テーマ:世界文化遺産

冬枯れの世界文化遺産 天龍寺曹源池庭園へ

今年で最後の嵐山花灯路が12月19日(日)に終わりました。来年以降は実施されない理由は、京都市の借金が8500億円もあって、10年以内に財政破綻するかもと言われているほど財政は逼迫していると、やっぱりコロナ禍で協賛企業の協力金が得られないためとか。これ以上、借金が増えて市民生活が皺寄せされても困るので、終わったことで安心してます(これか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弘法大師と醍醐寺~空海上人の想い~」展が開催中の醍醐寺 霊宝館へ

長尾天満宮から降りてきて、醍醐寺に西大門の前を通ると旗を持ったガイドさんを先頭に団体さんが入って行かれました。紅葉が綺麗だったので多くの人が来られているのでしょう、次は友人と相談して醍醐寺 霊宝館に入ることにしました。仏像好きの私の趣味に付き合って貰うことになってしまいましたが、友人も嫌いじゃないから良かったです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の世界文化遺産 真言宗醍醐派總本山 醍醐寺下伽藍へ

世界文化遺産 真言宗醍醐派總本山 醍醐寺三宝院を出て、下伽藍の入口である西大門(仁王門)に向かいますが、そちらの方向には多くの方が歩かれています。 三宝院前から「西大門(仁王門)」を見ると、門外が赤く染まっています。紅葉が期待できすね。 人が多いので帰りに撮ったんですが、途切れなかったです。ここの仁王像(重文)は、1134年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の世界文化遺産 真言宗醍醐派總本山 醍醐寺三宝院へ

京都市伏見区小栗栖にある「明智藪」から「明智光秀の胴塚」を通って、最初の目的地である醍醐寺までは直ぐです。醍醐寺駐車場には、8時58分に着きました。醍醐寺には、2015年(平成27年)11月20日にライトアップに来て以来ですし、醍醐寺三宝院は、2006年(平成18年)9月24日以来、来て無かったです。 醍醐寺の拝観券は、桜の時期・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉が見頃となった世界文化遺産 龍安寺へ

11月22日(月)は、朝から雨降りでした。琵琶湖の水位も下がる一方の晴天が続いていたのに、出掛ける予定にしていた日が久々の雨降りとは・・・残念ですが、それでも世界文化遺産 龍安寺の紅葉を見に行きました。余談ですが、20日(土)と21日(日)の両日、京都は凄い人出でした。京都新聞では天龍寺の写真が載ってましたが、大阪の朝のラッシュ時のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「重要文化財 二の丸御殿障壁画 原画公開 後期展」元離宮二条城へ

元離宮二条城は、「徳川家の栄枯盛衰をはじめ、日本の歴史の移り変わりを見守ってきたお城です」とHPでは紹介されているとおり、寛永行幸の時、後水尾天皇は2回天守閣へ登られたようで、この二条城天守閣は天皇が登った唯一の天守閣と言われています。ただ1750年(寛延3年)の落雷により焼失後は、再建されることなく現在に至っています。その天守閣は、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言が解除され久し振りに開城となった元離宮二条城へ

昨年の8月3日(月)に「元離宮二条城 年間バスボート」を購入しました。期限は2020年(令和2年)8月3日(月)~2021年(令和3年)8月2日(月)の一年間です。ただ、その期間中に京都府での緊急事態宣言措置に伴い臨時休城が、4月25日~5月31日まで37日間分と8月23日~9月30日まで39日間取られたため、私の年間バスボートも11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 比叡山延暦寺西塔エリアへ

世界文化遺産 比叡山延暦寺の東塔エリアから西塔エリアに直ぐに着きます。西塔には2020年(令和2年)10月20日に、特別公開された釈迦堂・瑠璃堂内陣に行きました。それ以来です。 10時9分に、西塔エリアの駐車場に着きました。着くと、巡回バスが着きましたが、乗り降りは無かったです。それを横目に西塔エリアに入って行きます。 暫く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝教大師1200年大遠忌「最澄と比叡山~最澄の志を継ぐ堂塔~」東塔エリアへ

9月21日(火)は、今年の1月以来、友人と出かけました。私は2度目のワクチン接種が済んで1ケ月が過ぎ、友人は新型コロナワクチンの職域接種の1回目が済んだことと、最近新車に乗り換えたと聞いたので久々のドライブに同伴したわけです。 目的地は、霊峰比叡山延暦寺です。伝教大師1200年大遠忌「最澄と比叡山~最澄の志を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 教王護国寺(東寺)「秋期特別公開」へ

