へ

3月10日(金)は未訪の“京の冬の旅”を精力的に回りました。最初に訪れたのは、第51回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 高台寺で、ここだけ拝観時間が9時から、後のことを考えると当然トップバッターにもってきました。 いつものようにJR嵯峨野線と京都市営地下鉄を乗り継いで「東山駅」で下車します。そこから徒歩で概ね南下していくと、途中…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第51回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 建仁寺塔頭 久昌院へ

今年も冬の京都のイベントである、第51回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開が1月7日(土)から始まり、早速1月28日(土)に壬生寺を訪れました。本当は、もっと早く行く予定が、週末に数年に一度の大寒波の襲来もあって行けず。それで例年どおり2月3日(金)に節分や特別拝観、そして家族の会食を予約していたところ・・・愛猫が天国に旅立ってしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高台寺塔頭 月真院 紅葉ライトアップへ

12月3日(土)は、JR東海ツアーズの「高台寺塔頭 月真院 紅葉ライトアップ」に行きました。土曜日の夕方から出掛けることは稀ですが、この日しか予約が取れなかったので仕方なかったです。 紅葉も散り始めた嵐山でしたが、夕方にJR嵯峨嵐山駅から快速に乗ろうとしたら・・・ホームに人が溢れているし・・・積み残しが出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺 時間外特別拝観へ

12月2日(金)は、JR東海「そうだ 京都、行こう。」の会員イベントで、『建仁寺 時間外特別拝観』12月1日(木)~5日(月)(17時30分~19時00分)に行ってきました。 JR京都駅から地下鉄と阪急を乗り継ぐか、混んでる市バスで行くかのどちらかですが、迷わずタクシーを選択しました。勝手知ったる祇園の地、縄手通りの建仁寺西門前で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「土佐尚子 建仁寺奉納特別公開展」開催中の建仁寺へ

京都ゑびす神社を出て少しだけ北に上がると建仁寺の西門です。久し振りに建仁寺にやって来ました。先程の京都ゑびす神社は、ほぼ毎日でしたが、この建仁寺は毎日来てました(この境内を通らなかったことは皆無だと思います)。ですから懐かしさに浸りながら拝観受付が庫裏の前までやって来ました。 入ると目立つのは外国人観光客で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 高台寺へ

お彼岸に入っても暑さは続いてましたが、夏の猛暑に比べたら随分と楽になりました。決して涼しくはありませんが、第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 高台寺に行ってきました。 高台寺は通常拝観していますし、初めて聞いた時は・・・何処を・・・と・・・考えました。答えは「展望台」です。初めて展望台が公開したので、これは是非行ってみたいと思っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都最古の禅寺 建仁寺へ

建仁寺塔頭 霊源院を出て、建仁寺の山内を案内しながら石畳みを進むと、臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺の拝観入口である庫裏が見えてきました。 私と女房は、京都文化協会賛助会員のため無料で入れます。姉の拝観料500円を納めてリーフレットを受取入りました。 もう数え切れない程、訪れてる建仁寺ですが、私も目的がありました。ここの朱印帳を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺塔頭 霊源院 りんどうの庭 甘露庭へ

建仁寺の北門を入ると、とある看板を見つけました。通常非公開の建仁寺塔頭 霊源院が「りんどうの庭 甘露庭 初公開」と書いてあります。 建仁寺もほぼ毎日来てたので、ここの塔頭寺院は全て知っています。姉も妻も驚くほど境内の最短距離を通って、霊源院に着きました。時計の針は13時00分になってました。 建仁寺山内の東南に位置し、普段は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗建仁寺派 法観寺(八坂の塔)へ

京都霊山護國神社を出て、今度は一気に下ります。そして本日予約しているレストランを通過して、やってきたのは八坂の塔で知られる法観寺です。 祇園のシンボル的存在の八坂の塔ですが、正式には臨済宗建仁寺派 法観寺といい、建仁寺の塔頭寺院なんです。 祇園に来たら是非、ここも見て欲しかったので案内しました。しかし、ここの拝観は不定期で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開 建仁寺塔頭 両足院へ

