テーマ:日本庭園

かつて「南都随一の名園」と謳われた庭園 名勝旧大乗院庭園へ

東大寺ミュージアムから、奈良国立博物館の前を通って、11時12分に奈良ホテルの入口に着きました。 天気が良かったので暑かったのと、まだまだ膝が痛むので、これだけ歩いたらやっぱり痛んできました。ここで地図を確認すると・・・。 この日やって来たのは、奈良ホテルの南側に隣接する「名勝 旧大乗院庭園」で、2017年(平成29年)7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県所有の日本庭園 吉城園へ

依水園の正門を出ると、数歩で吉城園(よしきえん)の入口に着きました。 入口の門をくぐると、正面に拝観受付があって、そこで入園料250円を払います。先の依水園は900円・・・随分、安いなぁ・・・と。 吉城園(よしきえん)は、元興福寺子院の摩尼珠院(まにしゅいん)あった所と伝わりますが、明治になって民間の所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つの時代が異なる庭園を楽しめる依水園へ

入江泰吉旧居を出て、約2分ぐらいでしょうか、次の目的地である依水園に着きました。 9時51分に「正門」前に着きました。ここは9時30分から開門です。以前から庭園が綺麗だと聞いていたので来たかった所です。 アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が毎年日本庭園のランキングを発表しています。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大仙公園 日本庭園へ

仁徳天皇 百舌鳥耳原中陵から駐車場に戻らず、そのまま大仙公園に入りました。事前に大仙公園を調べてて、ここにある日本庭園を見たくなって、向かった次第です。 公園に入ると、地上60㍍の「平和塔」が目立ちます。世界平和を祈念し、郷土の戦争犠牲者を慰霊するための塔だと、あとで知りました。 案内版にしたがって日本庭園に向かいますが、広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 「旧邸御室」【後編】へ

ここ旧邸御室は、2017年(平成29年)より、この大広間で落語会やピアガーデンを開いたり貸し出したりして活用されてる話を先ほどの案内で聞きました。団体さんは独自で、また案内を聞かれています。私は庭を見ると雨もやんでるようでしたので、ここから自分の靴で庭に降りることにしました。 庭に降りると、ガイドさんに確認して上に登ることに。ガイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「別荘、別邸、旧宅 お得な3施設共通チケット」 名勝 無鄰菴へ

この夏、7月20日~8月31日まで、激動の明治の幕開けを語る史跡「岩倉具視幽棲旧宅」、江戸期の大店から一大財閥へと成長した豪商が贅を尽くした建築「旧三井家下鴨別邸」、そして西欧各国との外交盛んな時期に現れた近代日本庭園「無鄰菴」を巡る3施設共通チケットが販売されました。早速、前売りで購入し、7月20日(金)に名勝 無鄰菴に行きました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

御所西 京都平安ホテル「池泉回遊式日本庭園」へ

京菓子資料館を出て、烏丸通りの西側を南下します。実は、護王神社に向かっていたんですが、結構遠かったんや。 10時35分頃に、御所西 京都平安ホテルの前を通りました。2015年(平成27年)3月28日にも見に来た「池泉回遊式日本庭園」に寄って行こうと急に思い着いた次第です。 前回は、昼から来ましたが、今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬枯れの庭園を見に南禅寺塔頭 天授庵へ

日向大神宮からインクラインを通って南禅寺境内に入って来ました。この時、予約時間まで30分もあり南禅寺三門に上がるか、南禅院に行くか、天授庵に行くか・・・それとも境内をウロウロ散策するかの選択がありましたが、そんなに時間も無いので手短な南禅寺塔頭 天授庵に行くことにしました。 境内は異国を思わせるほど外国人が多いです。そんな人達は中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ人禅僧 トーマス・カーシュナー師とめぐる天龍寺の特別拝観【天龍寺 編】へ

精進料理を美味しくいたたぎしたが、母が入院している病院にも行かなくては行けないので、何度も行ってる天龍寺の拝観は断って帰ろうかと計画してました。しかし、スケジュールを見ると普段入れない所に行けるみたいだし、この先も楽しみにしてました。 天龍寺篩月で昼食時に2班に分けられ、私の組は大方丈内に入って、トーマス・ガシュナー師が案内されま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成28年 京都御所春季一般公開【後編】へ

さて、前編の続きです。御池庭を眺めてたりして、一息ついたところで、次ぎに向かいます。御学問所(おがくもんじょ)で、ここも遣戸と障子が開放されてました。 御学問所から中門を抜けるとそこには御常御殿(おつねごてん)があって、その前には御内庭(ごないてい)がありました。綺麗で雅で優雅な日本庭園ですね。 肉…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

