テーマ:レトロ洋館

豪華絢爛な長楽館内を散策

珈琲を頂いたのが、「球戯の間」と言って、ここにはビリヤード台が置かれていたそうです。 まさかここに通されるとは思ってもいなかった。先客はおられましたが、ゆっくり珈琲を頂きました。 座って後ろを振り返ると、綺麗なステンドグラスが。 ビリヤードを嗜む人が、キューを洗った大理石の洗面台が今も残る。 係りの方に、「他の部…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

村井吉兵衛(煙草王)の別宅・長楽館へ

長楽館(旧村井吉兵衛京都別邸) 明治の煙草王 村井吉兵衛の迎賓館は、立教大学学長で宣教師のアメリカ人ガーディナーの設計によって5年の歳月を費やして完成しました。当時は、日・米・英の著名なVIPも多く滞在し華やかな憩いの場となっていたようです。そこに伊藤博文が滞在し、窓から見事な眺望を七言絶句の漢詩によまれ、扁額に「長楽館」と揮毫さ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

夢二カフェ 五龍閣へ

五 龍 閣(旧松風嘉定邸)は、近代日本を代表する建築家・武田五一による設計で、清水焼窯元を洋食器・ガイシ・陶歯の製造へと国際的な事業に発展させた明治の起業家である松風嘉定の邸宅で主に迎賓館として使われていました。 八坂神社や高台寺からは、二寧坂・産寧坂と登って行きます。そして松原通りに出てから清水寺に向かう方向に10㍍ほど行ったら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大正5年創業 レストラン菊水へ

 前回「ヴォーリス唯一のレストラン建築 東華菜館」で、窓から見えるレストラン菊水を紹介しまたが、今日は食事しに行ってきました。  レストラン菊水は、四条大橋の東詰にあり、大正5年(1916年)創業の老舗洋食レストランで、前回の東華菜館と違って、ここは何回か食べに来ています。 四条大橋東詰・南座の向かいに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヴォーリズ唯一のレストラン建築 東華菜館へ

今年の「京の夏の旅」にて、ヴォーリズ設計の洋館 駒井住宅へ行きましたが、今日は、そのヴォーリズが唯一設計したレストラン建築の東華菜館へ行ってきました。 朝から法事、そして東大谷祖廟で墓参りのあと、四条大橋鴨川西岸に東華菜館はあります。 東華菜館は、旧西欧料理店「矢尾政の建物で、現在は北京料理店。ここを利用するのは二度目で、数…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府庁旧本館 秋の一般公開へ

浄福寺の次に向かった先は、京都府庁。今出川浄福寺バス停から上京区総合庁舎前までバスで移動(6分程度)。そこから歩いて20分ぐらいで京都府庁新町通りの東門から入りました。 門前のカードマンさんに「今日は、旧館の特別公開で来たんですが」と聞くと、「どうぞ」。あっけなく入れました。とごが旧館か案内もなしに。 普段か…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

第36回 京の夏の旅 文化財特別公開 ヴォーリズの洋館 駒井家住宅へ

 遺伝学者であった駒井卓博士の洋館で、名建築家ヴォーリズの設計による昭和初期の洋館の代表作である駒井家住宅へ行ってきました。  駒井家住宅は閑静な北白川の住宅街にひっそりとたたずんでます。 今年の第36回「京の夏の旅」で文化財特別公開されましたので、初めての洋館を見に行きました。  駒井家住宅には、京都市バスで行きました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more