テーマ:京都定期観光バス

京のお漬物 土井志ば漬本舗へ

勝林院を出て、残る実光院には寄らず、真っ直ぐ土井志ば漬本舗に行きました。大原と言えばしば漬け、しば漬けと言えば土井志ば漬本舗が出てくるぐらい有名で、是非買って帰ろうと最初から計画してました。 もちろん、しば漬けと他、浅漬けの漬け物を買いました。私は糠漬けの漬け物を食べられないので、浅漬けでよかったです。 買い物を済ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声明念仏の道場 大原問答で名高い勝林院へ

宝泉院を出たのが14時24分。この三千院周辺を14時40分には出なくては、確実に集合時間までに駐車場に戻れません。女房は先に土産物店に行かせましたし、私も行くつもりでしたが、勝林院(しょうりんいん)をの前を通ると体が勝手に拝観受付に向いてました。 ここは外からも見えるんですが、やっぱり朱印もいただきたいので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

額縁庭園が見所の宝泉院へ

三千院を出て、手前から実光院、勝林院、宝泉院が残りました。この3ケ寺は、地理的に近いので移動距離の心配は要りません。ただ1ケ寺院を10分・・・これは無理です。ここからは私が行きたい順に行くことにしました。先ずは、庭園が評判の宝泉院からです。 三千院を出て、先ず実光院の前を通り過ぎます。ここでは抹茶とお菓子付き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花が見頃の三千院へ

京都市の北東の山里にある三千院は、京都市内より紫陽花の見頃は遅いです。しかし、今年の紫陽花の見頃は早まり多分、7月には見頃が過ぎるだろうと思い、この日に設定した訳です。これから三千院の紫陽花苑を巡ります。 前回の宇賀神があった弁財天の横にある階段を上がると、そこからは一面アジサイが咲いています。噂通り圧巻の紫陽花苑でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

念仏の里、大原に里に響く魚山声明の旋律 三千院へ

今日のツアーでは、2004年12月3日以来の三千院を一番の楽しみにしてました。三千院には2003年(平成15年)に修復された御殿門から入ります。 大原三千院の歴史は古く約1200年前に遡ります。"三千院"と呼ばれるようになったのは明治期からだそうで、788年(延暦7年)伝教大師最澄が、比叡山に根本中堂を創建した時、東塔南谷に一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

良忍上人が魚山声明を大成した来迎院へ

魚山園を出て真っ直ぐ行くと、三千院ですが、その三千院境内の南側の参道、呂川沿いの緩やかな坂道を登って行きます。大原で最初の訪問を来迎院(らいごういん)に行くことに決めました。 事前に地図を見てても、ここが坂道かどうかは分かりませんでした。ただシュミレーションでは4分ぐらいで着く予定でしたが、この坂道は堪えました。(ゆっくり上がるに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は、魚山園で大原女弁当をいただく。

京都定期観光バスの案内では、「芹生の三千草弁当又は魚山園の大原女弁当付で、指定は出来ません。」と書いてありました。特に、どちらの店でも希望はありませんが、問題は弁当と書いてあったので、何処で弁当を食べるのかと考えてました。「もちろんお店で食べられた良いのに」とは思ってましたが・・・。 写真撮影のあと、バスガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原の里を行く

京都市の北東部、市内から15㎞の山間部に大原はあります。三千院門跡や大原女など有名で観光客が絶えず訪れます。 その大原駐車場にバスは12時10分に着きました。比叡山の駐車場から45分で着いたことになります。 バスを降りて、暫く耳の調子が悪かったです。800㍍もの高度差があったためでしょう。それに暑い・・・山頂の涼しいさから下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延暦寺 東塔 阿弥陀堂・法華総持院東塔へ

前回の続きです。階段を上がりきると、比較的新しい建物の阿弥陀堂・法華総持院東塔が見えました。 右が阿弥陀堂で、1937年(昭和12年)建立。左が法華総持院東塔で、1980年(昭和55年)建立。 先ずは、納経所で御朱印をいただきました。お参りの前に朱印帳を出しておくと、書いていただいく時間を省けるので効率よく廻れます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 延暦寺 根本中堂へ

延暦寺の駐車場から参拝者ケートを入り、参道を進みます。バスガイドさんから言われてましたが「ここは珍しく、参道を下って行きます。」と。その通り参道は下って行きますが、しかし・・・帰りは登ることになるので・・・。 大講堂・鐘楼前を通って、2013年8月以来の根本中堂と書かれた大きな石碑の前に出ました。 石段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『比叡山と大原三千院(食事付)』京都定期観光バスへ

