テーマ:春日大社

奈良市の街角の小さな祠 隼神社(角振明神)へ

奈良漬けの今西商店から三条通りを東に進んで、再び東向商店街を目指して歩いていると、前方に隼神社が見えました。 まだ京都行き特急の時間があったので、寄っていくことにしまた。見たところ小さな神社ですね、外国人観光客も熱心に覗かれていましたが・・・。 御祭神は、角振集総別命(つのふりはやぶさわけのみこと)、配祀は、 宗像神社で市杵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京春日と呼ばれる藤原氏が勧請した春日の神 大原野神社へ

8月25日(金)は少し早い敬老のお祝いで食事を予定してますが、その前にまだ未訪でした大原野神社に行くことにしました。 車で行きましたが、ナビは不要でした。しかし途中の道が狭くて・・・出会う度にバックしたり・・・それ以外は別に問題なく、8時過ぎに大原野神社の駐車場に着きました。 駐車場は無人でしたが、゜初穂料"400円とあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原氏が春日の神を勧請して創建された吉田神社へ【後編】

前編の続きです。吉田神社の奥に入ると、「吉田神社案内図」があるので確認できます。もっとも遠い稲荷社まで行く予定ですが・・・。 ここで分岐点に出会います・・・と言っても分岐ではありませんが、右に行けば「斎場所 大元宮」があり、この日は公開されてませんが、どうしても見てみたいと思っていたので後周りし・・・左に行くことにします{%笑いw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原氏が春日の神を勧請して創建された吉田神社へ【前編】

吉田神社は、節分祭で、壬生寺と並び京都では有名です。そんな吉田神社ですが、私はまだ訪問したことがありませんでした。そこで8月16日(水)と17日(木)が連休だったこともあって、朝早くから訪れることにしたんです。 京都大学の正門には百周年時計台記念館があり有名ですが、その前の通りかが東一条通りです。その通りの東端には吉田神社の一の鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春日大社末社 一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)へ

桂昌殿の次ぎに案内してもらったのは、春日大社末社の一言主神社です。 桂昌殿から参道を下ると直ぐに、大きな看板が出てました。 さすがに私も、この神社は知らなかったので、ついていくしかありません。 この看板の前かとおもったら、少し参道を進みます。ちなみに、この参道を進むと若草山に出ます。 そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川綱吉の生母・桂昌院が奉納した桂昌殿(けいしょうでん)へ

春日大社の本殿を出たら次ぎに紹介される神社の前に、桂昌殿で止まられました。 江戸時代の徳川幕府5代将軍、徳川綱吉の生母、桂昌院が奉納した建物です。天下国家安泰の御祈祷所として使用されていますし、かつては神職のお籠りにも用いられていました。 昨年の「ちょこっと関西歴史たび世界遺産春日大社」で、普段入ることのできない「桂昌殿」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平城京の守護神として創祀された春日大社本殿へ

夫婦大國社を出て次ぎに春日大社本殿を参拝します。距離的にはそんなにないので早足で充分追いつきました。 傘を差して参道を歩くと、すぐに本社の入口にあたる楼門の南門(国宝)に着きました。 すごい人出でしょう・・・でも30名はツアー客です。1179年(治承3年)の創建ですが、現在の建物は南北朝時代に再建された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国で唯一夫婦の大黒様を祀る社 春日大社 夫婦大國社へ

飛火野前から再びバスに乗って、次ぎに春日大社の駐車場に向かいます。広大な春日大社の境内をバス移動ですが、5分で着いてしまいました。 駐車場を降りると雨は本降りとなりました。私らは傘をさしてバスガイドさんの後をついて行きます。昨年の暑い暑い時に行った宝物殿の前を通って二之鳥居に着きました。 ここを進めば春日大社本殿に出ます。皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いつもと違う奈良観光!プチ贅沢な冬の奈良旅』奈良定期観光バスツアーへ 飛火野(鹿寄せ観賞)編

この日のツアーは、『いつもと違う奈良観光!プチ贅沢な冬の奈良旅』と言い、ツアー内容はその都度紹介します。JR奈良駅を9時40分に出発し、近鉄奈良駅前には9時45分に着きました。私と先輩もバスに乗り込み、バスガイドさんが人数を確認したらバスは出発。バスガイドさんは、昨年の『静寂の尼僧寺院と正暦寺』ツアーと同じガイドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春日大社末社 采女神社へ

猿沢池のほとりに、春日大社の末社でる采女神社があります。 帝の寵愛が薄れたことを嘆き悲しんだ采女が猿沢池に身を投げたため、その霊をなぐさめるために建てられたという伝説が残されています。 この神社を知ったのは、MBS毎日放送「ちちんぶいぷい」での放送を見たからです。そこで奇っ怪な伝説を聞きました。 この神社は、鳥居を背に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『王朝の雅展』開催中の春日大社 宝物殿へ

春日大社 貴賓館で重森三玲の庭を堪能したあと、春日大社 宝物殿に行きました。お昼の13時から食事を予約しているので、何処かで時間をつぶす必要があったのです。 それなら予約時間を早めれば・・・それは・・・その時、説明することにして・・・宝物殿も私は初めてで、当初からの計画に入れてました。 話は、志賀直哉旧居から春日大社に向かい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

重森三玲の庭を特別拝観 春日大社 貴賓館へ

春日大社本殿特別参拝から再び貴賓館に戻ってきました。 皆さん今日の目的庭園の鑑賞でしょう。やっと・・・そんな感じてす・・・それにしても暑い。 春日大社の職員さんで案内人の方より、参観にあったての注意を話されました。てっきり写真撮影の禁止だと思ったら違ってた。早い話、「閉まってる障子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界文化遺産 春日大社 特別参拝へ

JR西日本が昨年の春から始めた、「ちょこっと関西歴史たび」ですが、今年の夏は、「ちょこっと関西歴史たび世界遺産春日大社」が開催されます。 その中に、『貴賓館内と重森三玲の庭園』がありました。普段非公開の貴賓館内に入って、重森三玲の庭が見られるとあっては、申し込まずに入られないでしょう。 開催日は、7月1…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 春日大社 萬葉植物園へ

新薬師寺から蕎麦屋さんを経由して世界文化遺産 春日大社に向かいました。 写真は、三条通りの突き当たりにある一之鳥居です。 1638年(寛永11)の再建。古くは春日大社と興福寺旧境内との境に立つ大鳥居で、奈良のメインストリートの三条通との境界に当たります。 ここからお参りするのが通常ルートでしょうけど、新薬師寺から向かっ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more