テーマ:京の夏の旅

第44回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧湯本家住宅へ

9月27日(金)は、第44回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧湯本家住宅に行きました。この“夏の旅”では、町屋が杉本家住宅、吉田家住宅、藤野家住宅と公開されましたが、この旧湯本家住宅は、町屋ではありません。後でガイドさんに聞きましたが旧宅なんですよね。 車は相国寺の北側に止めたので、相国寺の境内を通ります。すると彼岸花が咲いてました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第44回 京の夏の旅 文化財特別公開 藤野家住宅へ

京都御苑を間之町口から出ると、丸太町通りを渡ります。そして高倉通りを少し下がった所にあるのが、この日の目的地である第44回 京の夏の旅 文化財特別公開の藤野家住宅です。 9時55分に着くと、まだ門は閉まっていました。門の前で待っていると係の方より「10時まで待って下さい」と。その間に2組が来られたので、計3組が門が開くのを持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第44回 京の夏の旅 文化財特別公開 杉本家住宅へ

9月20日(金)は、ディナーを予約しているので、15時頃に自宅を出て市バスに乗り西洞院でバスを降ります。天気予報では夜から雨と出ていたので、折りたたみの傘は持参してきましたが、バスに乗っている間に降り始めて、降りたら本降りでした。そこから歩いて5分程度で、「京の夏の旅」で公開された杉本家住宅に着きました。 四条西洞院通りを下り、綾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 長楽館「御成の間」へ

明治期に建てられたレトロな建物である長楽館の1階と2階を見学したあと、いよいよここから第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 長楽館「御成の間」の見学に向かいます。 この階段下に受付があって、ここではチケットの半券を切られます。そして靴を袋に入れ、傘を傘入れに置き上がって行くと・・・。 「御成の間」を覗くと、団体さんで一杯座っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧三井家下鴨別邸【後編】へ

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧三井家下鴨別邸〈主屋二階〉【前編】の続きです。主屋から誰も居ない庭園に自分の靴に履き替え降りました。 庭に降りて主屋と玄関棟を撮りました。この時間になると2階にも人が上がられ、1階の座敷にはガイドさんが多数・・・スタンバイされています。 先ほど2階からみてましたが、泉川から水を引いた瓢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧三井家下鴨別邸〈主屋二階〉へ

この夏に「別荘、別邸、旧宅 お得な3施設共通チケット」が発売され、7月20日に「無鄰菴」、8月3日に「岩倉具視幽棲旧宅」へ行きました。そして最後に残った「旧三井家下鴨別邸」ですが、8月9 日から28 日まで開催の「第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧三井家下鴨別邸〈主屋二階〉」に、プラス190円で見学できるので、8月28日(火)に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 「旧邸御室」【後編】へ

ここ旧邸御室は、2017年(平成29年)より、この大広間で落語会やピアガーデンを開いたり貸し出したりして活用されてる話を先ほどの案内で聞きました。団体さんは独自で、また案内を聞かれています。私は庭を見ると雨もやんでるようでしたので、ここから自分の靴で庭に降りることにしました。 庭に降りると、ガイドさんに確認して上に登ることに。ガイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 「旧邸御室」へ

8月23日(木)は台風20号の接近が予想されたので会社には大きい傘を持参しましたが、結局雨は一滴も降らず・・・折りたたみで充分でした。しかし、JRは15時頃から間引き運転を始め21時頃には最終になると発表してたので、会社からの命令により、通常より早く会社を早退することに。台風20号は徳島県南部に21時頃上陸し、24日午前0時前に兵庫県姫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第42回 京の夏の旅 文化財特別公開 京都大学 花山天文台へ

9月30日(土)は、7月8日(土)から始まった「京の夏の旅」の最終日でした。土壇場になってやっぱり第42回 京の夏の旅 文化財特別公開 京都大学 花山天文台 (かざんてんもんだい) ~古都から宇宙を想う 日本天文学の礎を築いた天文台~に行くことにしました。 花山天文台には、地下鉄東西線「蹴上駅」から、無料のシャトルバスかタクシーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第42回 京の夏の旅 文化財特別公開 本野精吾邸へ

キャピタル東洋亭 本店から北山通り、北大路通りと西に向かいながら南下します。そして西大路通り出ると、混雑する金閣寺前はスルーして、平野神社前を西に入り馬代通りに入って南下、木島櫻谷旧邸の前を西に入り、突き当たりの「タイムズ等持院中町」に車を止めました。 そこから歩いて向かったのは、第42回 京の夏の旅 文化財特別公開 本野精吾邸 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 高台寺へ