3連休を利用して2年振りに帰って来た東京の家族も、9月20日(月・祝)には東京へ帰ります。前日に「京都駅まで送って」と頼まれたこともあって、世界文化遺産 教王護国寺(東寺)に寄ってから京都駅へ送るコースで実家を出発。通い慣れた東寺ですが、3月30日(火)に満開の桜を見に来て以来ですし、京都生まれの東京の家族は、「行ったことが無い」らしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏空から秋空に入れ代わり絶好の天気に恵まれた天龍寺曹源池庭園へ

9月10日(金)は、最低気温が19.4℃と今季最低を記録。それに湿度が30%台となっていたので、少しばかり肌寒さを感じました。ただ空を見上げると雲一つ無い快晴で、特に出掛ける予定も無かったので、天龍寺曹源池庭園を見てこようと思い立ち、徒歩で向かった次第です。 天龍寺に着いたのが9時46分で、いつもより少し遅いです。それで緊急時代宣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不思議な禅寺の「石庭」を見に世界文化遺産 龍安寺へ

8月25日(水)の前週、ファイザー製ワクチンの2度目の接種を終え、世間一般的に言われる2週間までもう少しとなりました。京都は20日(金)から緊急時代宣言下となりましたが、私は世界文化遺産 龍安寺に行って来ました。 ワクチン接種は、一回目と二回目について筋肉痛が2日ほどあった程度で、発熱も倦怠感もありませんでした。やっぱり若くないん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の「世界文化遺産 天龍寺 曹源池庭園」へ

8月4日(水)に天龍寺塔頭三秀院の施餓鬼供養に行き、お墓も清掃してきましたが、あまりにも暑かったので少し中途半端で帰ってしまったので、今度は家族に手伝ってもらおうと思い、再び天龍寺に8月11日(水)にやってきた次第です。 車は天龍寺の駐車場に、いつものように9時30分頃に入れました。ただ、ここ最近では見たこともないほど多くの車が止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 天龍寺「放生池」に蓮の花再び

7月14日(水)に天龍寺の放生池に、蓮の花を見に行きました。近年ななく見事な咲きっぷりだったので、7月23日(金)に天龍寺に行き、再び蓮の花を見に行ったわけです。 7月23日(金)は、東京オリンピックの開会式の日でしたし、ソフトボールやサッカーなどは試合が始まってました。京都は梅雨明け以降、猛暑日が続いており、日中に外出することは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元離宮二条城 国宝 二の丸御殿「大広間二の間」特別入室

今年の近畿地方の梅雨明けは、7月17日(土)で、平年より2日早く、昨年よりも15日早い梅雨明けですが、今年は梅雨入りが早かったこともあり、梅雨期間は過去最長の62日間の長い梅雨となりました。そして梅雨が明けた7月19日(月)が、37.2℃。20日(火)が37.3℃と猛暑が復活。その翌日の21日(水)は朝から快晴で、3日連続の猛暑日は確実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産「天龍寺」の放生池に蓮の花が咲く

7月14日(水)は、天龍寺に蓮の花を見に行きました。所用のため7時20分頃天龍寺の駐車場に車を入れようとしましたが、チェーンがあるので7時30分まで入れません。そこは地元嵐山、何とかなります。 車は、「放生池(蓮池)」の横に止めたので、この写真は帰りのものです。早朝でも近所の方など蓮の花を見に来られてました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺の境内を散策

世界文化遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺の「国名勝指定記念 特別拝観 仁和寺御所庭園」を鑑賞したあと、そのまま帰るのは勿体ないのと思い、久しく境内を散策してなかったので見て行くことにしました。 「本坊表門」(重要文化財)を出ると、右手に雄大な「二王門」(重要文化財)が見えますが、裏側です。暑いので、表側に回り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国名勝指定記念 特別拝観 仁和寺御所庭園へ

世界文化遺産 仁和寺では、2021年(令和3年)3月26日付で、京都市指定名勝「仁和寺庭園」が、国指定名勝「仁和寺御所庭園」として官報告示されました。それで、6月19日より、「国名勝指定記念 特別拝観 仁和寺御所庭園」として、従来の拝観料500円から800円と値上げされました。値上げされたので、何か拝観内容が変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一面の苔に覆われた庭園 世界文化遺産 西芳寺 苔寺へ

「西芳寺(苔寺)で、2004年(平成16年)9月28日以来の見事な苔に覆われた庭園を散策。黄金池を離れ、上段の庭に向かいます。 苔の庭を離れて、石畳の苑路を行くと「向上関」までやって来ました。ただ結界があって登れません。帰ってからHPで調べると、現在は非公開になっていました。残念です。 2004年(平成16年)9月28日、訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都洛西の名庭 世界文化遺産 西芳寺 苔寺へ

「西芳寺(苔寺)では、従来の往復葉書での拝観予約を、6月からWEB予約を始められました。ただ往復葉書では拝観料3000円が、WEB予約では4000円となります。ただでさえ高額の拝観料ですが、久しく行って無かったこともあって、4日前に予約し来て見たわけです。拝観内容は、以前と同様に庭園見学の前に写経を行いますが、全員で集まってお経を唱え一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット予約を始められた世界文化遺産 西芳寺 苔寺へ

