テーマ:京の冬の旅

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 東福寺塔頭 即宗院へ

東福寺には日下門を通って入りました。そこから通天橋の拝観受付所や方丈庭園入口などは横目に見て、そのまま境内東の奥に進みます。 今日の目的は、この先を曲がった先にあります。その手前には偃月橋が架かっており、橋の突き当たりが国宝・龍吟庵です。 その龍吟庵の手前を東に行くと、そこには通常非公開の東福寺塔頭 即宗院があって、6年振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 妙心寺 霊雲院へ

花園 今宮神社を15時30分前に出て急いで、妙心寺に向かいました。そして約5分程度着いた先は、第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開で39年ぶりに公開された妙心寺塔頭 霊雲院です。 京都市文化観光資源保護財団からいただいた最後の招待状は、ここでした。ここも滅多に公開されないので、楽しみにしてた寺院でしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺境外塔頭 眞如寺へ

熊野神社衣笠分社を出て、そのまま西に進みます。車一台分の細い道ですが、結構交通量は多いです。そして9時58分に目的地に着きました。 相国寺の境外塔頭は3つあって、金閣寺・銀閣寺は誰でもご存じでしょうけど、相国寺の塔頭寺院であることを知ってる人は少ないかと思います。そして残りの一つが本日のメイン、相国寺境外塔頭 眞如寺です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺 養源院へ

相国寺塔頭 大光明寺を出て、そのまま南下します。西に行けば烏丸通りに出られる十字路の西南角にあるのか、第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開で初公開された相国寺塔頭 養源院です。 ここも長得院同様、過去に公開されたことがなく、事前に京都市文化観光資源保護財団へ申込をして招待状をいただいてました。 長得院を出て南下する時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺 長得院へ

今年も1月9日(土)から3月18日(金)まで第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開が始まりました。「秘められた京の美をたずねて」の副題で、楽しみにしてたイベントです。 事前に京都市文化観光資源保護財団から招待状を夫婦で4枚(四箇所)いただいていますが、今回は私だけで回る予定にしています。そして早速、地下鉄を乗り継いで「今出川」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 本法寺へ

嵐電「北野白梅町」からバスで移動することも考えましたが、今日のメインはあくまで昼の会食です。その時間に遅刻する訳にはいかないので、ここでタクシーで移動しました。ただ流しは中々捕まらなくて・・・結局北野天満宮まで行くことになってしまったのは計算外でした。 そしてやって来たのは、堀川寺之内にある第49回 京の冬の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 妙心寺 衡梅院へ

先日訪問した頂妙寺についで今日は、第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開~秘められた京の美をたずねて~で、6年ぶりに公開された、妙心寺塔頭 衡梅院(こうばいいん)に行きました。 場所は、以前公開された東海庵や玉鳳院の近くにあって迷うこと無く山門前に着きました。 ここの見所は、妙心寺四派の源流「四河一源」の庭です。後程、ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 妙心寺 三門へ

2月に入ってインフルエンザに感染したこともあって、久し振りの外出。メインはお昼の会食ですが、それまで時間があったので妙心寺に寄りました。 目的は、京都市文化観光資源保護財団からいただいた招待状がある某寺院ですが、それは後程。天気予報は昼から晴れ。午前は雲空と出てましたが、バス停を降りると雨。小雨降る寒い中、妙…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 頂妙寺へ

今年も1月10日(土)から始まりました。第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開~秘められた京の美をたずねて~です。 毎年、京の冬の恒例行事で定着しましたね、私も毎年楽しみにしています。そして、今年は本阿弥光悦が鷹ケ峰に芸術村を開いた琳派誕生の年から400年にあたり「琳派400年記念」と銘打っていろいろ特別公開される中、さっそく…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 建仁寺塔頭 両足院へ

例年なら1月1日から3週間程度、公開される建仁寺塔頭 両足院ですが、今年は第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開として、特別公開されました。 通常非公開の両足院ですが、2008年以降は半夏生の時期に公開され、過去3回訪れました。この冬の時期に訪れるのは初めてで、楽しみにしてました。 都合で昼からになりましたが、前途した祇…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 寺町 阿弥陀寺へ

大黒屋鎌餅本舗を出て、次に目と鼻の先にある織田信長菩提所 寺町 阿弥陀寺に行きました。 第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開で、12年振りに公開されましたと言っても、境内はいつでも自由散策でき、織田信長の墓所もいつでもお参りできます。ただ本堂は、毎年6月2日の信長忌以外は入れません。 妙顕寺から寺町 阿弥陀寺に行く途中…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 妙顕寺へ

