テーマ:レトロ洋館

丹波路を行く 京都府 亀岡市 「京都 亀岡 がんこ 楽々荘」(後編)へ

「京都 亀岡 がんこ 楽々荘」前編の続きです。庭園から戻り、部屋を案内されたのが洋館の1階でした。 予約時に、料理の注文が必要だったので、ここに来るまでに決まってました。それで、既に何品か置いてあります。 そして、仲居さんに「洋館の2階を見せて貰えませんか?」と尋ねると、「今日は予約が入ってないので、どうぞ。良かったら、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 長楽館「御成の間」へ

明治期に建てられたレトロな建物である長楽館の1階と2階を見学したあと、いよいよここから第43回 京の夏の旅 文化財特別公開 長楽館「御成の間」の見学に向かいます。 この階段下に受付があって、ここではチケットの半券を切られます。そして靴を袋に入れ、傘を傘入れに置き上がって行くと・・・。 「御成の間」を覗くと、団体さんで一杯座っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣笠会館(旧藤村岩次郎邸洋館)へ

10月20日(金)は、通院日のため早朝から病院へ。この日は珍しく先生が早く来られたので、早く終わりました。予報では週末に超大型台風21号の接近が伝えられたこともあって、役所に行き期日前投票を済ませました。 そして帰宅し昼食を済ませたら再び外出。出掛けた先は旧藤村岩次郎邸洋館で、現在は衣笠会館(公益財団法人 衣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第42回 京の夏の旅 文化財特別公開 本野精吾邸へ

キャピタル東洋亭 本店から北山通り、北大路通りと西に向かいながら南下します。そして西大路通り出ると、混雑する金閣寺前はスルーして、平野神社前を西に入り馬代通りに入って南下、木島櫻谷旧邸の前を西に入り、突き当たりの「タイムズ等持院中町」に車を止めました。 そこから歩いて向かったのは、第42回 京の夏の旅 文化財特別公開 本野精吾邸 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトロ建築の東華菜館で忘年会

相国寺から六波羅蜜寺を経由して建仁寺へ。そして花見小路通りでは、Oさんの趣味であるカメラの店・・・「ライカ京都店」に入りました。私には手が届かないカメラでしたが、たっぷり見学・・・と言うより私は、古い京町屋を改築された母屋や坪庭を見ていた・・・と言うのが本音です。 それで本日、予約していたレストランは北京料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府庁旧本館「観桜祭」へ

この日に京都府庁に来られた人のお目当ては、殆どが桜でしょう。京都も開花宣言(3月27日)されました。開花宣言は、二条城のソメイヨシノが5輪以上咲いたらされますが、枝垂れ桜は、ソメイヨシノより早く咲き始めます。また、紅枝垂桜は仁和寺の桜ともに遅咲きです(断っておきますが、これは私の考えです。)。と言うことで、旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七条通りのモダン建築を訪ねて

本願寺 伝道院を出て油小路を七条通りまで下がります。平日ならひっきりなしに車が通りますが、日曜日だし少しは少ないですけど、注意しながら南へ進むと・・・・。 1977年(昭和52年)まで市電が通り、京都駅からほど近いこともあって大正から昭和にかけて銀行が集まる京都の中心であった七条通り。烏丸通りから堀川通りにかけて個性的な洋風建築が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本願寺 伝道院へ

龍谷大学大宮キャンパスから歩いて10分程度で本願寺 伝道院に14時5分に着きました。 ここも2012年3月に見に来ました。もちろん外観だけですけど・・・今日は、初めて内部に入れるので、それだけを楽しみに来ました。 先ほどの講話で、ここを設計した建築家の伊東忠太の話を聞きました。私が知っているのは平安神宮と祇園閣ですね。特に怪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『七条通 モダン建築を訪ねる』へ

10月26日(日)、JR東海「そうだ京都、行こう。」の会員限定イベントである『七条通 モダン建築を訪ねる』へ行ってきました。 明治から昭和初期における近代建築が数多く遺る七条通。建築文化財の専門家による案内のもとに散策するというイベントでした。他に通常非公開の龍谷大学大宮学舎本館や西本願寺 伝道院も巡ります。特に滅多に入れない伝道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランソワ喫茶室へ

フランソワ喫茶室は、阪急河原町駅の東改札口を出て、木屋町南出入口から地上に出ます。そして西側の道路を南に下ったところにレトロな感じで建っています。 これを撮影した日は、開店(10時)前で入ることはできませんでした。外を見学しただけでした。 そして後日・・・こちらに用事があったので13時は回ってましたが再訪しました。 先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖ヨゼフ修道院へ

