テーマ:ライトアップ

元離宮二条城 ライトアップ2014へ

ソメイヨシノが散り始めて、遅咲きの枝垂れ桜が見頃を迎えてた4月11日(金)、会社を退社してから元離宮二条城のライトアップを見に行きました。 二条城のライトアップは18時00分から再入城ですが、私は、バスを乗り継ぎ18時10分過ぎに着きました。 日没が18時30分頃だったと思うので、まだ明るいです。 新聞やネットの情報で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山花灯路 夜間特別拝観 落柿舎へ

大河内山荘を出て再び常寂光寺の方へ戻ります。そして二尊院に向かうか落柿舎に行くかの選択で、落柿舎の前を通ることにしました。 この道をまっすぐいけば二尊院。右に曲がれば落柿舎です。落柿舎の前が明るく照らされてます。暗くて見えませんが、この前は畑です。 特に入るつもりはなかったんですけど、門の前で写真だけ撮るつもりでした。中を覗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山花灯路 夜間特別拝観 大河内山荘へ

常寂光寺を出て、足元を露地行灯に照らされながら次に向かったのが大河内山荘です。人の流れは嵐山から野宮神社。そして竹林の小径(こみち)から大河内山荘、常寂光寺、二尊院と流れてます。そのため流れと逆になりました。 トロッコ嵐山駅横の急な坂を一気に登ると大河内山荘の入口に着きました。 ちょうど大人気の竹林の小径を登り切ったところに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山花灯路 夜間特別拝観 常寂光寺へ

毎冬恒例の嵐山花灯路が12月14日(土)~12月23日(月・祝)まで開催されました。この期間中帰りの電車は混むし、遅くまで人が通るので少々辟易なんですけど、それでも12月20日(金)に会社から帰って、夕食を済ませたあと、花灯路を見てきました。 この日の夜の天気予報は、冬型が強まって冷え込み所によって雨と出でました。夕食を食べ、冷え…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

名残の紅葉 高台寺ライトアップへ

いもぼう 平野家本家を出たら薄暗くなってきました。これから行く高台寺は17時からライトアップが始まります。目指すは一直線に北政所・ねね(高台院)ゆかりの高台寺です。 円山公園からねねの小路を通って高台寺に向かいましたが、予想に反して歩いてる人が多くて・・・高台寺のライトアップやその先の清水寺のライトアップに向かう人でしょう。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の天龍寺塔頭 宝厳院 ライトアップへ

12月2日(月)会社の帰りに、天龍寺塔頭で紅葉の名所で知られる宝厳院 ライトアップを見てきました。 昨日、厭離庵の散り紅葉を楽しめたし、盛りは過ぎてるのは分かってましたが、思い切って行くことにしました。「月曜日の夜」「盛りは過ぎている」の条件を考えたら、「多分空いているだろう」と思ってましたが、行列こそありませんでしたが、若いカッ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

維新の光 廣誠院 夜間ライトアップへ

京都文化協会主催で、通常非公開寺院の臨済宗 保水山 廣誠院が特別公開されました。 廣誠院(こうせいいん)は臨済宗の単立寺院で、明治まで長州藩の屋敷があった所に、旧薩摩藩士・伊集院兼常が1892年(明治25)に自らの邸宅として建てたものです。現存する書院や茶室、広間などはこの時につくられました。その後屋敷は、下郷家から廣瀬家の手に渡…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「梵燈のあかりに親しむ会」の妙心寺東林院へ

沙羅の樹の庭で有名な妙心寺塔頭 東林院で、 秋の行事として恒例になった「梵燈のあかりに親しむ会」が今年も行われました(10月5日~14日)。 住職さん手づくりの瓦製梵燈に約400本のろうそくが灯り、幻想の世界に引き込まれます。毎年この時期に特別公開され多くの参拝者が訪れます。 私も初めて訪れました。 仕事を終え会社からバス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『真紅の水鏡』大覚寺夜間特別拝観へ

仕事から帰ってすぐに、例年紅葉の時期にライトアップされる大覚寺へ行ってきました。 一昨日の20日(日)に行ったばかり、ただ、ライトアップに来たのは実は初めてなんです。 現在、大覚寺は『真紅の水鏡』夜間特別拝観として、12月4日(日)まで、17時30分~20時30分(20時受付終了)、拝観料500円。昼夜入替制です。 日々朝が…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more