テーマ:嵯峨野

朱塗りの玉垣に芸能人や有名人の名前がずらり 車折神社へ

5月28日(木)は、朝に車折神社に寄りました。何度も取り上げている車折神社で、もう写真は良いかなぁ・・・と来て見ましたが、境内を通過するのは通勤の人だけ、忙しく通り抜けられる中、私一人境内を散策します。 三条通りに面している表参道の大鳥居が撤去されたので、車折神社には裏参道から入ります。 車折神社の境内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人観光客が消え去った「竹林の小経」へ

嵐山 亀山公園を出て、次に「竹林の小経」に向かいました。この竹林の小経に、最近では2月15日(土)に、会社の人と3名で行ってます。2月では新型コロナウイルスの影響が出てきて、中国人観光客の姿は皆無とは言いませんが、少なくなってました。それでも外国人観光客は多かったですね、3人ともマスクをして怖々通ったものです。あれから3ケ月たちました・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝の嵐山 亀山公園へ

5月14日(木)は、一週間前と同じく早朝に散歩に出掛けました。目的は、一週間前に断念したあの・・・小倉山山麓の階段を登ることです。 この日も先週と同様に天気は良かったです。それでも少々暑いかなぁ・・・と思いつつ、早朝の気持良い空気を吸い目的地に向かいます。ここまで来る右手に落柿舎、正面には常寂光寺が見えてきました。 常寂光寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型連休が明けて嵯峨野を散歩

今年の大型連休は、緊急事態宣言が出されたこともあって5月2日~6日は買い物も行かず、家から出なかったです。それで連休明けの7日(木)は、早朝に散歩へ出掛けました。 散歩での運動は、不要不急には当たらないとテレビでも放送されてましたが、今まで溜まっていた家の用事があったので、運動不足では無かったかと思います。そして、連休明けの7日(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天照大神を祭神とする斎宮神社へ

蛇塚古墳から、天神川の支流を上がっていき、三条通りに出て直ぐにに斎宮神社(さいぐう-じんじゃ)があるので、寄って行きました。三条通りに面しているので、普段から前は数え切れないぐらい通っていますが、境内に入るのは2016年(平成28年)9月3日です。 三条通りは、車やパス、人や自転車がひっきりなしに通ります。これはワンチャンスで撮れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車折神社の桜

3月26日(木)は、帰りに車折神社に寄りました。時計の針は17時15分を回っていましたが、この桜の季節に新型コロナウイルスの影響で、人混みに行きたくない心理が働き、近場の車折神社に今季3回目の訪問です。 この時間でも、十数名の方が桜を見に来られています。少し日が陰って暗くなりつつありますが、奥に進みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車折神社 渓仙桜が満開!!

3月23日(月)は、車折神社で有名な「渓仙桜」が満開になっているだろうと思い、所用の合間をみて寄ってみました。 車折神社には3月6日(金)に来て、早咲きの桜を見に来ました。その時には「渓仙桜」は、まだ蕾でした。それから2週間たって、お目当ての「渓仙桜」を見てみると・・・。 と、その前に・・・「芸能神社」の前に咲いて桜が綺麗で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹林の小経へ

天龍寺の北門を出たら、目の前は「竹林の小経」です。 やっぱり外国人観光客は多かったです。平日でも関係ないですね、インスタ映えスポットとして、ここに連れてきました。 北門から大河内山荘まで、けっこうな坂道を登ります。天龍寺の望京の丘で登らせて、ここで登らせて疲れたようです。でも盛んに写真は撮ってました。 最近は、外国人観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野宮神社から竹林の小経へ

2月15日(土)は、今年の3月末で退職される先輩達を送るためお昼を予約してました。遠い所から嵐山まで来ていただいたので私は、嵐山の観光地を案内することにしていました。 集合場所はJR嵯峨嵐山駅にしました。嵐電嵐山駅も考えましたが先輩達のアクセスを考えた結果です。9時30分に待ち合わせて時間通りに来てくれました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨 油掛地蔵へ

今日、2月16日(日)は、今年で9回目となる「京都マラソン2020」が開催されました。初回から毎年必ず応援に行ってましたが、私の記憶では初めての雨降りになったと思います。雨と風が強くランナーには酷な天気でしたが、応援に行く方も、この雨ではカメラのレンズが濡れそうなため、テレビ観戦で済ませました。 それで、マラソンを見に行く予定が行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年度 京都浄土宗寺院 特別大公開 阿弥陀寺へ