お彼岸に入っても暑さは続いてましたが、夏の猛暑に比べたら随分と楽になりました。決して涼しくはありませんが、第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 高台寺に行ってきました。 高台寺は通常拝観していますし、初めて聞いた時は・・・何処を・・・と・・・考えました。答えは「展望台」です。初めて展望台が公開したので、これは是非行ってみたいと思っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 藤田家住宅へ

岩上神社を出たのが9時43分でした。予定では次の所に10時前に必達の予定にしてましたが、一筋上がる所を下がってしまって・・・今出川通りまで出てしまいました。そこから堀川通りに出て北に上がります。そして9時57分・・・10時ギリギリに付きました。 本日訪れたのは、第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 藤田家住宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 ノートルダム女学院中学高等学校 和中庵へ

8月23日(火)は、私にとって最後の夏休み。それで以前から計画していた、第41回 京の夏の旅 文化財特別公開 ノートルダム女学院中学高等学校 和中庵に行ってきました。 公開期間が8月1日(月)~23日(火)までの、夏休み期間しかなかったので、涼しくなってから行く訳にいかなかったんです。病気により入院したため、春の観光シーズンは坊に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第40回 京の夏の旅 文化財特別公開 生谷家住宅へ

上御霊神社から上御霊前通りを西に、途中猿田彦神社の寄り道を経て、烏丸通りを渡り、再び上御霊前通りを西に進むと突き当たりに看板が見えてました。第40回 京の夏の旅 文化財特別公開 生谷家住宅(いくたにけじゅうたく)です。 今年の夏の旅で、唯一未訪問だったのが生谷家住宅です。未訪問と言うより、その存在すら知らなかったのが事実です{%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第40回 京の夏の旅 文化財特別公開 南禅寺 大寧軒へ

8月28日(金)は、4年振りに第40回 京の夏の旅 文化財特別公開で公開された南禅寺 大寧軒(だいねいけん)に行きました。 この日の目的は、東京から帰省中の姉と食事することですが、その前に普段見られない南禅寺 大寧軒が公開中であったので誘いました。私は4年前の2011年7月16日に訪問してるので、2回目です。次回の公開日が未定です…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第40回 京の夏の旅 文化財特別公開 天龍寺塔頭 宝厳院へ

今年も暑い暑い夏の期間に行われる第40回 京の夏の旅 文化財特別公開が7月11日(土)~9月30日(水)にかけて始まりました。 今年は7箇所公開されますが、未訪は1箇所だけと、私には少し物足りなさがあります。夏のお盆の時期、お寺は一年で一番忙しい時期のため期待できません。しかし天龍寺塔頭 宝厳院の書院が初めて公開されるので、この日…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開 建仁寺塔頭 両足院へ

建仁寺の庫裏を出て向かった先は、目と鼻の先にある建仁寺塔頭 両足院です。 通常は非公開ですが、半夏生が色づく頃に「半夏生の庭」が毎年公開されています。2011年と2013年に行きました。それと、今年の京の冬の旅でも来ています。 今年の冬に公開されたのに、第39回 京の夏の旅 文化財特別公開でも公開されました。もう充分だと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開  島原 輪違屋へ

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開で、初めて公開された島原 輪違屋に、8月に入ってから行きました。 7月12日(土)~9月30日(火) 時間10:00~15:30 拝観料600円 今年の夏の旅では、最大の目玉でしょう、輪違屋の公開は・・・と言うか、他は通常公開しているからでしょうね。本当は7月12日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開  相国寺 法堂・方丈へ

バスは、北大路バスターミナル行きで終点まで乗りました。そして地下鉄烏丸線に乗り換え「今出川」駅で下車します。そして向かった先は、臨済宗相国寺派大本山 相国寺です。 相国寺は金閣寺・銀閣寺を配下にもつ大寺ですが、普段は公開されてません。しかし、春・秋には必ず公開され私も何度か訪問しているので珍しくはありませんが、ここ3年程、方丈が工…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開  しょうざん庭園へ

峰玉亭の見学には20分ほどかかりました。ガイドさんの話にもあったように、何周でも見て回れますが、今日のメイトは祇園祭に行くこと。しょうざん庭園もゆっくり散策したいので、峰玉亭(ほうぎょくてい)を後にしました。 峰玉亭を中心にしたら、反時計回りに庭園を見て回ります。 この庭園には北山台杉が約1000本も植わってて、これほどの台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開  しょうざん 峰玉亭へ

京都の暑い暑い夏に開催される第39回 京の夏の旅 文化財特別公開ですが、7月12日(土)に始まりました。そして早速、7月16日(水)にしょうざん 峰玉亭(ほうぎょくてい)に行ってきました。 京都は、7月1日から始まった祇園祭(前祭)が7月17日に山鉾巡行でクライマックスを迎えます。訪問した16日は、宵山の日でこの後、祇園祭に行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 祇園閣 大雲院へ

