テーマ:精進料理

アメリカ人禅僧 トーマス・カーシュナー師とめぐる臨川寺と天龍寺の特別拝観【篩月亭 編】へ

11時45分に法堂を出たら、その前に集合して次ぎに、天龍寺の精進料理「篩月」に向かいます。ただ一般と違い、団体専用の友雲庵(ゆううんあん)から入りましたが、ここから入るのは初めてです。 門を入ると正面に式台がありましたが、そこを通過して庫裏から参加者全員で入りました。ここは天龍寺の研究棟である精耕館(天龍寺国際宗教哲学研究所)と隣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧嵯峨御所大覚寺門跡 通常非公開『庭湖館』で精進料理『大覚寺お豆腐御膳』を

正寝殿を出て、次ぎに案内されたのが庭湖館でした。ここは通常非公開の書院で、私も初めて入りました。 正寝殿から柵を開けてもらい、長い廊下を通って行きます。 庭湖館から正寝殿を見てます。ここの嵯峨菊は萎れてません。綺麗でした。 入るとお膳が用意されてました。ここでこの日の鑑賞会の参加者が分かりました。20名募集で、15名が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺直営店 精進料理の篩月へ

天龍寺には、精進料理の直営店である篩月(しげつ)があります。年に数回訪れる天龍寺も篩月には、まだ行ったことがありません。それもこれも精進料理に魅力を感じなかったからです。 しかし、妙心寺東林院・東福寺天得院・大徳寺 泉仙・比叡山延暦寺・滋賀 西教寺・奈良 正暦寺で精進料理をいただき、肉や魚を使わなくても、料理の仕方で美味しくいただ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

昼食は、正暦寺参籠所で精進料理を食す。

本堂を出て、全員が揃うまで少し時間があったので、住職さんの話では、メインスタジアムを写真に収めました。(かつての境内は規模が大きく、この本堂あたりが正暦寺の中心だったようで、それを称してメインスタジアムと言われてました。) 最初は、階段を登ったところにある鐘楼です。 1926年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は、精進鉄鉢料理の泉仙へ

大徳寺 聚光院の門前で再び集合します。そして全員が揃ったところでバスガイドさんの案内のもと、昼食会場の泉仙 大慈院店に向かいます。 だいたい歩いて5分もかからず大徳寺塔頭 大慈院の表門に着きました。 この門までは以前、来たことがありますが、中に入るのは初めてです。 門を入ると左手に方丈への参道があって進めません。そして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昼食は、西教寺で精進料理『菊御膳』を食す。

三井寺の駐車場を出発したバスは、湖西を北上します。そして比叡山の麓、坂本にある西教寺に12時26分に着きました。 お昼を回っているので、「着いたら食事会場に案内します」とバスガイドさんより車内で案内がありました。そしたらバスを降りたら雨が降ってきて・・・慌てて食事会場に入りました。(それじゃ面白くないので 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は精進料理 延暦寺会館へ

根本中堂から徒歩3分ぐらいのところに延暦寺会館はあります。 ここは宿泊もでき、琵琶湖を望める絶好の眺望が部屋から楽しめるみたいです。 着いたら直ぐに2階に上がるように案内されたので、バスガイドさんのあとを付いていきます。 食堂に入ると既に火はついてました。そして席に着いたら、食事をいただきました。表の看板にあった比叡御膳です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桔梗の寺 東福寺塔頭 天得院で精進料理を

京都市内は、一昨日と昨日が36.9℃。今日も予想では37℃。梅雨が明けたら猛暑がやってきました。もう体がもちません。 話変わって、京都屈指の花の寺で桔梗の寺として有名な臨済宗東福寺塔頭 天得院へ7月6日(土)に行って来ました。 先週は、時折降る強い雨に悩まされました。特に4日の夜から5日の未明にかけては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小豆粥で初春を祝う会」の妙心寺東林院へ

通常非公開の妙心寺東林院は、昨年「沙羅の花を愛でる会」で行きました。その時「小豆粥で初春を祝う会」のことを知ったんです。 小豆粥は桜粥、餅粥ともいい、七草粥と同じように、日本古来の新春の優雅な行事で、新年にこれを食すると、一年間の邪気を払い万病を除くと言い伝えられています。 嵐電妙心寺駅を降りると妙心寺には北門から入りま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more