テーマ:

雨が降る天龍寺曹源池庭園へ

3月21日(木・祝)は、朝から雨模様でしたが、当初の予定どおり、お彼岸にも入ったことだし、墓参りに行くことにしてました。まだ膝の具合が良くないので車で出発し、天龍寺の境内に車を止めました。今日は祝日で、この日は“彼岸の中日”お花を持った人もチラホラ、まだ観光客の姿はありません。 雨が降る中、石畳も濡れていますが、膝を怪我しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅が見頃の北野天満宮「梅苑」へ

「北野天満宮 梅苑」をゆっくり散策しました。梅の香りが本当に気持ち良いです・・・が、私には天敵の“花粉”が最盛期の勢いで飛散しており、目が痒くて仕方ありません。それで、マスクを取って“茶屋”に行ってみると、まだ誰も座って居ません。皆さん“茶屋”より梅の花を楽しまれています。 梅苑に入ると、京都では有名な“老松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅が見頃の北野天満宮へ

3月8日(金)は、伊豆に旅行へ行ってから2週間振りに出掛けました。まだ怪我した右膝は本調子にほど遠い状態ですが、父の形見である“杖”を借りたら、何とか歩けるので、何処に出掛けようかなぁ・・・と前日に考えていたら、関西ローカルニュースが“北野天満宮の梅苑”を紹介されました。何度も来ている“梅苑”ですが、興味を引いたのが、長らく工事をされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見頃を少し過ぎた梅を見に北野天満宮 梅苑へ

3月24日(金)は、本来なら2月3日(金)に行く予定にしてた所を巡りました。2月3日・・・一生忘れてないであろう愛猫が死んだ日です。全ての予定をキャンセルしたため、この日に再度計画したわけです。 先ずは北野天満宮の梅苑に行きました。2月3日では別の所でしたが、ここだけは違います。ただ見頃は多分過ぎてるだろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅が満開の北野天満宮で「宝刀展」を見に行く

今年は桜の開花が早くて、各地で桜の開花が聞こえてきました。それなのに、梅の記事を書いてます。これがアップされる頃には桜は満開になっているのでしょう。 3月5日(土)は、朝から2月28日(日)に行けなかった所へリベンジに出掛けました。その前に北野天満宮の梅が見頃になったニュースを見て、寄ってみようと思った次第です。 嵐電「北野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』【中編】へ

前編からの続きです。このイベントの目的である梅苑早朝特別参拝の始まりです。普段は無料で見られるエリアですが、今年から紅梅殿 西広場として区切られてました。 ほぼ毎年来てる者にとっては、今年から入れなくなったのは、少々納得し難い感じはありますね。 梅苑は、ほぼ見頃でした。昨年も同じ3月8日に来ましたが、毎年ほぼ変わらないです。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』へ

3月8日(日)北野天満宮で、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『北野天満宮 梅苑早朝特別参拝と七不思議めぐり』へ行ってきました。 イベントは、8時30分から始まりますが、例によって少し早く着いて、写真を撮りにきました。嵐電「北野白梅町」駅を降りて5分ぐらいで、大鳥居の前に着きました。 8時少し前に着きま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨お松明式 嵯峨釈迦堂へ

毎年、3月15日の『涅槃会(えはんえ)』には、清涼寺(嵯峨釈迦堂)にいてお松明式が行われます。大文字の送り火・鞍馬の火祭と並んで京都三大火祭りとして多くの人に知られる伝統行事です。 京都に春の訪れを告げる清凉寺(嵯峨釈迦堂)の伝統行事「お松明(たいまつ)式は、釈迦が入滅した日をしのぶ「涅槃会」の行事として毎年3月15日に営まれます…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅が見頃となった北野天満宮へ

北野天満宮は、京都でも随心院の小野梅園と並んで梅の名所で知られており、その北野天満宮に3月8日(土)に行ってきました。 この日は、3ヶ月に一度の通院日。思ってたより早く終わったので急いで北野天満宮に向かった結果、9時30分には付くことが出来ました。ただ境内は、梅を見に来られた観光客や受検シーズンのため学生さんが多くて、すごく賑わっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more