「地蔵寺(竹の寺)」を急いで見て回り、それから2004年(平成16年)9月28日以来の「西芳寺(苔寺)に向かいました。前回来た時は、時間通りに開門して、皆で本堂に入り全員でお経を唱えたあと、写経を済ませた人から庭園の拝観となりました。以前から庭園だけの拝観はされていません。この日も写経は書いてあったので、事前に筆ペン(細筆)を購入し、少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺曹源池庭園「百花苑」に咲き誇るアジサイを見る

天龍寺曹源池庭園には、多宝殿の奥に「百花苑」があります。1983年(昭和58年)に整備された庭園で、四季折々の花を楽しめるようになっており、この時期にはアジサイがメインに咲いているはずです。 ここから「百花苑」に入ります。ここに来て初めて、アジサイを撮りに来られている人を知りました。 百花苑には品種が書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 史蹟・特別名勝 開山夢想国師作庭の天龍寺曹源池庭園へ

5月16日に、史上最速で梅雨入りしたあとは、近畿各地で大雨を記録。大阪市は24時間降水量が190㍉と5月としては「観測史上最多」となり、一週間ほど雨が続きましたが、それから雨が降りません。6月に入ってからは4日に降りましたが、そのあとは梅雨前線が南海上に下がり、快晴が続きました。しかし、その高気圧も東海上に抜けつつある6月11日(金)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 元離宮二条城の名園を巡る

元離宮二条城のアジサイを見たあと、城内を一周します。本丸に通じる「西橋」まで来ると、その前にある休憩所で家族が休んで居る間に、私だけ久し振りに「本丸」に行き、誰も居なさそうなので、天守台にこれから登ります。 後程、訪れる二の丸庭園と違い、本丸庭園は「芝庭風築山式庭園」となっています。それを見ながら天守台に登ってみます。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 元離宮二条城 通常非公開の西南隅櫓エリアのアジサイ園が見頃に

6月7日(月)、京都市の最高気温は32.6℃で今季3度目の真夏日を記録するほど暑かったです。まだ、湿気が真夏に比べて低いので助かってますが、これから熱中症に要注意となるでしょうね。そして翌日ですが、朝から晴天で9時の段階で26℃を越えました。そんな朝から暑い日でしたが、年間バスボートを持っている世界文化遺産 元離宮二条城に行きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

躑躅咲く天龍寺曹源池庭園へ

4月27日(火)は、京都国立博物館に「凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ」(後期展)に行く予定でした。前売り券を買って、前期には4月15日(木)に行きました。そして後期は27日(火)と決めていたところ、京都に緊急事態宣言が25日(日)から発出され、京都国立博物館も休館となって突然、行けなくなりました。私の前売り券が、期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅咲きで有名な御室桜を見に 世界文化遺産 仁和寺へ

4月10日(水)は、遅咲き桜で有名な御室桜を見に仁和寺に行きました。昨年は、2020年(令和2年)4月10日に来ましたが、ガラガラでした。その訳は、4月7日に東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に緊急事態宣言を行い、4月16日に対象を全国に拡大したほど新型コロナウイルスの感染が広がったからです。 通常は9時に開場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「二条城桜まつり2021」の元離宮二条城へ

元離宮二条城の城内北側にある「休憩所」付近の、ケイオウザクラやサトザクラを見たあと、「清流園」に戻りました。庭園は当時の高山義三市長によって命名され、東半分が芝生を敷き詰めた洋風庭園、西半分は二棟の建物を含めた池泉回遊式庭園からなる和洋折衷庭園です。 1965年(昭和40年)に造営され、この庭園の庭石は旧角倉了以の屋敷の一部を無償…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅咲きの八重桜が見頃となった元離宮二条城へ

4月6日(火)は、元離宮二条城に行き、遅咲きの八重桜を見てきました。昨年の、8月3日に京都府民限定の「年間パスポート」を購入したので、それ以降、10月7日(水)、1月20日(水)、3月25日(木)に登城しました。それで本日、4度目の登城ということで、家族も連れて来ました。 元離宮二条城第一駐車場に8時46分、車を入れ「年間バスボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄砂で煙る満開の桜 教王護国寺(東寺)へ

3月30日(火)は、朝から濃い黄砂に包まれてました。いつもなら見える東山がまったく見えませんし、天気が良いのに愛宕山が見えないほどです。この日は、当初予定していたとおり世界文化遺産の教王護国寺(東寺)に行きましたが・・・。先週の金曜日に満開になったと情報が入ってきたので、この日にしましたが、この濃い黄砂で出掛けるのを少し躊躇ったのも事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more