10月15日(火)は、令和元年度 京都浄土宗寺院 特別大公開 阿弥陀寺に行きました。公開期間が10月15日(火)~10月17日(木)と平日の3日間のため、仕方ないので休み取りました。 地図を見ていたら、かつて私が入社した当時の会社の事務所に近くて・・・でも、前は通った記憶・・・無いなぁ・・・。で、懐かしさもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五山の送り火の当日、鳥居形で護摩木の奉納へ

ここ最近は、五山の送り火の護摩木奉納は銀閣寺の門前まで行ってましたが、今年は台風10号の影響により、護摩木の奉納が受付中止されました。京都では、台風10号の影響はさぼと無かったですね、昨年の台風21号のトラウマがあって、戦々恐々でしたが・・・。そして五山の送り火の当日である8月16日(金)、久し振りに地元の鳥居形で護摩木を奉納してきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和元年5月1日に御朱印を貰いに行った車折神社へ

5月12日(日)は、“母の日”でしたが、我が家では前日に母を交えて食事をしました。その帰りに、車折神社に寄りました。 車折神社には、「北鳥居」から入りました。何度も来てるので、カメラは不要かなぁ・・・と思ってきたんですけど・・・。 北鳥居の向かいには嵐電「車折神社」駅があります。ここから乗る機会が無いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨豆腐の名店 「嵯峨豆腐 森嘉」へ

「博物館さがの人形の家」を出たら愛宕街道を下ります。帰りは自転車に乗った外国人観光客の集団に日本語で挨拶されたりしましたが、先程の猿には誰も気がつかないようです。“さがの人形の家”で、入口にあるストリートオルガン(ドイツ製)を廻していると、スタッフの方が、入口のドアを開けられ、外に音が聞こえるようにされたんですが、その時には誰も通らなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春季展「お雛さま展」開催中の博物館 京都さがの 人形の家へ

嵯峨野の愛宕街道沿いに博物館 京都さがの 人形の家があります。近くには二尊院や祇王寺、少し先に化野念仏寺がある奥嵯峨に位置します。 普段は不定期で開館されてますが、春季展「お雛さま展」と題して、2月20日(水)~3月31日(日)まで開催されてました。 ここに来るのは多分・・・十数年ぶりだと思います。足の状態が、まだまだ良くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小倉山荘 嵯峨落柿舎前店に

「哲学の道」「金戒光明寺」「真如堂」「法金剛院」で桜を楽しんだ後、いったん家に帰りました。そして今度は徒歩で、小倉山荘 嵯峨落柿舎前店に行きました。 昨年の5月6日(土)に来てるので、写真を撮るつもりは無かったけど、誰も居なかったので撮ってしまいました。この日は、会社の人達への土産を買いにきた次第です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代氏族阿刀氏(あとうじ)の氏神社 阿刀神社へ

満足稲荷神社を出て、再び丸太町通りに出て西に進みます。途中、妻の用事でスーパーで買い物を済ませて、新丸太町通りを車で走ってたら、以前から気になったてた神社があったので、私だけ車を降りて、妻は近くのスーパーで買い物。私だけその神社に行ってみることに。 新丸太町通り沿いにある「式内 阿刀神社」と書かれた石標の奥へ奥へと進みます。正直、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安時代後期の貴族・儒学者であった清原頼業公を祀る車折神社へ

私の会社では特にお盆休みがありません。要するにカレンダー通りで・・・3連休(8月11日~13日)・・・遠方に行くこともないので実家に帰省している姉家族に会うため出掛けましたが、その前に車折神社に寄りました。 三条通りに面して大鳥居が建っています。三条通りは交通量が多いのと、鳥居の右手(東側)に京都市バスと京都バスのバス停が、左に(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清涼寺(嵯峨釈迦堂)へ

5月28日(日)の嵯峨祭りを母が見てみたいと言うので、車が置けゆっくり見られる所をいろいろ探しました。母は昨年、転倒により腰の骨を複雑骨折したため、体が不自由ななり介添えが必要となりました。そのため少しの距離も車での移動が必要ですので、ここ清涼寺(嵯峨釈迦堂)の駐車場に入れて、仁王門前で見て貰おうと計画を立てた次第です。 地元に住…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小倉山荘 嵯峨落柿舎前店へ

連休最終の土曜と日曜は出掛ける予定がなく休養にあてました。昨年は、連休明け初日に真逆の入院・手術と約1ケ月会社を休む羽目にになったから、私にとって凄いブレッシャーなんです。 しかし、近くの小倉山荘 嵯峨落柿舎前店には出掛けました。女房は何度行ってますが私は行ったことがないので、付いて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成29年度 春季 京都非公開文化財特別公開 鹿王院へ

