テーマ:相国寺

「茶の湯 禅と数奇」承天閣美術館へ

本満寺から相国寺に寄った理由は、承天閣美術館に行くことでした。ここでは「茶の湯 禅と数奇」と題して10月5日(土)~12月22日(日)まで開催されてました。 開山堂を出て、真っ直ぐ北に上がり、庫裏の横から入ります。承天閣美術館は、2017年(平成29年)3月18日の「伊藤若冲展」以来です。 承天閣美術館に至る参道は、紅葉が見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相国寺「秋期特別公開」へ

本満寺を出て、寺町通りから上立売通りを左折し西に進むと、相国寺東門に出るので、そこから相国寺の境内を沿いに北に進み、最初の通りを左折し西に進むと、以前利用したことがあるコインパーキングがあるので、そこに車を止めました。 車は10時28分に入れました。そこから相国寺の北門から境内に入ります。今日の目的は相国寺じゃなくて・・・{%はて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相国寺「秋期特別拝観」へ

相国寺の境内を10時20分頃に歩いていると、お昼をいただくにしても時間が早いこともあって、秋期特別拝観の相国寺に寄って行こうと思いました。何度も来ているので、あくまで時間潰しで来たようなものです。拝観時間は20分以内を目指します。 2日前の25日から始まった特別拝観の模様は、ニュース映像でも流れてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第53回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺 慈照院へ

2月14日(木)は、昼から第53回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺 慈照院に行きました。ここは6年振りの公開で、前回も2013年(平成25年)2月1日の昼から来てました。 2月4日(月)の帰り、駅の構内の階段で右膝が悲鳴を上げて、激痛に耐えて何とか自宅までたどり着くことが出来ましたが、あまりの痛さに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺塔頭 豊光寺

林光院の次は、相国寺境内の西側にある第52回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺塔頭 豊光寺(しょうこくじ ほうこうじ)です。 先程の林光院と同じく、初めて公開された寺院で、今回の“冬の旅”で楽しみの一つでした。山門を入った右手に臨時の拝観受付所がありますが、ここは行列無し・・・です。 ここで京都市文化観光資源保護財団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第52回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺塔頭 林光院へ

第52回 「京の冬の旅」 非公開文化財特別公開のテーマは「明治維新150年記念」と「西郷隆盛」です。 今年も数カ所廻り予定で、1月13日(土)に早速行ってきました。 この日は朝早くに下鴨神社をお参りして、数カ所回ったあと相国寺塔頭 林光院(りんこういん) に11時10分に着きましたが、まだまだ寒いです。しかし、訪問者の多さには驚き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出町の弁天さんで親しまれてる妙音辨財天へ

旧三井家下鴨別邸を出て、鴨川を渡ります。その渡った先の南側にあるのが妙音辨財天です。地元の人からは“出町の弁天さん”で親しまれています。 境内の入口には石造りの鳥居があって、「妙音天」と書かれた扁額か架かっています。私は、ここを出るまで神社たと思い込みました。 入口には墨が掠れて読めない駒札と「妙音辨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生誕300年記念『伊藤若冲展 後期 』相国寺承天閣美術館へ

相国寺の境内に、承天閣美術館があって 生誕300年記念『伊藤若冲展 後期』~本邦初公開 「鸚鵡牡丹図」他~ と題して平成28年12月15日(木)~平成29年5月21日(日)まで開催中でしたので、俵屋吉富「京菓子資料館」のあとに行きました。 昨年の12月8日(木)に、会社のOさんと相国寺を訪問した時、この“若冲展”に行くつもりでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の特別拝観 臨済宗相国寺派 大本山 相国寺へ

臨済宗相国寺派の大本山である相国寺は、京都五山第二位に列せられる名刹です。正式名称は萬年山相國承天禅寺といい、毎年春と秋に特別拝観を実施され、法堂・方丈・春は浴室、秋は開山堂が公開されます。 その相国寺に12月8日(木)に会社の同僚(この秋、等持院ライトアップに一緒に行きました。)・・・Oさんと行ってきました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺境外塔頭 眞如寺へ

熊野神社衣笠分社を出て、そのまま西に進みます。車一台分の細い道ですが、結構交通量は多いです。そして9時58分に目的地に着きました。 相国寺の境外塔頭は3つあって、金閣寺・銀閣寺は誰でもご存じでしょうけど、相国寺の塔頭寺院であることを知ってる人は少ないかと思います。そして残りの一つが本日のメイン、相国寺境外塔頭 眞如寺です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺 養源院へ

相国寺塔頭 大光明寺を出て、そのまま南下します。西に行けば烏丸通りに出られる十字路の西南角にあるのか、第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開で初公開された相国寺塔頭 養源院です。 ここも長得院同様、過去に公開されたことがなく、事前に京都市文化観光資源保護財団へ申込をして招待状をいただいてました。 長得院を出て南下する時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭園を見に4年振りの再訪 相国寺塔頭 大光明寺へ

長得院の南隣に、同じく相国寺塔頭 大光明寺(だいこうみょうじ)があります。4年前の「第46回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」で18年振りに公開された時に行きました。 は閉まってるように見えますが、大丈夫です。横の通用口から入れます。ここに来る予定にはしてませんでしたが、「入ってみよう」と。 門を入ると石畳の先に中門が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 相国寺 長得院へ

今年も1月9日(土)から3月18日(金)まで第50回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開が始まりました。「秘められた京の美をたずねて」の副題で、楽しみにしてたイベントです。 事前に京都市文化観光資源保護財団から招待状を夫婦で4枚(四箇所)いただいていますが、今回は私だけで回る予定にしています。そして早速、地下鉄を乗り継いで「今出川」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開  相国寺 法堂・方丈へ

バスは、北大路バスターミナル行きで終点まで乗りました。そして地下鉄烏丸線に乗り換え「今出川」駅で下車します。そして向かった先は、臨済宗相国寺派大本山 相国寺です。 相国寺は金閣寺・銀閣寺を配下にもつ大寺ですが、普段は公開されてません。しかし、春・秋には必ず公開され私も何度か訪問しているので珍しくはありませんが、ここ3年程、方丈が工…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

足利8代将軍義政や桂宮家の菩提所 相国寺 慈照院へ

今回『京の冬の旅』19年ぶりの公開で、目玉の一つである(私が思っている)相国寺 慈照院に行きました。 普段公開されることがないので、是非行ってみたい寺院でした。相国寺の塔頭寺院ですが、本坊からは少し離れています。地下鉄鞍馬口の南出口を出て、烏丸通りを下がり、2つ目の信号を東に入ると看板が出ているので、迷うこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

伏見宮家や足利9代将軍・足利義尚の菩提寺 相国寺 大光明寺へ

同志社大学の文化財建造物を見て廻ったあと、相国寺大光明寺へ行きました。 「第46回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」で18年振りに公開されると聞き、是非行きたかった寺院の一つだったんで、こちらが主目的だった訳です。 相国寺に12ケ所ある塔頭寺院の一つで、臨済宗相国寺派 大光明寺といいます。 1392年(暦応2)に、後伏見天…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more