平成28年 京都御所春季一般公開【前編】へ

地下鉄東西「東山」駅から約10分ぐらいで、地下鉄烏丸線「丸太町」駅に着きました。京都御所一般公開なら次の「今出川」駅で降りた方が近いのは分かってましたが、私だけ京都御苑内の神社に寄ったので、二人とは相当遅れてしまいました。(この神社は、閑散期にアップします) そして追いついたのが宜秋門(ぎしゅうもん)でした。一般公開の参観者はここ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

庭園を見に4年振りの再訪 相国寺塔頭 大光明寺へ

長得院の南隣に、同じく相国寺塔頭 大光明寺(だいこうみょうじ)があります。4年前の「第46回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」で18年振りに公開された時に行きました。 は閉まってるように見えますが、大丈夫です。横の通用口から入れます。ここに来る予定にはしてませんでしたが、「入ってみよう」と。 門を入ると石畳の先に中門が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェスティン都ホテル京都 佳水園へ

南禅寺塔頭 金地院で姉と妻がバテてしまったので、今日予約しているウェスティン都ホテル京都に行きました。 ただ金地院を出たのが11時頃で、まだ30分もあって、そこで一計を考えました。 ただ歩く距離は短いです。全て5分以内に行けるような距離です。強い日差しを避け三条通りからホテルに入りました。 ここがフロントのあるロビー入口です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三室戸寺 与楽苑内の日本庭園を散策

紫陽花を一通り見て回ったら、次ぎに日本庭園に向かいました。「与楽苑」と書かれた大きな石標から、アジサイ園には、ここから下って行きましたが、今度は石標から真っ直ぐ進みます。 花の名所で、西国10番札所でもある三室戸寺へ何度か来ています。前回がツツジ満開の2007年5月以来ですが、庭園好きの私が気が付かなかったのも不思議なことです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残の桜は 修学院離宮【上離宮編】へ

中離宮から松並木を歩いて行きます。少しだけ登っていますが、気にならない程度でした。そして約7分で、上離宮の御成門に着きました。 ここでガイドさんが鍵を開けられ門を入ります。 すると、苑路は狭く急な階段を上がって行きます。初めて訪れた夏の日に、ここで熱中症の一歩手前になったことを思い出しました。 階段を上がる途中で、デジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残の桜は 修学院離宮【中離宮編】へ

下離宮から美しい田園風景と松並木をガイドさんのあとについて行き、歩くこと5分で、表門に着きました。以前、この前にも綺麗な桜が咲いてたんですが、葉桜でした。 しかし、ここが中離宮の入口ではありません。そのためガイドさんの案内もなく、次ぎに進みます。 このまま進んで階段を上がります。狭い松並木から広い砂利道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名残の桜は 修学院離宮【下離宮編】へ

今年の1月1日の元旦に、桜狙いで予約した修学院離宮に4月9日(木)に行ってきました。最初に予約した(抽選に当たった日)は別の日だったんですが宮内庁の都合で変更になりました。しかし、最初に予約した日は朝から夜まで雨降りでしたね。 そして当日の空模様は・・・曇り空で、時々陽が差す絶好とは言いませんが、まずまずの天気に恵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御所西 京都平安ホテル 日本庭園へ

食事を済ませて、今日の目的である日本庭園を見に行きます。誰も庭を見に行かないので不安はありましたが、先ほど確認したので堂々とガラス戸を開けました。 出入りする扉の横には、この庭の由緒が書いてありました。抜粋すると・・・。 公家屋敷の庭園として江戸時代に造られた池泉回遊式の代表的な名園です。日本庭園の作庭で名高い植治こと7代目…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

小堀遠州の庭が残る南禅寺 方丈庭園へ

南禅寺に来て、南禅寺方丈庭園を見ずに帰ることはできません。南禅院の庫裏の前の石段を降りてくると右手に大きな庫裏が目に飛び込んできます。 時計は15時30分を少し過ぎてました。拝観時間内に入れて良かったです。 入ると先ず、靴を脱いで棚に入れます。そして庫裏を入って左手にある拝観受付で、拝観料500円を納め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

霞中庵 ~近代日本画の巨匠・竹内栖鳳の別邸~ へ

今年の秋、天使の里 霞中庵(かちゅうあん) ~近代日本画の巨匠・竹内栖鳳(たけうちせいほう)の別邸~として平日限定でしたが、初めて公開されました。 私は、2012年の5月に霞中庵 竹内栖鳳記念館を訪れています。その後、株式会社ボークスの会員以外は入れなくなったので来てません。と言うより来れなくなりました。 新丸太町通りに建て…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第50回記念 京都非公開文化財特別公開 知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園へ