5月5日(金・祝)は、「平成29年度 春季 京都非公開文化財特別公開」の鹿王院に行きました。鹿王院は通常公開されてるので、寺宝の公開がメインです。 昨日は平安郷に行きましたが、その前に鹿王院に寄りました。まだ拝観時間の30分前でしたが写真だけ撮りました。それが下の写真で看板が傾いているのがお分かりかと思います。 総門を入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京料理 味生へ

天龍寺を出て中辻通りを北上します。この日は平日でも観光客が多いのでバスの運転手さんは大変でしょうね。そして中辻通りから少しだけ“竹林の小径”を案内。野々宮神社も観光客で溢れてました。そして笑い話ではありませんが、例の・・・松本伊代さんと早見優さんが立入禁止の線路内で写真を撮った“場所”を案内・・・現場を見れば誰が考えてもアウト{%びっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨 旅籠屋へ

JR嵯峨嵐山駅から北へ徒歩3分弱のところに嵯峨 旅籠屋があります。以前は創作会席料理のお店でしたが、ここ最近は行ってません。一休.cpmを見てたら、以下のメニューを見つけたので会社帰りに行ってみることにしました。 【1日10食限定】アミューズ、本日のスープに名物特大オマール海老フライなど全4品! お一人様 2740円(税サ込) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎宮の旧跡と伝わる斎宮神社(さいぐうじんじゃ)へ

三条通りの「生田(おいだ)口」バス停近くに小さな神社があって斎宮神社(さいぐうじんじゃ)神社といいます。 交通量(車・バス・自転車・歩行者)の多い三条通り沿いに木製の鳥居があります。(土曜日の7時45分頃に来ましたが、それでも多かったです。) 境内の南側から入ると右手(東側)に手水舎があって、ここは水が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かつての天龍寺慈済院境内跡に建つ斎明神社へ

観光地で有名な渡月橋の下流には桂川が流れています(上流は大堰川と言います)。その桂川沿いの道路(罧原堤)を下がり三条通りを少し入ったところに「神明神社」の石標が立っています。 近年、修復された石標のようですが、奥にある駒札は墨の文字が掠れてまったく読めません。 その石標のある細い道を下がると右手(西側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で唯一“髪”の神社 御髪(みかみ)神社へ

2016年(平成28年)の夏は大変暑かったです。そんな暑い中、嵯峨小倉山の麓にある「日本で唯一“髪”の神社」御髪神社に朱印をもらいに行きました。 御髪神社には何度か行ってますが、朱印はまだ貰っていませんでした。嵐山に所用があって、そのついでで寄ってみると・・・。 ポイントは社務所が開いてるかどうかでしたが、先客が社務所で朱印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵯峨野の田園風景が秋色に染まる 後宇多天皇陵へ

兒神社から、広沢池西側の道路をを北に上がります。この辺りは渡来系古代豪族の秦氏の拠点地があったとこだと言われています。そのためか、この辺りには広沢古墳群が点在していますが、一度ゆっくり散策したいものです。 先程見て来た、広沢池も秦氏が構築したとか・・・そんな田園風景の中を車を走らせやって来たのは後宇多天皇陵です。 過去に何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢斎宮・源氏物語旧跡 野宮神社へ

櫟谷・宗像神社を出て渡月橋を渡り暫くすると、世界文化遺産・天龍寺の前通ります。今日は素通りして、そのまま北上し、竹林の小径を入り到着したのが、野宮神社(ののみやじんじゃ)です。 嵐山・嵯峨野の人気スポットだけに人が多かったら朱印だけで、帰る予定でしたが、それほどでもないのでお参りをしていくことにしました。 ここの鳥居は、黒木…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

子供の頃の思い出の地 嵯峨野 有栖川 油掛地蔵へ

車折神社を出て、朝食のパンを買って、次ぎに子供の頃の思い出の地に寄りました。嵯峨野と呼ばれる住宅街の、とある一軒家に祖父母が住んでました。街中で育った私には、田畑が広がる、この地が新鮮でしたね。 今は、当時に比べると格段に田畑が無くなって住宅地に変わってしまいましたが、この稲田だけは変わりません。 半世紀以上も、変わらぬ風景…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

野良猫に誘われて 御髪神社へ

野宮神社から竹林の小径を通って、御髪(みかみ)神社の前を通りました。 この御髪神社には、野良猫が居座ってて良く見かけます。今日も、少し覗いて見たら・・・居ました居ました。3匹も。 「頼むから逃げないで」と心で言いながら近づくと・・・。 子猫は逃げましたが、親猫は残っててくれました。しかし・・・。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more