今年の3月に、北野天満宮に梅を見に行き、そのあと平野の家 わざ 永々棟の雛祭りを見に行きました。 その途中のことです。左手に聖ヨゼフ修道院がありました。 ここにレンガ造りの洋館があることは全く知りませんでした。 先も急ぐので写真だけ撮って、帰ってから調べました。 そこで分かったことは、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化財特別鑑賞 近代の名建築を訪ねて 「京都御幸町教会」へ

京都ハリスト教会を14時20分に集合し、全員で出発しました。しかし、私は京都ハリスト教会に向かう途中に事前に写真だけ撮っておきました。ゆっくり歩くのが苦手で自分のペースで歩きたかったので、列には加わらず先に行きました。(後、自転車で来られた方も) 次の文化財特別鑑賞は、あのW.M.ヴォーリズ設計の京都御幸町教会(きょうとごこうまち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

文化財特別鑑賞 近代の名建築を訪ねて 「京都ハリスト教会」へ

1月20日(月)京都市文化観光資源保護財団主催の文化財特別鑑賞 近代の名建築「京都ハリスト教会」を訪ねてに参加しました。 この京都市文化観光資源保護財団の会員になって、初めての近代建築の鑑賞会とあって平日でしたが、昼から休みを取ってまで参加しました。 集合時間が13時15分でしたので、当然昼を食べる暇がありません。会社から急…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスイルミネーション 長楽館へ

高台寺のライトアップを楽しんだあと、帰路につくため円山公園に向かいました。その手前に明治の煙草王 村井吉兵衛の迎賓館であった長楽館があります。 その長楽館が綺麗にクリスマスイルミネーションされてたので、通りすがりの人らが写真を撮ってました。そこで私も。 あまりに綺麗だったので、写真を撮りました。この時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都ハリスト正教会へ

7月15日に桔梗が咲く廬山寺を訪れたあと、祇園祭りに向かいました。その途中にある京都ハリスト正教会に寄りました。 廬山寺から京都御苑内に入り、富小路口から出ます。そしたら向かいに京都地方裁判所があるので、柳馬場通りを下がると暫くすると、左手に京都ハリスト正教会が見えてきます。と言うより突然現れるが正解でしょう。 電話予約した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つやま自然のふしぎ館へ

津山城から衆楽園と廻ってから、津山観光センターまで戻って、遅い昼食を食べました。(その時の模様は別の日アップ予定) 残り時間から津山郷土博物館に行こうと考えていました。 しかし事前に調べると月曜日の定休日の他、今週は火曜・水曜まで休館日となっていました(休み過ぎやろ)。 歩き疲れていたこともあって、つやま自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回 京の夏の旅 文化財特別公開 龍谷大学大宮学舎本館・龍谷ミュージアムへ

今年の冬に(2月5日に掲載)に、龍谷大学大宮学舎本館の外観を見に行きましたが、第37回「京の夏の旅」で内部が公開されました。 龍谷大学大宮学舎本館と龍谷ミュージアムがセットとなって、他よりも公開時期が短く約1ケ月の公開でした。 以前お話したように、外観は一見するとレンガ造りの石柱が立ち並らんでいるようですが、実は木造で石材を木部に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都大学 百周年時計台記念館へ

暑いです。連日の猛暑と言うより37度超え、もう体力が持ちません。 休日も熱中症が怖いですし、外出は控えています。ここ数日は暑いけど風が吹いてて少しましかなぁ・・・。 そこで、先日訪れた京大時計台の話題です。 1925年(大正14)武田五一設計により建造の時計台は、80年近くにわたって京都大学のシンボルとして親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前身は、日本最古の公立女学校 京都府立 鴨沂高校へ

先般、訪れた同志社大学の創立者・新島旧邸を少しだけ北に上がると、京都府立鴨沂高校があります。 私は、鴨沂高校と聞けば沢田研二さんを思い浮かべますが、沢田さんは中退らしい。 この学校の歴史は古く、1872年(明治5)に日本で最初の公立女学校として設立されました。 1923年(大正12)に京都府立京都第一高等女学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「王朝文化の華 近衞家 陽明文庫の名宝展」開催中の京都国立博物館へ

4月の話ですが、洛東遣芳館を出て、次に向かったのが、京都国立博物館(旧帝国京都博物館)です。 洛東遣芳館からは歩いて10分もかかりません。ここのチケットは、読売新聞を取ってる知人から貰いました。 『王朝文化の華 近衞家 陽明文庫の名宝展』は、五摂家の筆頭である近衞家に伝えられた典籍・古文書などを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三条通りの近代建築へ