京料理 琢磨本店を出て、向かったのが第38回 京の夏の旅 文化財特別公開中の祇園閣 大雲院です。 大雲院は、1587年(天正15)正親町天皇の勅命により、織田信長、信忠父子の菩提を弔うため、開山貞安上人に御池御所(烏丸二条南)を賜り、織田信忠の法名に因んで大雲院を寺号とされたのがはじまり。その後、豊臣秀吉によって1590年(天正1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 六道珍皇寺へ

冥土へ通ずる伝説の井戸で知られる六道珍皇寺は、通常は非公開です(本堂、境内は自由参拝可能)。ただ春と秋には定期的に特別公開はされています。 その六道珍皇寺へ、7月22日(月)の昼休みを利用して訪問しました。松原通りを清水寺の方向に上がっていくと、朱塗りの山門と「六道の辻」の碑が見えてきます。 普段、境内は自由に散策できます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 祇園甲部歌舞練場庭園へ

毎年、祇園甲部歌舞練場で開催される『都をどり』は、今年で141回を数えました。その歴史ある祇園甲部歌舞練場庭園が、第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 で公開されたので、7月19日(金)行ってきました。 毎年春に開催れる都をどりでは、祇園甲部歌舞練場庭園は見られます。花街の中に、このような綺麗な庭園があるのかと驚きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 長谷川家住宅へ

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開で公開された長谷川家住宅に行ってきました。 この日は7月17日(水)で、京都市内は祇園祭りの山鉾巡行で盛り上がる中、私は有給休暇で人間ドックに行きました。毎年7月に行ってる年中行事です。 人間ドックは昼までに終わります。折角の有給休暇かもったいないので、近くではありませんが、終わってから歩いて長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 旧嵯峨御所 大覚寺門跡 心経宝塔(基壇内部)へ

今日(7月13日)から、第38回 京の夏の旅 文化財特別公開が始まりました。今週は、連日37℃の猛暑日に見舞われて少々バテ気味ですが、近くの旧嵯峨御所 大覚寺門跡 心経宝塔(基壇内部)へ行くことにしました。 7月13日(土)~9月30日(月)大人 拝観料300円(大覚寺通常拝観には別途 大人500円が必要です) 10:00~16:…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第37回 京の夏の旅 文化財特別公開 龍谷大学大宮学舎本館・龍谷ミュージアムへ

今年の冬に(2月5日に掲載)に、龍谷大学大宮学舎本館の外観を見に行きましたが、第37回「京の夏の旅」で内部が公開されました。 龍谷大学大宮学舎本館と龍谷ミュージアムがセットとなって、他よりも公開時期が短く約1ケ月の公開でした。 以前お話したように、外観は一見するとレンガ造りの石柱が立ち並らんでいるようですが、実は木造で石材を木部に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回 京の夏の旅 文化財特別公開 櫻谷文庫 木島櫻谷旧宅へ

3連休の初日に、明治・大正・昭和初期にかけて活躍された、日本画家・木島櫻谷の旧宅が第37回「京の夏の旅」で公開されましたので、見に行ってきました。 私が良く訪れる等持院にほど近く、旧衣笠村の地に木島櫻谷旧宅は、ひっそり佇んでいます。 木島櫻谷(このしまおうこく)がこの地に住居をかまえたのが、1913年(大正2)のことで、当時は、田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回 京の夏の旅 文化財特別公開 伏見稲荷大社 お茶屋へ

伏見稲荷大社 お茶屋は、1641年(寛永18)に後水尾上皇より御所の古御殿の一部を拝領したもので、書院造に数寄屋造の意匠を巧みに取り入れています。 また、稲荷山を借景とした緑豊かな池泉回遊式庭園も見所です。 荷田春満旧宅での拝観券を見せて入ります。 お茶屋と聞いて祇園の茶屋街を想像してましたが、全然違ってました。{%笑いwe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回 京の夏の旅 文化財特別公開 伏見稲荷大社 荷田春満旧宅へ

今年も『京の夏の旅』が7月7日から始まりました。 伏見稲荷大社の社家に生まれた江戸期の歌人・国学者の荷田春満旧宅(史跡)と後水尾上皇より御所の古御殿の一部を拝領したお茶屋(重文)が今年の夏の旅で初めて公開され見てきました。 梅雨明けと同時に猛暑日も始まりました。連日暑いです。JR奈良線の稲荷駅を出たら、そこはもう伏見稲荷神社の表参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more