青蓮院の前でバスを降りて南に下がります。目的地は第50回記念 京都非公開文化財特別公開中の知恩院です。大方丈・小方丈・方丈庭園が特別に公開されていました。 いつも知恩院に雄大な国宝・三門から入りますが、今日は青蓮院から来たので黒門から入ります。 恥ずかしながらこの門をくぐるのは初めてです。やっぱり知恩…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大徳寺山内で一番古いお寺 大徳寺塔頭 龍源院へ

瑞峯院を出たのが9時20分。大徳寺本坊の拝観開始が9時30分です。普通はそちらに向かうでしょう。しかし予定では9時50分には孤篷庵に向かいたいので、残り時間は20分しか時間が残っていません。そこで次ぎに向かったのが、常時拝観寺院である大徳寺塔頭 龍源院です。孤篷庵に行けば大徳寺本坊には再び山内に戻ることになります。それでも龍源院を選んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回 京の夏の旅 文化財特別公開  しょうざん庭園へ

峰玉亭の見学には20分ほどかかりました。ガイドさんの話にもあったように、何周でも見て回れますが、今日のメイトは祇園祭に行くこと。しょうざん庭園もゆっくり散策したいので、峰玉亭(ほうぎょくてい)を後にしました。 峰玉亭を中心にしたら、反時計回りに庭園を見て回ります。 この庭園には北山台杉が約1000本も植わってて、これほどの台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんこ 高瀬川二条苑で昼食 源流庭園へ

寺町 阿弥陀寺を出たら流石に、お腹がすいてました。本当は、ここからほど近い京料理の老舗 下鴨茶寮に行きたかったんですが人気店のため予約が取れず、いろいろ探した結果、ここからタクシーに乗って、がんこ 高瀬川二条苑に行くことにしたんです。 ここを選んだ理由は、ただ一つ。「庭園を見たい」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺へ

通常非公開の西来院と霊源院の特別公開と文化財高精細複製品展示は紹介しましが、同じ日に当然、臨済宗建仁寺派大本山 建仁寺の紅葉も見に行ってました。 京都文化協会賛助会員でカード提示をすると、建仁寺本坊・西来院・霊源院の3ケ所が無料で入れたんです。そのため、この週はお昼抜き。それでも短い時間で回るのは、しんどかった{%笑いwebry%…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 祇園甲部歌舞練場庭園へ

毎年、祇園甲部歌舞練場で開催される『都をどり』は、今年で141回を数えました。その歴史ある祇園甲部歌舞練場庭園が、第38回 京の夏の旅 文化財特別公開 で公開されたので、7月19日(金)行ってきました。 毎年春に開催れる都をどりでは、祇園甲部歌舞練場庭園は見られます。花街の中に、このような綺麗な庭園があるのかと驚きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の長雨が続く 建仁寺へ

先月5月28日(火)に梅雨入りした近畿地方も、雨は降らず。特に6月に入ってからは、記録的少雨でした。それが6月19日の朝から雨が降り出すと、この日6月20日(木)まで、一度もやまずに降り続いてます。 そんな雨が降り続く6月20日(木)に、建仁寺に行ってきました。 雨の建仁寺、そう言えば行ったことないなぁ・・・と思って、朝まだ雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨は何処に? 爽やかな風が吹き抜ける建仁寺へ

先月、富士旅行の最終日に九州・四国・中国地方が梅雨入りしました。そして、帰った翌日に近畿・東海地方が梅雨入り。その翌日には、関東甲信越地方が梅雨に入りました。 しかしです。その日から雨は一滴も降りません。6月11日にやっと雨は降りましたが、お湿り程度でした。とうとう鴨川の川底の石が露出するまで干上がったところが目立つようになりまし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青モミジが美しい宝厳院 獅子吼の庭へ

嵐山で紅葉の名所で知られる天龍寺 塔頭 宝厳院に行ってきました。 しかし、今日の目的は、5月末で閉館する美空ひばり座でした。あまりの良い天気のため、庭園の綺麗なところに寄ってからにしようと思ったんです。大河内山荘か宝厳院か、結局、青モミジの宝厳院にしました。 山門に拝観受付があって、弘源寺とのセットを聞かれます。今日は、宝厳院しか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

東福寺 光明院の波心庭へ

3月14日(木)~16日(土)の3日間、東福寺で、大涅槃図が公開されました。2年前にも訪れましたが、その大涅槃図を見る前に、先に東福寺塔頭 光明院へ行きました。 ここは、波心庭(はしんてい)という、重森三玲の庭で有名なんです。東福寺には、何度か来てますが、東福寺境内から少し離れているので、今日は初めて来ることができました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more