梅雨に入り蒸し暑い日が続くなか、6月24日(水)の貴重な平日の休みに『比叡山と大原三千院(食事付)』の京都定期観光バスに乗ってきました。 いつもなら1時間も早くバスで、京都駅に来てましたが、最近は、通勤定期利用するのでJRで京都駅まで来ました。それでも出発の30分前ですけど。最初に定期観光バスの営業所でチケッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原頼道が創り出した浄土の世界 世界文化遺産 平等院へ

宇治上神社から宇治神社を通って、朝霧橋を渡ります。そして宇治川の橘島から橘橋を渡って宇治川を渡りました。もう世界文化遺産 平等院のすぐそばまで来てました。「やっぱり56年ぶりの大改修が完了した平等院を見てみよう」と・・・この時、思いました。新聞報道で色鮮やかになった鳳凰堂の写真を見てましたし「せっかく宇治まで来たのに・・・もったいない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界文化遺産 宇治上神社へ

宇治神社を出て、さわらびの道に出ると直ぐに世界文化遺産 宇治上神社の鳥居が見えてきます。 1994年(平成6年)世界文化遺産に登録されたことを示す、大きな石標が目立ちます。 このツアー客・・・多分8名ぐらいだったと思いますが、バスガイドさんの後について行きます。ただ前回来てるので、場所は知ってます。ガイドさんより少し前に出て…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女性鵜匠さんとのトーク&鵜の餌やりを見学

辰巳屋さんを出ると、喜撰橋を渡って、塔之島に渡ります。すると巨大な十三重石塔(重要文化財)を目にします。 ここは、このツアーに含まれてないので、バスガイドさんは寄ってくれません。私は走って十三重石塔を見に行きました。そして写真を撮ると、ダッシュで列に戻った次第です。 十三重石塔は高さ約15㍍、現存する日本最大の最古の石塔です…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

昼食は、創業1840年の辰巳屋の抹茶料理。

禅定寺から天ヶ瀬ダム経由で宇治市内に入ったバスは、平等院南側の宇治観光駐車場に12時25分に着きました。そこから平等院の南門入口を確認して、宇治市観光センターの中を横切り宇治川沿の「あじろぎの道」出ました。その道沿いにあるのが、今日の昼食会場である辰巳屋です。 辰巳屋さんは初めて来ました。平等院は平成修理工事が平成26年に竣工した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

白洲正子著「かくれ里」にも登場した禅定寺へ

京都駅から1時間もかけてやって来たのは、宇治田原町の山里に佇む禅定寺(ぜんじょうじ)です。 バスを降りると交通量の多い府道を渡ります。バスの運転手さんやバスガイドが左右を見て合図してくれたので、安心して渡れました。11時20分に着いて、出発予定時間は12時00分です。 こんな山里の府道と思われるでしょうけど、トラックの交通量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『~特別な京都観光~宇治茶の香り「抹茶料理」とかくれ里へ』京都定期観光バスへ

少し贅沢なバスの旅を満喫できる京都定期観光バスのプレミアムシリーズで今年から始まった、『~特別な京都観光~宇治茶の香り「抹茶料理」とかくれ里へ』に5月22日(金)行きました。 バスは京都駅烏丸口から10時20分に出発予定ですが、いつものように1時間前には京都駅に着いてしまいました。 ここからバスが出発し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織部流武家点前 泉涌寺塔頭 雲龍院へ

白川通りを北上したバスは銀閣寺の交差点で左折し今出川通りを西に進みます。そのまま西に暫く進んだところ河原町通りまで行きます。そして今度は河原町通りを南下しましたが、途中、三条通りと四条通りの間にデモがあったため、渋滞しました。四条通りを南下したら渋滞もなく九条通りまで南下します。バスは左折し九条通りを少し東に入ると右手に東福寺を見ながら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の名所 真正極楽寺(真如堂)へ

13時25分に吉田山荘を出ると真正極楽寺(真如堂)には13時30分頃着きました。紅葉の名所である真如堂も、この時期は境内ガラガラです。 2013年(平成25年)3月9日(土)京都市文化観光資源保護財団主催の『真正極楽寺(真如堂)』助成文化材特別鑑賞へ行き真如堂を隅から隅までガイド付きで見て回りました(前編後編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元東伏見宮家別邸 吉田山荘 カフェ「真古館」へ

食事が終わって庭園を見終わったら、バスガイドさんから言われてたカフェ「真古館」 に向かいました。 私は、普段珈琲は飲みません。仕事でよほど眠たい時にだけ缶コーヒーを買います。それも稀ですけど。女房は臭いもダメで、まったく口にしません。夫婦で飲みませんがツアー料金に入っているので仕方なく行きました・・・しかし建物や2階から見る風景に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元東伏見宮家別邸 吉田山荘で「華開席」を