建仁寺の庫裏を出て向かった先は、目と鼻の先にある建仁寺塔頭 両足院です。 通常は非公開ですが、半夏生が色づく頃に「半夏生の庭」が毎年公開されています。2011年と2013年に行きました。それと、今年の京の冬の旅でも来ています。 今年の冬に公開されたのに、第39回 京の夏の旅 文化財特別公開でも公開されました。もう充分だと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栄西禅師800年大遠忌記念事業 建仁寺へ

全米オープン男子シングル準決勝で、錦織圭が日本人初の決勝進出を決めた9月7日(日)に久し振りに出掛けました。 バスで四条烏丸を降りて阪急電車の烏丸駅を通ると、京都新聞の号外をもらいました。『錦織 日本人初の決勝』のタイトルでした。今朝起きてテレビを付けたら、直ぐにニュース速報が出ました。そこで契約しているWOWOWにチャンネルを合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺へ

特別公開の両足院を出て、次に向かったのは、臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺です。 昨年までは、昼休みの散歩コースで、週に1回は来てましたが、考えると12月25日を最後に、久しく来てませんでした。 日曜日の昼下がり、観光客は3月に入って増えてきました。今のメインは東寺に変わりましたが、目立って増えてきたのが修学旅行生です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 建仁寺塔頭 両足院へ

例年なら1月1日から3週間程度、公開される建仁寺塔頭 両足院ですが、今年は第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開として、特別公開されました。 通常非公開の両足院ですが、2008年以降は半夏生の時期に公開され、過去3回訪れました。この冬の時期に訪れるのは初めてで、楽しみにしてました。 都合で昼からになりましたが、前途した祇…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺へ

通常非公開の西来院と霊源院の特別公開と文化財高精細複製品展示は紹介しましが、同じ日に当然、臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺の紅葉も見に行ってました。 京都文化協会賛助会員でカード提示をすると、建仁寺本坊・西来院・霊源院の3ケ所が無料で入れたんです。そのため、この週はお昼抜き。それでも短い時間で回るのは、しんどかった{%笑いwebry%…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

特別公開と文化財高精細複製品展示 建仁寺塔頭 霊源院へ

通常非公開の建仁寺塔頭 霊源院もこの秋、京都文化協会の主催で公開されました。 室町時代の1394年~1428年(応永年間)龍山徳見和尚を勧請開山として創建。当初は霊泉院と言いましたが、その後、当院の僧である瑞巌龍惺和尚(ずいがんりょうせい)(1384年~1460年)の軒名、霊源を用いて霊源院とされました。学問に優れた僧を多数輩出し…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特別公開と文化財高精細複製品展示 建仁寺塔頭 西来院(せいらいいん)へ

今年の秋、紅葉の時期に通常非公開である建仁寺塔頭 西来院と霊源院が公開されました。ともに京都文化協会の主催によるもので、まず西来院から行きました。 蘭溪道隆(らんけいどうにゅう)(1213年~1278年)は、鎌倉時代中期の南宋から日本に禅宗を広めるために来朝。そして大宰府に着き、その後京都泉涌寺の来迎院に入り、院主の指示によって鎌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の建仁寺塔頭 正伝永源院へ

建仁寺塔頭 正伝永源院は、通常は非公開です。ただ今年は春の桜とツツジの時期に初めて公開されました。そして今年の秋、紅葉の時期にも初公開されると知り、紅葉が見頃になるまで行くのを待ってました。 ここ正伝永源院は、紅葉の色づき具合が外から見えます。11月18日(月)の週から、お昼の運動を兼ねた散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 六道珍皇寺へ

冥土へ通ずる伝説の井戸で知られる六道珍皇寺は、通常は非公開です(本堂、境内は自由参拝可能)。ただ春と秋には定期的に特別公開はされています。 その六道珍皇寺へ、7月22日(月)の昼休みを利用して訪問しました。松原通りを清水寺の方向に上がっていくと、朱塗りの山門と「六道の辻」の碑が見えてきます。 普段、境内は自由に散策できます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗建仁寺塔頭 両足院 半夏生の庭へ

今日、7月2日(火)は、暦の雑節の一つ半夏生にあたります。半夏生という名の草が半分白く色づき化粧をしているようにも見える時期にあたります。 その半夏生が群生しており半夏生の庭で有名な臨済宗建仁寺塔頭 両足院へ6月27日(木)の昼休みを利用して行ってきました。 雑節の一つ。夏至から11日目で,太陽暦では7月2日頃。このころ〈半夏〉(…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の長雨が続く 建仁寺へ