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開で21年振りに公開された、妙顕寺に2月23日(日)に行ってきました。 妙顕寺は、京都における日蓮宗最初の道場として鎌倉時代に日像上人が創建した日蓮宗大本山の一つです。室町時代には京の半数以上を信徒にするほど隆盛極めた日蓮宗の洛中二十一本山(現在は十六)の中心的存在で、後醍醐天皇の綸旨を賜っ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

『~映画「利休にたずねよ」公開記念特別コース~利休ゆかりの地めぐり 』定期観光バスツアーへ

連日底冷えする日が続く中、1月25日(土)に京都定期観光バスで~映画「利休にたずねよ」公開記念特別コース~利休ゆかりの地めぐり に行ってきました。 昨年12月7日に公開された東映映画「利休にたずねよ」ゆかりの地や千利休にスポットを当てた特別ツアーで、利休の菩提寺でもある大徳寺聚光院の特別拝観(通常非公開)や、今なお受け継がれる裏千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 東寺五重塔 初層内部特別公開へ

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』で、東寺 五重塔 初層内部特別公開されたので、1月17日(金)に行ってきました。 日本一の高さを誇る国宝・五重塔の初層内部公開は、通常は非公開ですが、公開頻度が多いので珍しくはありません。 ただ今まで行けずじまいでしたかので、会社の昼休にでも行けないこともあって思い切って行くことにしまし…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 妙心寺 聖澤院へ

妙心寺 龍泉菴を出て、次に向かったのが『第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』で、初公開された、妙心寺 聖澤院(しょうたくいん)です。 同じ妙心寺の山内にあって、龍泉菴からは3分もかかりません。勇壮な妙心寺の境内にあって西側に位置します。そして、ほどなくして表門に着きました。 庭園で有名な退蔵院の北に位置します。ここも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 妙心寺 龍泉菴へ

『第48回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』で、7年ぶりに公開さされた、妙心寺 龍泉菴(りょうせんあん)に行ってきました。 今年は1月10日(金)から始まりましたが、早速1月12日(日)に訪れた次第です。この日は市内が全国都道府県対抗女子駅伝が開催されるとあって、交通規制に巻込めれないように近場の妙心寺にしました。 拝観時…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

会津藩ゆかりの金戒光明寺へ

3月17日(日)に、現在放送中のNHK大河ドラマ「八重の桜」で、第7回ドラマ紀行の中で紹介された、金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)に行ってきました。 金戒光明寺は通常非公開ですが、『第47回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』で、公開されました。と言っても、最近は秋の紅葉時期には必ず公開されているので、そんなに珍しくはありません…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

人形の寺 宝鏡寺〈旧百々御所〉へ

連休2日目の2月10日(日)に、人形の寺として有名な宝鏡寺〈旧百々御所〉へ行きました。 宝鏡寺は、堀川寺之内の交差点を東に入ったところにあります。 寺之内通りを東を進んで直ぐに大門があります。 10時前には着きましたが、大門前には数名程度でしたが、門を入って、゜ビックリ30名程度の拝観者が列をなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の霊鑑寺〈旧谷の御所〉へ

昨夜(2月8日)、京都市内は雪が降りました。朝になって外を見ると屋根には積もっていますが、道には積もっていせん。それでも雪景色を期待して、『京の冬の旅』で11年ぶりに公開された霊鑑寺〈旧谷の御所〉に行きました。 霊鑑寺は、椿と紅葉の寺として有名で、毎年、春と秋には定期的に公開されいますが、冬の時期に公開されるのは稀です(11年ぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼の三時に勤行を行う尼門跡寺院  三時知恩寺〈旧入江御所〉へ

相国寺 慈照院から俵屋吉富「京菓子資料館」へ行き、今日最後の訪問地である三時知恩寺〈旧入江御所〉へ行きました。 『京の冬の旅』7年ぶりの公開となりますが、私も7年前に一度訪れましたが、正直、覚えていません。それは、拝観入口から庭も含めて撮影禁止だったためでしょう。 俵屋吉富 烏丸店を出て烏丸通りを下がり、上立売通りを西に入り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

足利8代将軍義政や桂宮家の菩提所 相国寺 慈照院へ

今回『京の冬の旅』19年ぶりの公開で、目玉の一つである(私が思っている)相国寺 慈照院に行きました。 普段公開されることがないので、是非行ってみたい寺院でした。相国寺の塔頭寺院ですが、本坊からは少し離れています。地下鉄鞍馬口の南出口を出て、烏丸通りを下がり、2つ目の信号を東に入ると看板が出ているので、迷うこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京の冬の旅12年ぶりの公開 聖護院〈旧森御殿〉へ