下鴨神社の駐車場を11時40分頃タクシーは出発し、吉田山荘には12時00分に着きました。距離的に20分もかからないと思いますが(普通なら10分で行ける距離です)、吉田山荘の駐車場が満車だったらしく下の道路で長い長い長い時間待たされました。 吉田山荘の表唐門です。車はここをくぐり少しだけ坂を登ります。 食事のとき若女将{%はて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『~特別な京都観光~織部流武家点前と元東伏見宮家別邸、吉田山荘「華開席」』京都定期観光バスツアーへ

毎年我が家の恒例行事である夏休みの旅行ですが、今年は諸般の事情で京都定期観光バス~特別な京都観光~織部流武家点前と元東伏見宮家別邸、吉田山荘「華開席」に9月15日(月・祝)に行きました。 一泊旅行ができないので、日帰りで少し贅沢なツアーを探してて、昨年から行きたかったこのツアーにしました。タイトルの~特別な京都観光~でもあるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅 美山ふれあい広場(ふらっと美山)へ

からぶきの里 美山の駐車場を出たバスは10分足らずで、道の駅 美山ふれあい広場(ふらっと美山)に着きました。 ここは美山ふれあい広場内に店舗『ふらっと美山』や美山牛乳の直営店『美山のめぐみ・牛乳工房』が併設されています。 休憩時間は20分。それで先に美山牛乳に行くことにしました。 ここでは何か買って帰るつもりでいたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かやぶきの里 美山 美山民俗資料館へ

ボランティアガイドさんが最後に紹介していただいのが美山民俗資料館です。私は事前に場所を調べてたので、いち早く着いて外観の写真を撮りました。 ここから降りて中にはいります。もちろん個人の観光客がおり、館内の人にいろいろ質問されてたのを聞いてました。 ほんの少しだけ待つと後続が来られて、地元のボランティアガイドさんが挨拶をされ帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かやぶきの里 美山へ

沈川楼を出たバスは、5分でかやぶきの里 美山に着きました。 バスを降りると遠くにかやぶきの里が見えてます。この風景を見に来たので楽しみです。 バスガイドさんについて歩いていくとお食事処きたむらの前でストップがかかりました。 事前に聞いていた、地元のボランティアガイドさんが出てこられて、とりあえずその人に付いていきます。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昼食は、天然鮎の塩焼き 沈川楼へ

道の駅 京都新光悦村を出発したバスは、府道19号を通って園部町から日吉町に入り、美山町に入りました。ここでかやぶきの里を通りますが、バスは通過します。 そして昼食会場の沈川楼(ちんせんろう)には11時50分に着きました。 道中、バスガイドさんが沈川楼に電話されました。着いた頃に鮎を食べ頃にされるんでしょう。 料理旅館の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『かやぶきの里 美山』京都定期観光バスツアーへ

昨年から始まった京都定期観光バス『からぶきの里 美山』のバスツアーに9月12日(金)に行ってきました。 10時に14名のツアー客を乗せ京都駅烏丸口をバスは出発し、国道9号線を暫く西に進みます。そして沓掛ICから京都縦貫道に入り園部ICで降り、目と鼻の先にある道の駅 京都新光悦村に10時55分に着きました。 京都府の中部に位置…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秘仏本尊十一面観世音菩薩が公開された百濟寺へ

西明寺を出たバス、百濟寺(ひゃくさいじ)の駐車場に14時5分に着きました。私は、このツアーに参加した今日まで、百濟寺のことを「くだらでら」と読んでました。恥ずかしながら正解は「ひゃくさいじ」です。 湖東三山の中でも最古の寺が百濟寺です。今から約千四百年前の飛鳥時代、聖徳太子の発願によって建立されたのが始まりだと言われています。かつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘仏本尊薬師瑠璃光如来像が公開された西明寺へ

食事会場『一休庵』の次に訪れた所は、秘仏本尊薬師瑠璃光如来像が公開された西明寺です。驚いたことに西明寺の入口は、一休庵の隣でした。(滋賀県甲良町) 一休庵を出たら直ぐ隣に「西明寺」と書かれた大きな石碑を目にします。そして正面の石段を上がる横には、「下馬」の石碑があって、かつて参拝者は、ここで馬を下りたんでしょう。そして惣門(山門)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昼食は西明寺門前『一休庵』で

金剛輪寺の駐車場を出たバスは、西明寺の駐車場に11時56分に着きました。ここで今日の昼食をいただく場所は、そば道場 一休庵 別館です。 着くとお店の方に2階へ上がるように案内されます。 そしたら、バスガイドさんが人数に合わせて席を言われます。席に着くと火が付けられ食事をいだきました。 和牛鍋と自家製豆腐御膳です。しばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more