先月5月28日(火)に梅雨入りした近畿地方も、雨は降らず。特に6月に入ってからは、記録的少雨でした。それが6月19日の朝から雨が降り出すと、この日6月20日(木)まで、一度もやまずに降り続いてます。 そんな雨が降り続く6月20日(木)に、建仁寺に行ってきました。 雨の建仁寺、そう言えば行ったことないなぁ・・・と思って、朝まだ雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨は何処に? 爽やかな風が吹き抜ける建仁寺へ

先月、富士旅行の最終日に九州・四国・中国地方が梅雨入りしました。そして、帰った翌日に近畿・東海地方が梅雨入り。その翌日には、関東甲信越地方が梅雨に入りました。 しかしです。その日から雨は一滴も降りません。6月11日にやっと雨は降りましたが、お湿り程度でした。とうとう鴨川の川底の石が露出するまで干上がったところが目立つようになりまし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺 『細川護煕 襖絵と屏風の世界』(法堂遍)

5月17日(金)の昼休みを利用して、建仁寺『細川護煕 襖絵と屏風の世界』を再訪しました。  今日の目的は、渡り廊下を通って法堂内に展示してある作品を見ることで、5月7日(火)に来た時は時間の都合で、行けませんでした。 方丈から渡り廊下を通って、参道を横切って法堂に行きますが、人も車も通るので注意する必要があります。下の写真は…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺 『細川護煕 襖絵と屏風の世界』(大書院遍) へ

5月2日(木)に建仁寺 塔頭 正伝永源院で細川護煕元首相の襖絵を見学しました。その特別公開が6日に終了しましたが、今度は建仁寺本坊で『細川護煕 襖絵と屏風の世界』が5月8日(水)~20日(月)まで開催されました。 連休明けの5月7日(火)に昼休みで建仁寺に立ち寄ると、上記開催を知らせる看板が出てて知りました。そして連休明けの仕事が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

細川護煕氏の襖絵が公開された建仁寺 塔頭 正伝永源院へ

通常非公開の建仁寺 塔頭 正伝永源院で、細川護煕元首相の襖絵が特別公開れさたので、5月2日(木)の昼休みに行ってきました。 私にとって、細川護煕氏の襖絵は付録で、新緑やツツジの咲く庭を見ることが目的でした。 祇園界隈は、昼休みに散歩がてらに歩いています…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺「開山堂(旧)護国院と浴室」文化財特別公開へ

京都最古の禅寺建仁寺の開山堂(旧護国院)楼門の修復記念として普段は,非公開の開山堂(旧護国寺)・禅宗寺院七堂伽藍の一つ浴室などが特別公開されたので、行ってきました。 建仁寺境内の東南にある開山堂の正面には、宝陀閣と呼ばれる楼門が建っています。 この奥に開山堂がありますが、手前の楼門・宝陀閣が3年の歳月を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安国寺恵瓊と建仁寺

初詣に六波羅蜜寺に行ったあと、清水寺や八坂神社に寄ることも考えましたが、現在境内が工事中の建仁寺に寄ってみました。 2014年(平成26)の『八百年大遠諱』に向けて、境内の内外で工事がされてましたが、どこまで進んでいだか興味があったためです。 六波羅蜜寺から来たので境内南側から入りました。そして開山堂がある宝陀閣です。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺 金澤翔子書品展 ~翔子と禅の世界~ へ

建仁寺の大書院において、ダウン症の天才書家「金澤翔子書品展~翔子と禅の世界~」を見に行きました。 5月9日(水)~13日(日)の5日間、建仁寺の大書院において開かれたもので、今年4回目となります。 いつものように、庫裡から入ります。 拝観入口前に、立て看板があって、それでこの展覧会を知りました。特別な料金はいりません…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

京都最古の禅寺 建仁寺へ

先週、昼休みに何度か建仁寺にも寄りました。 桜の名所ではありませんが、綺麗に咲いてたので、写真を撮りに行ったんです。 先ずは、八坂通り沿いにある、勅使門です。 最近、この門は開いてます。柱や扉に矢の痕があることから、「矢の根門」とか「矢立門」と呼ばれています。 それでは、境内の桜です。 境内西側の満開の桜です。撮…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more