 先に紹介した、檀王法林寺や瑞泉寺は、三条大橋の近くでした。その三条通を西に進み、河原町通りを渡って寺町通りから烏丸通りにかけて、数々の近代建築を目にします。 京都市の「歴史的界隈景観整備地区」に指定されている、近代建築の宝庫である三条通りは、道幅が狭くて人通りや車の往来など、ビジネス街の中にあるので撮影には苦労しました{%笑いw…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

祇園花街と弥栄会館、歌舞練場へ

桜はまだ咲いてませんが、春の陽気に誘われて、久し振りにカメラを持って、昼休みに祇園花街へ行きました。 先ずは、花見小路通り。 かつて建仁寺の境内で、桜並木だった名残だそうです。花見小路の両側には、お茶屋や老舗の料亭、甘味処などがずらりと立ち並んでいます。 花見小路通りに来たら是非、路地にも入ってみましょう。祇園の花街の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

同志社大学の文化財建築物 再び

前回、同志社大学今出川キャンパスの文化財建造物を見に行きましたが、今回は、同志社女子大学を見に行きました。 織田信長の墓所・阿弥陀寺からは近いので、再び寄った次第です。同志社女子大は女子部正門から入ります。先ず、守衛室で見学の申し出をします。「中は入れませんが、外観だけならどうぞ」と言われます。事前に電話にて問い合わせはしてました…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

西本願寺 伝道院へ

先月、龍谷大学大宮学舎を訪れるため、西本願寺前でバスを降り、堀川通りを渡りました。 堀川通りの西側から東の総門の右端を良く見ると 少し拡大してみます。 イスラムのモスクかロシアのクレムリン宮殿のような屋根が見えました。京都にこんな建物あったかなぁ・・・。と考えつつ、この日は、龍谷大学大宮学舎に向かいました。 それ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

同志社大学の創立者 新島讓の旧邸へ

3月に入り、最初の土曜日に同志社大学の創立者である新島 襄とその妻である八重の私邸「新島旧邸」を見て来ました。 3月~7月・9月~11月の金曜・土曜・日曜と春と秋の京都御所の一般公開日、11月29日の同志社大学創立日に公開されます。時間は、10時~16時 入場料は、無料です。 新島旧邸の前は、何度も通っているので、10時間に…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

歴史ある冨士屋ホテルを散策

翌日、太陽が昇るのを待って、冨士屋ホテルの写真を撮りに行きました。 毎年、お正月の箱根駅伝で、ここ冨士屋ホテルの前を選手が走り、駅伝の中継車がここを写します。今年は、ここで泊まるのが決まってたんで、特に5区はじっくり見てました。 今年も、この看板がテレビ画面で確認出来ました。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

創業明治11年の冨士屋ホテルの探訪ツアーへ

箱根の宿泊は、宮ノ下の冨士屋ホテルです。以前、箱根の旅番組で見てから、いつかは泊まってみたいと思っていたホテルでした。が、JTBのパンフレットを見てると、いろいろ迷ったのも事実ですが・・・。 冨士屋ホテルには15時50分に着きました。予定より、1時間10分も遅く到着。追加料金も入らないと言って廻っていただいた運転手さんに感謝し、別…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

龍谷大学大宮学舎へ

龍谷大学は、1639年(寛永16)西本願寺境内に開設した教育施設「学寮」に源を発し、現在、京都・滋賀に3つのキャンパスを構えています。その中で、今日は大宮学舎へ行ってきました。 龍谷大学発祥の地でもある大宮学舎には、正門・旧守衛所・本館・北黌・南黌・渡り廊下が国の重要文化財に指定されています。 世界文化遺産で有名な西本願寺前…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

同志社大学の文化財建築物へ

同志社大学の今出川キャンパスには、先に紹介したクラーク記念館の他にも、いくつか重要文化財に指定された建造物が残っています。 西門から入って最初に見るのが、彰 栄 館です。 1884年(明治17)9月15日竣工 設計は、D.C.グリーン 施工は、尾滝 菊太郎 煉瓦造りの2階建て。現存する京都市内最古の煉瓦建造物。正面入…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

同志社大学クラーク記念舘へ

1893年(明治26)竣工の同志社大学クラーク記念舘を見て来ました。 同志社大学今出川キャンパスにクラーク記念舘はあります。米国のB.W.クラーク夫妻が早世した息子によせる大きな愛情から、ご夫妻の寄付によって建てられました。 1979年(昭和54)には、重要文化財に指定。阪神大震災を契機に、2003年(平成15)~2007年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more