1月27日(日)の朝、一面真っ白な雪が少しばかり積もり、また、寒波の影響で、氷点下に冷え込みました。 そんな寒い日曜日、山伏の寺として知られている聖護院へ初めて訪れました。通常は、予約拝観ですが、この冬の旅の間は、予約不要で入れます。 聖護院と聞けば、聖護院八つ橋、聖護院かぶら、聖護院大根なんか思い浮かべますが、この聖護院は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都最大の禅寺の台所 妙心寺 大庫裏・経蔵へ

妙心寺の塔頭東海庵を見たあと、次に向かったは、『第47回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』の妙心寺 大庫裏・経蔵です。 東海庵から大庫裏へ、大庫裏から東海庵へセットで行かれる人が多いみたいで、人の流れがそうなってました。 東海庵からほどなく歩くと大庫裏の前にある表門につきます。そしてその前には看板が出てるので、迷うことはな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

12年ぶりに公開さされた、妙心寺 東海庵へ

『第47回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開』で、12年ぶりに公開さされた、妙心寺 東海庵に行ってきました。 妙心寺塔頭寺院の一つである東海庵は、「龍泉派」「霊雲派」「聖澤派」とともに『妙心寺四派』と呼ばれる「東海派」の本庵です。1484年(文明16年)斉藤越前守利国の妻・利貞尼が妙心寺の住持をつとめた悟渓宗頓禅師を開祖として創建…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

花園法皇離宮跡 妙心寺発祥地 玉鳳院へ

寝違えました。 まさか金環日食を見るために見上げてたから? そんな訳ないか。 そんなこんなで、随分前の話ですが、公開する時期を逸っしたものでも・・・。 今日になって、やっと振り返ることができるようになりました。 「第46回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」に…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

皇室ゆかりの泉涌寺 雲龍院へ

那須与一ゆかりの即成院を出たあと、再び泉湧寺道を登り、泉湧寺山門を通り過ぎたところにある、「第46回京の冬の旅 非公開文化財特別公開」の泉湧寺 雲龍院へ行きました。 雲龍院の歴史は、1372年(応安5)、北朝の後光巌天皇によって創建された御寺・泉湧寺の別格本山。後光巌天皇の子・後円融天皇が写経の功徳を信奉したため写経道場として知ら…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

日本三如来の本尊 平等寺(因幡堂)へ

通称「因幡薬師」で知られる平等寺。 平安時代には洛中での寺院建立は許されなかったそうで、堂を自称する仏閣だ誕生しました。六角堂・革堂・因幡堂などはその例で、庶民をの寺として地域に根をおろしたそうです。 その因幡堂の歴史は、1003年(長保5)に橘行平の私邸を寺として、孫の光明禅師を本願として創建され、後に高倉天皇の勅願を賜っ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

伏見宮家や足利9代将軍・足利義尚の菩提寺 相国寺 大光明寺へ

同志社大学の文化財建造物を見て廻ったあと、相国寺大光明寺へ行きました。 「第46回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」で18年振りに公開されると聞き、是非行きたかった寺院の一つだったんで、こちらが主目的だった訳です。 相国寺に12ケ所ある塔頭寺院の一つで、臨済宗相国寺派 大光明寺といいます。 1392年(暦応2)に、後伏見天…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

脇坂安治の菩提寺 妙心寺 隣華院へ

脇坂安治と聞いて賤ヶ岳七本槍の一人と分かった人は、歴史好きで間違いないでしょう。 羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と柴田勝家が近江北部の賤ヶ岳付近で対峙し、戦ったことを賤ヶ岳の戦いと呼ばれています。この戦いで秀吉から感状と恩賞を賜った旗本7人を賤ヶ岳の7本槍と呼ばれるようになりました。 ちなみに賤ヶ岳七本槍は、福島正…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

後白河法皇ゆかりの寺 長講堂へ

「第46回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」が、底冷えする京都で今年も始まりました。 今日は、その中から長 講 堂へ行ってきました。 平安時代の後期、30余年にわたって院政を敷いた後白河法皇が、1183年(壽永2)に六条御所に持仏堂を建立したのが始まり。 正式名称は、法華長講弥陀三昧堂といいます。 私は所用があっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more